SOUL FOOD, SOUL LIFE

【ほぼ毎日“R&B/SOUL”のCD全曲レビュー】Aretha Franklin の来日祈願と、YO-SUKE の日常備忘録も

Aretha Franklin / Collection 7" (1970s)

IMG_4828前回に続き、アレサの70年代の7インチレコード。この頃のレコードが一番収集率高かったりします。60年代はジャケなしとかも多かったし(特にコロンビア期においてはジャケ有りの方が超レアだし)、70年代ともなると各国色々なジャケでのリリースだったり、国内なんかもアレサの本国の人気とは裏腹に熱心にリリースが続いてたり。ジャケ有りレコードはなんか味があって好きかな。

多分40枚以上あるんですが、重複があったり、プロモ盤と正規盤があったり、でも写真にしてから気づくは文字が潰れてよくわかんないのもあったり(見返すの手間で・・・また機会があったら)。個人的には"Ladies Only" のジャケ有りは貴重かな(笑)。あとは、1971-73年のアルバム3枚はEPがあったり、このへんはコレクターっぽいですよね。あと70年代後半は特にエディットなんかも増えてるので、こういったシングルヴァージョンもしっかり正規アルバムなんかに収録してほしかったりします!!

Spanish Harlem
Let It Be
Day Dreaming (デイ・ドリーミング)
All The King's Horses (王様の馬)
Bridge Over The Trouble (明日に架ける橋)
Spanish Harlem (スパニッシュ・ハーレム)
You're All I Need To Get By (オール・アイ・ニード)
Live at Fillmore West (EP)
Amazing Grace (EP)
Wholy Holy (ホーリー・ホーリー)
Give Yourself To Jesus
Until You Come Back To Me (That's What I'm Gonna Do)
Spanish Harlem / Lean On Me
Without Love (恋多き女)
Mr.D.J. (5 For The D.J.) (ミスター D.J.)
Something He Can Feel (愛のはじまり)
Break It To Me Gently (やさしくうちあけて)
Hey Now Hey (EP)
Until You Come Back To Me (That's What I'm Gonna Do) (待ちこがれて)
Don't Go Breaking My Heart
You
Lool Into Your Heart
Touch Me Up
Angel (エンジェル)
Break It To Me Gently
Hooked On Your Love
More Than Just A Joy
Ladies Only
Half A Love

Aretha Franklin / Collection 7" (1960s)

IMG_4827アレサが亡くなって1ヶ月、ほんと色々集めてきたんですが、肝心要なのは高かったり希少だったりで集められてませんが、ほぼレコードプレーヤーにも乗せてないコレクター的になってますが、特にコロンビア期はそこまで熱心に集めてなく数枚。あとはアトランティック期は、国内盤とかプロモ盤含め、あとはリイシューもの含め五月雨式に色々と。ま、雑多ですが、アレサ愛を混めて、地味に取りあげていきます。

Baby I Love You
I Can't See Myself Leaving You
Pledgeing My Love / The Clock
Respect x2
Going Down Slow
Eleanor Rigby
The Weight
Chain of Fools
Share Your Love with Me
Think
Think / I Say A Little Prayer
I Say A Little Prayer
Lady Soul (Respect / A Natural Woman / Chain of Fools / I Say A Little Prayer)
Respect, Rock Steady
Since You've Been Gone
Do Right Woman, Do Riight Man
Cry Like A Baby
You Made Me Love You
AIn't No Way

The Impressions @ Billboard Live Tokyo (2018)

41691111_868035423393601_9130000598890971136_n遂に初来日、往年のソウルグループ、インプレッションズ!実に結成から60年の歴史を持ち、今尚オリジナルメンバー含む現役トリオにて。それでも、今回が引退ツアーらしく、最初で最後の来日公演となりました。

個人的にはアレサが亡くなって約1ヶ月、ほんとアレサの音楽ばっか聴いてたもんで、「そういえばインプレッションズのライヴ、もう時期だ」と思って、インプレッションズのアルバムを聴くと、Curtis Mayfield の優しい歌声が。カーティスと言えば、アレサとタッグを組んだアルバムSparkle 、個人的に大好きなアルバム。アレサからカーティスにバトンタッチして、なんか個人的レクイエムみたいな感じになってました。でも、アレサから、カーティスに繋がれた音楽。そして、今日ここでカーティスが在籍したグループを奇跡的に見れる喜び。そしてライヴ入場を待っていると、アレサが表紙のビルボード誌。なんとも自分を読んでいる感じが勝手にしましたね、当然のように即決購入。

41691111_868035423393601_9130000598890971136_n自分が行ったのは2018年9月11日、初日公演の2ndステージ。メンバーは以下

Sam Gooden (Vocals) 1958- ※写真だと太っちょな感じの方、既に84歳
Fred Cash (Vocals) 1960- ※左手優しそうなお父様、77歳
Jermaine Purifory (Vocals) ※アメアイなんかも出てたらしい、ググったら

Joe Herrera (Trumpet)
Reggie Pace (Trombone)
Matt Rippetoe (Saxophone)
Bill Dempsey (Keyboards)
Zach Cutler (Guitar)
Eliot Seppa (Bass)
Marty Bouchard (Drums)

41611728_868034013393742_3165093109889499136_nバンドは7名、初っ端からインプレッションズの当時の音の再現、低域フレッド・キャッシュと中域ポップにサム・グッデン、最強ファルセットの安定感で新入り若手ジャーメイン・ピュリフォリー。絶妙なソウルジャム!名曲オンパレードで、会場も口ずさんでしまうニンマリ。バラードも挟みながら、うきうきソウルを軽快に。"It's Alright" "I'm So Proud" "Gypsy Woman" "Mighty Mighty (Spade & Whitey)" "Choice Of Colors" と60年代をなるべく時系列で振り返るような流れ。一旦袖に下がって、バンドは何ともカーティストリビュートのファンク演奏、"Freddie’s Dead" "Give Me Your Love" "Superfly" まさか日本でカーティスの音を聴けるとは!再び2曲やって、袖に戻って、再度演奏では"Move On Up" 凄すぎる!!ラストは再度登場で"People Get Ready" にて70分のステージは終了。いやー、ほんと素晴らしいライヴでした。彼らが未だにソウルを歌い継いでくれてたこと嬉しい限りです!

ビルボードライブ東京HP
ビルボードライブ東京HP、ライヴレポート

<過去レビュー>
The Impressions
1963年 The Impressions
1968年 We're Winner

Curtis Mayfield
1971年 Roots
1971年 Curtis/Live!
1973年 Back To The World
1973年 Preacher Man The Impressions (without Curtis Mayfield)
1973年 Curtis In Chicago
1974年 Got To Find A Way
1974年 Sweet Exorcist
1975年 There's No Place Like America Today
1977年 Never Say You Can't Survive
1978年 Do It All Night
1979年 Heartbeat
1980年 The Right Combination (with Linda Clifford)
1985年 We Come in Peace with a Message of Love
1988年 Live at Ronnie Scott's (CD)
1988年 Live at Ronnie Scott's (DVD)
1990年 Take It To The Streets
1990年 Superfly 1990 (ft. Ice-T)
1994年 Live In New York City 1971
1996年 New World Order

Leroy Hutson
1973年 Love Oh Love
1974年 The Man!
1975年 Huston
1978年 Closer to the Source
1982年 Paradise
2018年 Live @ Billboard Live Tokyo
Visitor

    Search in this blog
    Categories
    Archives
    Website for Aretha's Fans
    アレサ・フランクリン・ファンサイト
    Profile

    YO-SUKE

    Every Day MOBILE!!
    QRコード無料作成

    Twitter
    Blog Ranking
    にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 音楽ブログへ
    是非、クリックにご協力ください!  
    Comment