SOUL FOOD, SOUL LIFE

【ほぼ毎日“R&B/SOUL”のCD全曲レビュー】Aretha Franklin の来日祈願と、YO-SUKE の日常備忘録も

Johnny Gill @ Billboard Live Tokyo (2018)

bill_2念願のジョニー・ギルのライヴ!自分はあんまり男性R&Bシンガーのライヴ経験がないながら、ビルボード常連のJOE, Brian McKnighht あたりはまだ未参戦ながら、彼の音・歌は昔からほんと寄り添えて好き。Keith Sweat とかと来日した時は、なんか行くって感じじゃなかったんですが、今回は即決でした!

あと、前回のリロイ・ハトソンの時もでしたが、会員先行でチケット時間直ぐ購入しようとしたけど、自由席ネットで取れずメンバーズシートを。でも、これ何か仕掛けられてる気がする(笑)。その後も一旦は売ってたし。ただ自分が行った5月17日(木)2nd最終ステージ、仕事が忙しすぎてマジ超絶寝そうだったんですが、酒を飲み始めてだんだんボルテージ全開。リロイは同じテーブルの後方でしたが今回は前方なんで、凄く見やすい席。今後メンバーズシート通になってしまうかも!

さて、開場20:30よりも早く入れたけど、ライヴは案外短めと推察。21:30には満席、さすがジョニー!観客の雰囲気もセレブリティ!さて、バンドはドラム、キーボード、ギター、ベースの最小編成。ジョニーは、通常のお左手ドアから出てくると思いきや、階段から降りてきた、自分が観るビルボードでは初!赤いジャケットにて、超絶ハッピーに、今までのビルボードの中でも最もスタンドアップ、会場がヒートアップ!

bill_1ステージを行ったり来たり、歌はドスが効いてて、でもアドリブ的にうなりまくってて、個人的にはLuther Vandross 的な節もかなり感じたし。数曲で汗だく、会場の女性の手をとってニンマリ世界感で歌ったり、オーディエンスはほんと朗らかにレスポンス&コール。結構クラップやら掛け合いやら手を振りまくったり、暖かくて団結性があって、もうどんどん惹き込まれました。結構、あの曲やるのにこの曲やらないの?みたいなのはあれ、充実の選曲。途中会場に降りてきて、ハグしたり握手したり。自分も率先して手を取りに行きましたったら。案外背が高くないのが印象的だったけど。もう4Fのほうにも登って、もうファンサービスが凄い。ジャケットに汗がにじみ出るほど、これ、1stステージもこんなんだったんかな。ジョニー、会場の雰囲気をもって、超嬉しそうだったし、笑顔抜群だった。とにかくダンスも入れたり、彼のヒストリーが詰ったライヴ。こりゃ、また行きたくなるし、日頃の疲れが一気に吹っ飛んで自分でも驚いてます。

ビルボードライヴ、紹介ページ
ビルボードライヴ、ライヴレビュー

<過去レビュー>
1985年 Christmas All Over the World New Edition
1991年 Johnny The Remix
1993年 Provocative
1995年 Let's Get The Mood Night
1997年 Levert, Sweat, Gill LSG
2011年 Still Waiting
2014年 Game Changer

Leroy Hutson @ Billboard Live Tokyo (2018)

IMG_3840奇跡の来日、リロイ・ハトソン!なんとも御歳75歳にて初来日。個人的には1982年作をもって音楽のセカイから離れてしまったのか、それとも生きているかもわからなかった状態。でも、長らく音から離れては近年復活してたそうで、2014年以降のライヴの模様がYouTube で観れたんだけど、それはそれは悶絶!なんたって、元気なんですよ、声まで落ちてなく。

振り返ると、自分は大学生の時、今から20年近く前、Curtis Mayfield が亡くなる寸前くらいからカーティスにはまり、それからCDを集めるわ集めるわ。中でも国内限定でリリースされたノンストップCDが悶絶で、そこにはカーティスだけではなく、Curtom レーベル所属・The Impressions 後継のリロイの音源も繋がってて、それがまたスムースで気持ちかったんです。ただ、彼のアルバムは単体ではなかなかCD化されることなく、しっかりアルバムを聴けず、でも2010年代になってからようやく手頃に聴けるようになったなぁと。そしてですよ、ようやく彼が来日、もうワクワクすぎました。自分は5月5日の東京最終公演を選びましたが、3日のライヴが相当に好評すぎて期待は膨らむばかり。

Leroy Hutson (Vocals, Piano)
Gizelle Smith (Vocals)
Andre Espeut (Vocals)
Carl Hudson (Keyboards)
Paul Jobson (Keyboards)
Dave Ital (Guitar)
Derek Chai (Bass)
Jamie Anderson (Saxophone)
Nick Van Gelder (Drums, Percussion)
Kofi Kari Kari (Percussion)

IMG_3841見よ、このメンツ!UK産、コーラスは2名、中でもRuthless Day で日本デビュー(P-Vine)したばかりのジゼル・スミスまで、とにかく可愛くて、歌も堂々たる。そしてキーボードは2者。ギター、ベースに、サックス兼フルート(フルートがたまらないシカゴサウンド!)、ドラムも中央に、単独にパーカッションも荒ぶってた。

出だしからインスト長めにも、やっぱり轟く素敵なフォーエヴァーなサウンド、もうずっとニンマリ、久々にソウルでこんなにオーディエンスが盛り上がってるビルボード東京は久方。肝心のリロイは白い服に身を包み、足腰も安定、ほんとに75歳と疑うほど元気。個人的にはダウンタウンの松ちゃんに見えてました。声も素晴らしい、活きてる!ファルセットも、艶も、いやー、フリーソウル。バンドと共に幸せを届けてくれる。この日2ndステージとも思えない美しさ、エナジー。"All Because of You" "Lover’s Holiday"、いやー、感嘆。

IMG_3843ライヴは60分超、いろいろサービス精神も凄いし、彼を拝めてよかった。相変わらず呑んでしまったので、サイン会は並びませんでしたが、相当な方がCDやレコードを勝って並んでるのをみて、なんか愛されてるなぁと、一気に親近感も。今回カジュアルだったら7500円、安すぎる。自分は初めてメンバーズシートってとこでしたが、見やすかったです。ちょっとスタンドアップは結構悩む席だったけど、とにかく会場が幸せで溢れてました。初めてカートムサウンドに直に触れられたようで、まさかのCurtis Mayfield, Donny Hathawaay なんかをオーヴァーダブしているように観劇しました、感謝!

<過去レビュー>
1973年 Love Oh Love
1974年 The Man!
1975年 Huston
1978年 Closer to the Source
1982年 Paradise

ビルボードライブHPから、ライヴレポート
ビルボードライブHPから、予約サイト

Ruben Studdard / Ruben Sings Luther (2018)

51x5sNsV+kL__SS500ルーサーが逝去して、13年になろうとしている時、デビュー時からルーサー曲を取り上げてた彼がルーベン・シングス・ルーサーと銘打ったライヴツアーを発表。その連動としてリリースされた全ルーサー・ヴァンドロス曲で構成されたトリビュート作を。最近不調気味だった彼を押し上げる、ルーツにも近い内容かな個人的にはインディーシンガーのMarc Staggers とか、Darwin Hobbs あたりがルーサーには近いと思うけど、メジャーどころでは彼の思いみたいなのは強いのは間違いなく。

1. Always And Forever
どっしり素敵にストリングス、ホーン。正にAn Evenig with Ruben Staddard がスタートするに相応しい。彼なりの鳴りで、そして噛みしめるように歌う真摯さが素晴らしい
2. Never Too Much
早口リリック、ストリングス(ディープにも最高)、ベースラインも迫力あってカッコイイ!その一方で、ここで露呈するのは案外ルーベン声が細い。ファルセットコーラスはクールなんだけど、地声が弱め?インパクト欠けかも


3. So Amazing
ここまでは鉄板の選曲、ファルセットの通いなんて美しいし、彼はバラードにこそルーサーとの粘着性が高いかも。女性コーラスとのバランス、何よりオリジナルの尊重、心が引き締まる
4. Don't You Know That?
ちょっと意外性な曲が連続、2曲目とは異なるけど若干挑戦的に、楽しげなんだけど、どこか操られてる感じもする。やっぱルーサー曲はアドリブ音階含め難しかったんだろうなぁと実感
5. Bad Boy / Having a Party
これをカヴァーしてきたか、ルーサーの遊びココロ、ベースラインは流石ににたまらん、こういう曲で流れるように歌われると悶絶、でも演奏の凄みが強いかも
6. Love Won't Let Me Wait
ルーベンなりのアドリブもあるし、ゆったり、無機質に、でも温かさも。交錯がたまらない、ルーベンはファルセット多様だとかなり色味が増すなぁと。アルバムのハイライトとて7分超
7. Here And Now
ルーサー鉄板のバラード、高域あたりは一部オーヴァーラップしちゃいましたよ、ほんと素敵で、うっとり
8. Til My Baby Comes Home
ちょっと遊んできたなぁ、出だし、ライヴ映えしそうな音圧。80年代も最前線にゴリゴリ、クール。緩急になったけど、歌自体は淡々
9. A House Is Not a Home
まるでモノマネ合戦にも近い、ルーサーの代名詞的なアドリブスローバラード、随所ルーベンはルーサーになりきっての歌、面白すぎる、継承が嬉しすぎる

10. Power of Love
ラストは、ルーサー葬儀でも全員で歌ったポップの至極。そして愛と平和、この思いはルーベンからもしっかり汲める、素敵なラストになってると思います

10曲・48分、変化球あれ、名シンガーだったルーサーをこのタイミングで取り上げてくれたことが嬉しかったなぁ。2曲目のようなルーサーのカヴァーが難い曲なんかを聴くと改めてルーサーの凄みを知れちゃうんだけど、ルーベンのルーツ、改めて堪能。抑えておく曲が定番に寄っちゃうけど、これはツアー共々話題になりそう!

<過去レビュー>
2003年 Soulful
2004年 I Need An Angel
2009年 Love Is
2014年 Unconditional Love

Ruben Sings Luther
Ruben Studdard
CD Baby
2018-03-09

Visitor

    Search in this blog
    Categories
    Archives
    Website for Aretha's Fans
    アレサ・フランクリン・ファンサイト
    Profile

    YO-SUKE

    Every Day MOBILE!!
    QRコード無料作成

    Twitter
    Blog Ranking
    にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 音楽ブログへ
    是非、クリックにご協力ください!  
    Comment