SOUL FOOD, SOUL LIFE

【ほぼ毎日“R&B/SOUL”のCD全曲レビュー】Aretha Franklin の来日祈願と、YO-SUKE の日常備忘録も

Aretha Franklin / The Only Thing Missin' (Remixes) (2003)

R-4901813-1378919815-1715_jpegアレサ2003年So Damn Happy からの1stシングルは、R&B53位・Dance7位を記録。しかしながら、アルバムプロモーションらしきものは一切に近いくらいなく、おそらくメイン曲もTVでさえ歌ってないんじゃないかなアナログはリリースされ、基本プロモCDSはメイン曲+インスロのみ収録。アナログはリミックスが計6曲、自分はこのCDSを捜していますが未だ未入手、とは言え今回はアナログと同内容のためレビューしておきます。国内盤アルバムには1-2曲目の、ちょっと編集違いのミックスが収録されてるレアさ、基本日本の誰も気になってないかもしれませんが(笑)、マニアックなんで仕方ないです。

1. The Only Thing Missing (Furilla Full Vocal Mix)
推すならコッチになっちゃうなぁ、フルって感じでもない5分弱、エディット聴いたこと無いし。ただ、ベースラインだったり、オリジナルを展開まで変えてかなり面白く料理したなぁと感心!


2. The Only Thing Missing (Blaze Vocal Mix)
安定感あるんだけど、ちょっと速度アップに伴うピッチのズレというか、聴きにくさみたいなのがある。当時にしては珍しく。コーラスでアレサの声が目立ちにくかったり


3. The Only Thing Missing (Furilla Late Night Dub)
1曲目とは異なり、ハードハウス仕上げのダブという感じかな。サビではヴォーカルを使って、結構荒っぽい攻撃的なリミックス
4. The Only Thing Missing (Giorgio Moroder Mix)
ディスコの重鎮ジョルジオ・モルダーが潜に登場とおもったら、ウキウキな仕上がり、なんか格好良くないんですよね、ちょっと雑多な編集もあったり、個人的に受け付けにくいだけなのかなぁ
5. The Only Thing Missing (Blaze DJ Mix)
2曲目、尺が伸びて若干スムースになってるかな。肝心のヴォーカルはやはり急ぎ気味なせいか、聴きにくくなっているのは変らず
6. The Only Thing Missing (Blaze Intradub)
1曲目を2分半近く伸ばして、コーラスがメイン、あとはホーンが自由に演奏、アレサのスキャットは若干塗されるけど

6曲・40分弱。決して好ミックスってわけじゃないけど、オフィシャルに6曲用意してきた辺り、2000年代では、2014年に"Rolling In The Deep / Ain't No Mountain High Enough (Aretha Version)" リミックス集が出るまでは、レアな位置付けというか、もうこういったアクション無いんだよなぁという感じだったので、プロモーション的には寂しい感じでした。にしても、まだCDSが入手できてない。全曲音源として持ってるだけでは物足りないマニアックです。



Ruby Turner / Paradise (1989)

811nOsWtUlL__SL1500_ルビー・ターナー、UKでヒットした前作から1年、今度はアメリカで初チャートインとなるR&B39位・POP194位を記録。前作では相当なメンツが参加しててモータウンをキーに最高に掴まれましたが、本作はR&B1位ヒットを生むなど、彼女のキャリアにとっても最高なものに!ミックスも色々用意され、プロモーション仕掛けてきてます。7・8曲目はWomack & Womack 担当、他はLoris Holland, Jolyon Skinner 担当。

1. Paradise (ft. Ecstasy of Whodini)
タイトル曲且つ2ndシングル、R&B22位を記録。当時にしては、だいぶ落ち着いた感触で展開されるR&Bで、なんか気になるサウンドだなぁと。声も粗削りなんだけど、Cherrelle みたいな癖みたいなのもあって、それが魅力。ラップははっちゃけ
2. It's Gonna Be Alright
1stシングル、R&B1位・Dance5位を記録。スムース、洗練された音に、シンプルな全体。絶えず同じ調子なんだけど、絶妙な域で抑える歌唱が良いのかな。ハスキー全開


3. It's A Cryin' Shame
3rdシングル、R&B29位を記録。出だし悲しいバラード風だけど、ダンサブルに攻めてるのはポイント。音に上手く宇融合できてるなぁと感心


4. Leaves In The Wind
だいぶしっとり、湿度多め。レゲエだけど、そんなドライじゃ無く、心地よい感じでゆらゆら進行
5. There's No Better Love
80年代中盤よくあったような、モーション仕掛けるようなポップロック。色々ジャンル試すなぁ。でも、決して古臭さでは無くて、彼女のエネルギーを試してるような印象
6. Everytime I Breathe
だいぶ水平線煌くように落ち着いた出来栄え、個人的には言い過ぎだけどAnita Baker みたいな包容感も。音もコーラスも柔らか、浸透力気持ちよく
7. Sexy
ここから2曲はタイプが異なる、滑らかなしっとり系。Diana Ross のように呟くような歌唱、こういった緩急は素晴らしく、とことん突き詰め
8. See Me
ネオソウルに通ずる、芯のあるヴォーカル。ここではNatalie Cole にも似てるなぁと、ほんと質感に恵まれたシンガーだなぁと、探るような音・声
9. Surrender
後半、かなり大人のアダコンアルバムと化してきた。この微睡みは素晴らしい、もっとヒットしてよかったんじゃないかなと思えるほど
10. It's You My Heart Beats For
最後までしっとり聴かせる素晴らしいシンガー、特に後半の酔わせ方はテクニシャン、声の温かみも虜

<Int'l Bonus>
12. It's Gonna Be Alright (Brixton Bass Mix)
この曲だけボートラ収録の盤も多いようで、ただ、遊んでるうなぁという感じだけど、最高というよりは、ちょっとお腑抜けにも感じる実験曲


<Japan Bonus>
11. It's Gonna Be Alright (Extended Version)
オリジナルより1分20秒伸ばしたエクステンド
13. It's Gonna Be Alright (Upso Mix Part 3)
12曲目と感じは似てるかな、尺まで似てて、なんかしっぽり、間違い探し状態。若干、垢抜け
14. Paradise (Extended Version)
オリジナルよりも2分半伸ばして、結構なボリュームに


本編10曲・45分超、世界的には1曲追加で51分半、国内盤は当時にしては珍しくさらに3曲・19分追加で70分半のボリューム。個人的には前半のヒット曲が詰まって勢いある前半も好きだし、後半作曲者を一部変えつつも、曲げないアダコン路線にはまってしまいました。とにかく彼女という素材が秀逸で、チェックすべき80年代のシンガーと強く感じました。

Paradise
Ruby Turner
Jive
1989-12-19

Ruby Turner
Import
2000-01-01

ルビー・ターナー
エイベックス・トラックス
1997-07-24

V.A. / Blues Brothers 2000 (OST) (1998)

811nOsWtUlL__SL1500_大ヒット、ソウル映画の真骨頂ブルース・ブラザーズから18年、一部メンバーが減ったりしちゃったけど、パワーアップするような感じで帰ってきました。往年のソウルシンガーもこぞって参加、前回よりもメンツ的には濃い感じで参加しています。個人的にはAretha Franklin "Respect" が初リメイクされたところに魅力も、それ以外にもたっぷり汁が詰まってます!

1. Born In Chicago The Paul Butterfield Blues Band
どちらかというと、白人ロック、Elvis Presley なんかにも近い唄かな。あとはカントリーロックという感じで、オールディーズタイプ
2. The Blues Don't Bother Me Matt "Guitar" Murphy
マット・マーフィ、ソロにて、うねうねディープなソウル。ドスが効いてて、大御所インパクト
3. Harmonica Musings John Popper
30秒のハーモニカ・ブルース
4. Cheaper To Keep Her Dan Aykroyd, Lonnie Brooks, Junior Wells & The Blues Brothers Band
遊び心な、映画のシーンでのウキウキシーンまんまに、豪華な顔触れで安定感もって進行するのは嬉しい限り


5. Perry Mason Theme The Blues Brothers Band
完全たる2分半インスト、正に犯人を追うようで、メロウで、加藤茶「ちょっとだけよ」にも近いような、探り探り節
6. Looking For A Fox John Goodman, Dan Aykroyd & The Blues Brothers Band
粋が合って、豪快に、なんかソウルというよりも、結構ロックアプローチが強めなことに今更気づく…
7. Can't Turn You Lose The Blues Brothers Band
彼らと言えば、改めて嬉しいカヴァー。演奏も惹きこまれるし、これは凄く嬉しい真っすぐ。次がアレサってのもたまらない流れなんだが
8. R-E-S-P-E-C-T Aretha Franklin & The Blues Brothers Band
町食堂の女将から、カーディーラー社長役となったアレサ。31年前の大ヒットをカヴァー、当時R&Bヒットで再ブレイクしてたけど、お茶ら気も健在。声質もスピード感も異なるけど、迫力は変らず、ハイライトの一つ


9. 634-5789 Eddie Floyd, Wilson Pickett, Jonny Lang & The Blues Brothers Band
エディ・フロイドにウィルソン・ピケット参加、もう豪華過ぎて鼻血です。安泰なんだけど、未だとびぬけたパワーには、感謝です


10. Maybe I'm Wrong Blues Traveler
一聴、結構Ronald Isley っぽい、口先の個性粒なヴォーカルを想起。結構聴かせる感じで、どんどん彼の上手さに驚異
11. Riders In The Sky (A Cowboy Legend) Dan Aykroyd, John Goodman & The Blues Brothers Band
やっぱり、ソウルやゴスペルじゃなく、カントリーも多いんで、改めて趣向は違うんだよね、ま、ポップフィールドに広げてるのは止む無しかな
12. John The Revelator Taj Mahal, Sam Moore, Joe Morton, Sharon Riley & The Faith Chorale
タジ・マハール、サム・ムーアなど、嬉しいメンツの数々によるゴスペル演じ。結構レアな共演だと思うし、ヴォーカルは健在、たまらん


13. Let There Be Drums The Carl LaFong Trio
1分超、ドラムを前面に押しだしたインタールード
14. Season Of The Witch Dr. John & The Blues Brothers Band
ドクター・ジョン参加のセクシーにアンニュイなスロウ。なんか、かなり時間を贅沢に奏でてるなぁと
15. Funk Nassau Joe Morton, Dan Aykroyd, John Goodman, Paul Shaffer, Erykah Badu & The Blues Brothers Band
エリカ・バドゥ参加ってのはツボ、踊らされるブルース・ブラザーズを、弄ぶように高らかに歌い上げてクール


16. How Blue Can You Get The Louisiana Gator Boys
ライヴシーンにて、ブルージーに、ねっとり熱く汗迸るようなスロウ、痺れるような歌唱の交互も旨み
17. Turn On Your Love Light Joe Morton, Dan Aykroyd, John Goodman, J. Evan Bonifant & The Blues Brothers Band
ハイライト的に、楽しく躍動的に進行。ポップさも十分に、行き急ぐ感じが強いかな。盛り上がりを相互に起こすような印象
18. New Orleans The Louisiana Gator Boys & The Blues Brothers Band
次いでラストは、もっと観客と鼓舞するような流れ。ニューオーリンズジャズ、ブルースを心から楽しむような全員巻き込み型

18曲・60分半、個人的には豪華さだったり、往年のスターの参加は嬉しいものの、総勢の魅力で貫き通してて、結果オリジナルの方が好きだなぁと再認識。なんだろ、さっぱりしてないんですよね、James Brown, Ray Charles もいないし。アレサなんかは贅沢な出演だけど、ウィルソン、サム、エディもなんか細切れな参加で埋もれ気味。やはりオリジナルを何度も観たくなるのは、ジャンルもソウルとは離れてしまったからかも。

<過去レビュー>
1978年 Made In America
1980年 Blues Brothers (OST)


ブルース・ブラザーズ2000 ― オリジナル・サウンドトラック
サントラ
ユニバーサル インターナショナル
2002-05-02

ブルース・ブラザーズ2000 オリジナル・サウンドトラック
サントラ
ユニバーサル ミュージック
2013-12-04

ブルース・ブラザース 2000 ― コレクターズ・エディション [DVD]
ダン・エイクロイド
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2002-08-01

ブルース・ブラザース 2000 コレクターズ・エディション [DVD]
ダン・エイクロイド
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
2001-04-04

ブルース・ブラザース2000 [DVD]
ダン・エイクロイド
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2006-04-01

Visitor

    Search in this blog
    Categories
    Archives
    Website for Aretha's Fans
    アレサ・フランクリン・ファンサイト
    Profile
    Every Day MOBILE!!
    QRコード無料作成

    Blog Ranking
    にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 音楽ブログへ
    是非、クリックにご協力ください!  
    Comment