SOUL FOOD, SOUL LIFE

【ほぼ毎日“R&B/SOUL”のCD全曲レビュー】Aretha Franklin の来日祈願と、YO-SUKE の日常備忘録も

R.I.P Otis Rush / Right Place, Wrong Time (1976)

515woKvPyUL__SX425_2018年9月29日、ブルースシンガー・ミュージシャンのオーティス・ラッシュが逝去されました、84歳でした。個人的にはオーティスとなるとレディングだったりするのですが、彼のことは知ってて、ブルースで偉大だなぁと、でも古い作品ばっかたったからご存命かどうかもチェックしてなかったけど、近年まで結構コンピなどは出てたようで。彼自身は実に1956年から地道にシングル盤をリリースしてきていたようで、キャリアは実に62年。1969年には初アルバムもリリース、今回取り上げるのは自分が唯一購入していた1976年のアルバム。きっと有名なんだろうねリイシューも多くされてたようだから。知識は全く無いながらの、にわかですが、追悼の意を込めて拝聴いたします。

1. Tore Up
ハスキーに、余裕な浮いた感じの歌唱がクラプトンぽく。演奏自体はブルースであり、ジャズクラブの軽やかなシーンを想起


2. Right Place, Wrong Time
タイトル曲はめっこり地道なブルース、熱はあるんだけど、マイペースな緩さが心地よいかな。大音量で聴くとより映えそう


3. Easy Go
凄く稚拙な表現になるけど、ブルース・ブラザーズのウキウキフュージョンのシーンに近いかなと。ギター前面に、でも楽しそうに裏手に回る演奏人もナイスアシストで
4. Three Times A Fool
演奏部多めだけど、挟むヴォーカルはなかなか的確で、ギターとの疑似デュエットみたいな感じに掛け合うのが心地よいポイントかな
5. Rainy Night In Georgia
ギターを変えて、雨の夜のジョージアを表現。低域で零すような歌唱も哀愁、なんか切なさが降ってくるような。ホーンがネガティブを消してくれるような相乗
6. Natural Ball
B面、曲調は変わってブギーにサイケに、時代もどこにあるか、自分的には40-50年代のツイスト気分。ヴォーカルはロックを表現、だいぶブギブギと高揚
7. I Wonder Why
よくある出だし、もしや超有名?演奏で押し倒すけど、泣きのギターだったり、オルガンのソウル感だったり、全体で迫りゆくもの全てが情熱溢れてる


8. Your Turn To Cry
鉄板なんだろうな、絞りつつうねるよなヴォーカル、ギターもピアノも各自個性が出てるし、なんか統一感ないようで、最後はギターが締めてくれる爽快
9. Lonely Man
アルバム中最も短い3分弱、ノリ良く、そして荒ぶるヴォーカルは魅力。だいぶ調子変えずに豪快に、でもフェードアウトで強制終了なのが敢えて?
10. Take A Look Behind
ラストは6分に迫ろうかと最長の分数でバラードかましてきました。なんか歌部もあれ、結構演奏に任せていくような全体、高域を叩きのめす感じで、ソウルがパンパンにはみ出し

10曲・41分ほど、あんまり聴いてなかったジャンルではあるけどソウルとも密接に近いなぁと。あと、彼が燦然とブルースに徹している中で聴けるいろいろなジャンルもミックスされているようで、音楽史を感じたというか。結構熱あれさっぱりした作品。だから聴きたくなる作品なのかなぁと素直に。オーティス・ラッシュ氏、合掌!

Right Place, Wrong Time
Otis Rush
Hightone Records
1990-10-25

Otis Rush オーティスラッシュ
Pヴァイン
2009-03-17

ライト・プレイス・ロング・タイム
オーティス・ラッシュ
Pヴァイン・レコード
2009-03-18

Tribute to Aretha Franklin / Billboard Chart (September 29, 2018)

aretha-franklin-Atlantic-Records-studio-billboard-1548-1014x553まだまだ各ジャンルのチャートに、幅広くランクインしているアレサ。展覧会がオープンしたり、伝記映画の話が進んだり、あとは詳細未だ未定ながら11月14日のトリビュートライヴも迫っています。もしかしたら急遽、晩年録り遺した曲などをClive Davis が纏め作業などに入ってるのであれば新作が急ピッチに出る可能性もあります。まずは彼女の偉大なヒット曲の数々、まだまだ心に染み渡らせたいと思います。

Artist 100
No.64 (Last Week No.31)
Aretha Franklin

ALBUM
Billboard 200
No.183 (Last Week No.105)
The Very Best Of Aretha Franklin, The '60s

TOP Album Sales
No.48 (Last Week No.34)
Gospel Greats

No.58 (Last Week No.35)
The Very Best Of Aretha Franklin, The '60s

No.63 (Last Week No.57)
Platinum & Gold Collection

No.83 (Last Week No.52)
Respect And Other Hits

TOP R&B Albums
No.21 (Last Week No.10)
The Very Best Of Aretha Franklin, The '60s

TOP Gospel Albums
No.2 (Last Week No.1)
Gospel Greats

No.7 (Last Week No.3)
Amazing Grace The Coplete Recordings

TOP Classic Album
No.7 (Last Week No.3)
A Brand New Me : Aretha Franklin With The Royal Philharmonic Orchestra

Peabo Bryson / Stand For Love (2018)

41VA0iJ8tfL__SS500ピーボ・ブライソン、実に11年ぶりとなるオリジナルアルバムは、James Harris III, Terry Lewis とタッグを全面的に組んだ意欲作。嘗てのR&Bファンも相当に注目になっているはず!最近、Janet Jackson の復活だったり80年代組がこぞって活躍目覚ましいのが嬉しいところ。来月10月には絶好のタイミングでブルーノートにも来日、今回は完全ソロで。チャート的には奮ってないかもだけど、アダルトチャート的にはきっと奮闘しているはず、それくらいに当時のファンからしたら全開に鼻血。

1. All She Wants To Do Is Me
溌剌としたヴォーカルは67歳と決して思えない艶だったり、彼自慢の伸びも健在だし、まだまだ張れる唯一無二の超旨ヴォーカル、バックトラックも健やかに馴染めるし


2. Love Like Yours And Mine
先行シングル、雲行きあるしっとりしたバラードにも、声の迫力がどこまでも轟く。小細工じゃなく、メロディに酔いながら、音はゆったり気持ち良い流にて


3. Looking For Sade
アコースティックギターでブルージーに、低域にも圧の聴かせるヴォーカルは素敵で。どこか、匂わせ、感じさせ、アレンジの不可思議さが奥行きを持ち、新しい世界観
4. Stand For Love
タイトル曲は覇気ある感じだけど、どこかスリリングに、映画模様な身震いさだったり、響かせ方が杞憂で、ヒップホップさだったり、ちょっと重たさも入れ込んだり、噛みごたえたっぷり


5. Goosebumps (Never Lie)
正統派なバラード、なんかピーボじゃないみたい、個人的にはElton John のクロスオーヴァーなバラードにも聴こえるから不思議、淡くもどっしりとした構え
6. Exotic
Asian Philharmonic Orchestra が奏でる音に、丁寧に歌われるヴォーカル、積み上げていく情景、高域もサラリと信頼感、とにかく寄り添える安定
7. Here For You
なんか平和にみんなで歌いたくなるようで、コーラスの暖かさが気持ちよく。ピーボはだいぶ映画音楽のようにストーリー帯びる感じで、いやー、どこまでも果てしなくスーパーヴォーカル
8. Smile
6曲目に続きオーケストラを入れての美しさで、エンド。メロディもほっこりしててツボ押さえてて、聞き手を癒す力のあふれるサウンド、ピーボのヴォーカルはとどめ
9. Peabo's Classic Melodies Live From Los Angeles 2018
"Feel The Fire", "I'm So Into You", "Tonight I Celebrate My Love (with Chante Moore)" という豪華ヒットメドレー、今年のライヴより。これが来日で聴けると思うと感動なんだけど、アルバム本編と異なる自由度と躍動あれ、素敵な血の通い、ソウルフルさを味わえて悶絶。もちシャンテの参加は卒倒

本編8曲・35分、ボートラというかライヴテイク入れて40分半という短さですが、彼の現役感を凄まじく見せつけてくれた作品。個人的にアルバムでもこんなに未だ素敵なヴォーカルを保持してたことに感動。触れ込みでは音だったんだけど、ジャムルイとのバランスもあっての生み出しかもしれないけど、一環して気持ちよく、素晴らしいブラックコンテンポラリー作品、正統派すぎて感動で泣きそうでした。ぐっときます。

<過去レビュー>
1978年 Crosswinds
1979年 We're The Best of Friends with Natalie Cole
1983年 Born To Love with Roberta Flack
1984年 Straight From The Heart
1985年 Take No Prisoners
1989年 All My Love
1991年 Can You Stop The Rain
2012年 Live at Blue Note Tokyo with Deborah Cox

Stand For Love
Peabo Bryson
Caroline
2018-08-03

スタンド・フォー・ラヴ
ピーボ・ブライソン
Hostess Entertainment
2018-08-03

Stand For Love
Flyte Tyme Productions, Inc. / Caroline / Hostess
2018-08-03

Visitor

    Search in this blog
    Categories
    Archives
    Website for Aretha's Fans
    アレサ・フランクリン・ファンサイト
    Profile

    YO-SUKE

    Every Day MOBILE!!
    QRコード無料作成

    Twitter
    Blog Ranking
    にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 音楽ブログへ
    是非、クリックにご協力ください!  
    Comment