51QYMCoIxJL__SX425_ポインター・シスターズ、1年振り9作目はR&B24位・POP59位を記録。個人的にはライヴハイライトでの盛り上がり絶頂を経験してから、このタイトル曲が入った本作はかなりのブレイクだと思ったら、案外並のヒットだったのですね。個人的にはまだ聴けてなかったのですが、2012年の30周年記念盤がアマゾンアンリミテッドに入ってたのでようやく拝聴!ジャケの感じもしなやかでクールで好き。

1. I'm So Excited
出だしの80年代猛進具合が最高ドツボなんですが、バシバシと疾走テンポに端的に展開するメロディ、収まりのよいヴォーカル、正にエキサイト!何かあると聴きたくなっちゃう曲で、今まではライヴ音源ばっか聴いてたけど、今後はオリジナル音源も引っ張りまくりそう。唯一 本作にてAnita Pointer, June Pointer, Ruth Pointer での書き下ろし


2. See How The Love Goes
テンポは落ちるけど、柔らかにも、どこか気になるような音を振りまいてて、しっとり歌われるのに、キュンよりも温かみ、力が潜んでるんだよね
3. All Of You
フィットしてるのに、どこか乱すようなコーラスの重なり、リード基軸も敢えての数ミリのズレ、この辺りフワリ感が独特の響き
4. Heart Beat
結構ドス効いたヴォーカルが旨み、音がディスコからダンクラに変化する最中みたいな感じなので浮つきはあるけど、ここまで貫禄の歌を押し通されるとバシバシ胸に響く
5. If You Wanna Get Back Your Lady
3rdシングル、R&B44位・POP67位を記録。ファンク根ざしてクラップ、音のループも格好良い!ヒロイン3トリオ、勇ましく突き進むような、A面と異なるきれいな重なりにも驚き


6. I Feel For You
意表の美しいPrince 作・Chaka Khan カヴァー。ヴォーカルアレンジもお見事、癖がない清らかな仕上り、グループが変わっちゃったみたいなくらいに天地
7. Heart To Heart
ウキウキポップ、当時のR&Bギリギリ、欧州ダンスなんかにも近いので、賛否は出そうだけど、流れ的にはきれいにはまってる
8. American Music
1stシングル、R&B16位・POP23位を記録。先にお目見えしてただけあって、ミュージカル風でちょっと変わってるというか、彼女たちの新境地を見事に表現。ヴォーカルの繊細さ、鮮度もなかなか


<Bonus Tracks>
9. I'm So Excited (12" Remix)
オリジナルよりも40秒程長く、BPM早いのでしっかりエクステンド部はここだなぁとわかる感じでレア感もたまらなく


10. If You Wanna Get Back Your Lady (12" Remix)
ダンスミックス言えど、30秒拡張、じりじり地味に引き伸ばし。ただ、ヴォーカルのじらし・曲始まりのじらしみたいなのは顕著

8曲・34分半、2曲ボートラ追加で47分超。結構楽しみにしてたアルバムだったけど、思いの外前半がパワフルでコンセプト的、当時の音を探る感じだったのに対して、後半はすごくしなやかな流れ、声もフィット感がたまらないし、2つのポインターシスターズを楽しめた感じです。ボートラも地味に嬉しい聴き比べ。

<過去レビュー>
1974年 That's A Plenty
1981年 Black & White
1985年 Contact
1988年 Serious Slammin'
2004年 Greatest Hits Live
2011年 ニューオーリンズ3日目 -ESSENCE MUSIC FESTIVAL 2012, 1st Day-

So Excited - 30th Anniversary Remaster
Pointer Sisters
BBR (UK)
2012-08-07


So Excited
The Pointer Sisters
Bmg Germany
2002-01-28