SOUL FOOD, SOUL LIFE

【ほぼ毎日“R&B/SOUL”のCD全曲レビュー】Aretha Franklin の来日祈願と、YO-SUKE の日常備忘録も

Isaac Hayes / Shaft (OST) (1971)

51KvSJe2W5Lアイザック・ヘイズ、1968年のデビュー作こそヒットしなかったけど、その後2nd〜4thまで、R&B1位を連続で記録。そして8ヶ月振りとなる全編アイザック自身が担当する同名映画サウンドトラック、初のPOP1位と、R&B1位、全米チャート制覇。とにかく1970年代はブラックミュージックが占める多くのブラックシネマが流行。これは、そのコケラオトシにも近いような伝説。当時にして2枚組に及ぶLP作品。

1. Theme From Shaft (Vocal)
タイトル曲且つ1stシングル、R&B2位・POP1位を記録。正に当時の歌謡と、ブラックな魅力がストーリーのように展開される素晴らしきインスト。後半、タイトルと、あとは若干のリリック、あとは優しい女性コーラスあれ、薄めに。出だしから印象的なサビが多く登場


2. Bumpy's Lament
ポツリと、コロンと、可愛らしいようで、どこか寂しさ、喧騒の終焉みたいなのを感じさせてくれる
3. Walk From Regio's
ホーン回転、緊迫感あれ、勢いを増してくれてて、場面を動かすのに効果
4. Ellie's Love Theme
2ndシングルB面。しっとり、鉄筋が優しくメルヘン。初期バカラックのような、分かりやすいポップさも素敵


5. Shaft's Cab Ride
1分ちょっと、抜き足差し足、でもサウンド自体はアレサの"Respect" みたいなのをキュッと纏めたような
6. Cafe Regio's
1stシングルB面。前4曲があっけらかんとした感じで進む一方、この曲については6分の尺をもって、華々しくクールに展開。お洒落な街角、風景も浮かぶ


7. Early Sunday Morning
教会ってよりも、なんかほのぼのした日曜の早朝のイメージ。ゆったり1日を贅沢に使える、気持ちに余裕のある朝
8. Be Yourself
シマリのあるグルーヴィな進行、ホーンに主導を預け、あとは支える楽器もリッラックスして、気持ち良い全体
9. A Friend's Place
ディスク1枚目終了、音も際立たせずに、しっとりと流れる控えめなサウンド
10. Soulsville (Vocal)
3rdシングルB面、有名ソウルのカヴァー。タイトル曲1曲目でも若干歌ってたけど、ここでは朴訥と歌っているのが印象的、和やかな気持ちに
11. No Name Bar
名前の無いバー、というよりも、緊迫感だったり、ちょっとしたショーみたいなのを感じる。音の渦、ささやかにも平和に
12. Bumpy's Blues
しっぽり、打ち付けるドラムが響く。中盤からはホーンやギターも味有る参戦、正に今回はブルージーな響き
13. Shaft Strikes Again
更に、まどろみの世界、精錬と美しく、でも上品なゆらめき、決意みたいなものを感じる
14. Do Your Thing (Vocal)
2ndシングル、R&B3位・POP30位を記録。オリジナルは実に19分超、これをシングルでは16分も削ってエディットでシングル化を実現。アイザックらしい、けだるいヴォーカルを優先し、あとはもう超絶サウンドを量産し続ける、超絶テクも満彩に泥臭く。後半、ギターが声のように木霊したり、とにかく圧巻の融合


15. The End Theme
ラストは2分程の1曲目のリプライイズって感じかな、とどめのインパクトサウンドを再来させてエッジ万全

15曲・70分近くの大ボリューム。2009年のリマスター盤では" Theme From Shaft (2009 Mix)" 追加集録さてているそう。そう言えば、2000年にアナログ発売された(一部CDもフル?)"Shaft Theme (Razor N Guido Shaft 2000 Mix)" 好きでした。ソウルがアッパーに時代に再降臨してるように感じたもんで。さて、改めて本作力作。素晴らしいサウンドの詰まり。心地よくて、それでいて変革で、とにかく気持ちが高ぶる。でも多いのは意外にも優しさ、しっかり聴いての気づき。


<過去レビュー>
1968年 Presenting Isaac Hayes
1975年 Chocolate Chip
1976年 Juicy Fruit (Disco Ferak)
1977年 A Man And A Woman with Dionne Warwick
1979年 Royal Rappin' with Millie Jackson
2003年 At Wattstax

SHAFT / DELUXE EDITION
ISAAC HAYES
CONCO
2009-11-17


Shaft
Isaac Hayes
Festival Records
2003-01-28

Shaft
Isaac Hayes
Stax
2004-01-20

シャフト
アイザック・ヘイズ
ユニバーサル ミュージック
2017-06-21

Kool & The Gang / Wild and Peaceful (1973)

81LASuzCU7L__SL1050_クール&ザ・ギャング、1969年のデビューから4年、着実にヒット街道を上昇し、本作は10ヶ月振りとなる4作目で、実に初のPOP40入り、R&B10入りとなる、R&B6位・POP36位を記録し、初のゴールドを達成(ちなみに前作はR&B34位・POP142位)。これまで80年代以降の作品と、ベストなどでお茶を濁してましたが、いよいよ70年代をしっかり聴ける喜び。ジャケはファンク臭、若干ウネウネした感じもいいですね。

1. Funky Stuff
1stシングル、R&B5位・POP29位を記録。テケテケ緩くも、バンドの躍起が充満。ウキウキ感が半端なく、タメのリフなんかも気持ち良い重奏、ファンクでありDJナイスでもあり


2. More Funky Stuff
1stシングルB面。更に同じ感じで展開、シングル同様な進行ではあるけど、インパクトは残せてるなぁと。より自由に放たれるモッサリグルーヴ、あっけらかん
3. Jungle Boogie
2ndシングル、R&B2位・POP4位を記録。ちょいシマリある感じで、音の渦に、溢れるヴォーカル群、低域の入れ方なんかも、それまでのグループと一線を画す泥臭さ、なのに新時代の洗練さも


4. Heaven At Once
しっとり聴かせる小波グルーヴという感じかな、ヴォーカルも入るけど意表の甘茶感。こういうとろける最中のギャング、味あります
5. Hollywood Swinging
3rdシングル、初のR&B1位・POP6位を記録。出だしからタマラン抜け感、テクニカルなサウンド、クリティカルなヴォーカル技、綺麗に纏まり流れが素敵だなぁと


6. This Is You, This Is Me
B面スタート、だいぶ音の感じが変わりつつも、あっけらかんと繰り広げられるファンク!ヴォーカルは粛々も、演奏は深みもある味にてたっぷり、コーラスなんかもファルっセットにて興味深く、ホーンは自由にジャジー
7. Life Is What You Make It
クールっぽさってよりも、じりじりと不穏に、ヴォーカルの探り、初期ならではの作風かも。サイケにスロウに、個人的にはロック寄りアプローチかのよう
8. Wild and Peaceful
タイトル曲、正に野生で平和。滑らかに広がる9分半はムーディで、優しく、フュージョンとして成り立ち。ここまで演奏で痺れるさせるブレイク作もなかなか、スケールと今後のポテンシャルに溢れた眠りにはまだまだ早いクロージング、素敵過ぎた!

8曲・38分程、彼らのパワーが一気に濃縮した作品。どこまでも緩やかに、それでいて上質に弾けていて。あとは今までに無いグルーヴを追求しようと、計算された展開が見事。ヴォーカルも一辺倒ではなく、けっして荒業すぎず、1973年ならではの猛進にてブレイク。ディスコ期に突入すると、一緒くたに表されることも多い彼らだけど、この頃の自由さは産業に縛られてる感じもしなくて、自然に楽しい!

<過去レビュー>
1984年 Emergency
1986年 Forever
1989年 Sweat
2004年 The Hits : Reloaded

Wild & Peaceful
Kool & The Gang
Island / Mercury
1996-03-19

ワイルド・アンド・ピースフル
クール&ザ・ギャング
ユニバーサル ミュージック
2014-09-24

クール&ザ・ギャング
CLINCK RECORDS
2013-07-26

Hifi Sean ft. Crystal Waters / Testify (Remixes) (2017)

51TF44-L0iL__AA256_R-10599488-1500700467-5127_jpeg61AUcRK7pJL__AA256_R-9813034-1486729589-7424_jpeg昨日に続き、クリスタル・ウォーターズを。3曲連続となるDance1位となった曲で、リミックス集多数。個人的にはジャケのソウルフルさも萌え。色々な色ヴァージョンでリリース。今回は今までよりもプッシュされてプロモされている気がします。今回は4種ジャケにてレビューしますが、他にも曲多数ながらも重複は除外。

<Blue>
1. Testify (Radio Edit)
ゆったりした平和な四つ打ち、今の彼女の映像も見れながら、なんかホノボノハッピー、緩いダンス調


<Red>
1. Testify (Sandy Rivera Main Mix)
4. Testify (Sandy Rivera Dub)
オリジナルに毛が生えたような、通快に6分程、ダブはヴォーカル少ない同様のヴァージョンより


2. Testify (Rhythm Masters Vocal Mix)
若干変えてきたトライバルな雰囲気にて、シャカシャカ、ポカポカ、陳腐さもあるけど、面白い不思議な融合も意識
3. Testify (Opolopo Remix)
フワワンとした空間に洗練された広がる音、ワクワクも高まる。全体の音も滑らかに気持ちよく
5. Testify (Superchumbo Dub)
2曲目以上にチャカポカしてて、スーパーチャンボの良さを充満、特にダブのみなんでクリスタルの魅力云々じゃなくなってる


6. Testify (Luke Solomon's Body Edit)
エディット言えど5分半、クリスタルよりも外野や男性MC的な声が豪快でパワフルミックスに

<Orange>
1. Testify (Steve Mac Mix)
重厚感ある圧がクール、サビ以外は音で全体をふっとばす感じで、なんかクリスタル不在
2. Testify (Superchumbo Dub)
3. Testify (Original Extended)
出だし含め、エクステンドはプロモプッシュに良い感じのこだわり。大抵はハウスだけど、ここは、緩さ延長で楽しさ延長
4. Testify (Terry Farley 'Boys Own' Mix)
際立つ出だしから、似通ったミックスとは異なる耳障り。更に、大げさにクリスタルのヴォーカルをサンプリングするもんだからインパクト大!!


5. Testify (Shalvoy Mix)
これ、聴けなかったので割愛・・・
6. Testify (Superchumbo Dub)

<Yellow>
1. Testify (Original Extended)
2. Testify (Le Mongrel Mix)
これも見つからず…
3. Testify (Steve Mac Mix)

今回取り上げた以外にもクリスタルが載ってない文字ジャケなどで、多数ヴァージョンがあることも確認。ただ、やっぱこのジャケが良いね。あとは、クリスタルの単調さを崩すように、色々とミキサーが仕掛けてきてるなぁと。程よくパワフル、そしてクリスタルのヴォーカルの使用感も良い相性が、一番な気がしてます。




Visitor

    Search in this blog
    Categories
    Archives
    Website for Aretha's Fans
    アレサ・フランクリン・ファンサイト
    Profile

    YO-SUKE

    Every Day MOBILE!!
    QRコード無料作成

    Twitter
    Blog Ranking
    にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 音楽ブログへ
    是非、クリックにご協力ください!  
    Comment