51-BJe2VE9L__SS500ブルーノ・マーズ、来日公演チケットは取れず…。とは言え、やっぱり彼の音楽性の素晴らしさを感じたのは、最新作で言えば、本曲!彼は最新作では80年代注力が強かったものの、バラードでは今の時代なかなか現れないようなキュンとくる歌詞とメロディと熱量のあるヴォーカルで魅了。そんな本曲がリミックスでも出てて、興味深く!

1. Versace On The Floor
3rdシングルとしてカットされ、R&B15位・POP33位・Dance18位を記録。このチャートインを見て、あれ?って思ったわけですよ、リミックスが出てるん?と。もちろん、バラードはアルバム収録時から聴いてて惚れ惚れしてたんだけど、最近はライヴ披露のヴァージョンも、もう貫禄の素晴らしさ


2. Versace On The Floor (Bruno Mars vs. David Guetta)
これを聴いたとき、Michael Jackson "I Just Can't Stop Lovin' You" を想起したんですよね。バラードのスローでの訴求とは異なり、少し手を入れることで、キラキラしたR&Bに変化した感じで


3. Versace On The Floor (Barry Harris Remix)
個人的に、これは押したい!ブルーノのリミックスって、ま、オリジナルのポップさを活かしたアンオフィシャル・ダンスミックスはそれなりにあると思うんだけど、ここまでのバラードをアレンジしまくった疾走感あるバウンスは衝撃!この曲自体のポテンシャルを相当に感じました。でも、なかなか、試聴サイトなどに無いので、興味ある方はググってみてください

CDシングルとかでは無いので、今回は1曲のオリジナルと、2曲のリミックスの紹介を行ったまでに。最近のヘビロテ度合いが激しいです。アルバムタイトル曲でもある1stシングルのリミックスはオフィシャルにも出てたからプッシュされてたけど個人的にはイマイチ、2ndシングル"That's What I Like" はPVも大好きだし、リミックスも最高でした!!


<過去レビュー>
2010年 Doo Wops & Hooligans
2011年 Earth To Mars
2012年 Unorthodox Jukebox (Target ver.)
2013年 Locked Out of Heaven (Remixes)
2014年 Uptown Special Marc Ronson
2016年 24K Magic