R-5032245-1441819216-5725_jpegあまりにも有名なゴスペル曲"O Happy Day" の生みの親、エドウィン・ホーキンスが2018年1月15日、74歳で逝去されました。70年代なんかは結構精力的に作品をリリース。今回追悼で取り上げるアルバムはオリジナル作で、エドウィン自身が監修を務め、ノーザン・カリフォルニア・ステイト・ユア・コアが務めるもの。オリジナルのリイシューはあまり進んでないのでベストで濁すことが多いシンガーとなっちゃってますが、本曲を聴くためにも敢えてオリジナルを取り上げます。Buddah から1968年リリースされ、1969年にリイシュー。しかーし、オリジナルは未だかつて未CD化なんでしょうか。

A1. Let Us Go Into The House Of The Lord
2分少々、ゾクゾクする感触もあり、ゴスペルの真髄を感じさせるオープニング


A2. Jesus, Lover Of My Soul
薄っすら幕開け、朝を切り拓き、恋や愛や、平和や美しさ、溌剌さも徐々に盛り立てて、人間の底はかとなく掻き立てられる自然さが、なんだろ、気持ち良いところでトドメてくれる感じなんだよね


A3. To My Father's House
リードは Elaine Kelly 担当、すごく揺れるオバハン、味わい。ポップに乗れど、なんか日本の青春映画のテーマソングなんかにもメロディ調に聞こえる、でも確かにゴスペルだし
A4. I'm Going Through
パワー有るリードで、まるで"Amazing Grace" の如く、昇天する魂を憂うように、オルガンと生身に迫真
B1. Oh Happy Day
天使にラヴソングを2でも有名、Aretha Franklin だってカヴァー。本当に有名な曲だけど、誕生したのは正に彼の有志によって。Dorothy Combs Morrison なる男性リード。展開が見事だな、だいぶ昔の録音だけど躍動が詰まってる。リード自身は淡々、でもクワイアをもり立てる全体感が素晴らしい


B2. I Heard The Voice Of Jesus
Donald Cashmere, Rueben Franklin, Trumaine Davis が滑らかに脱力感に、バカラック曲みたいな中をやんわりと進行。これもゴスペルとブラックの間で作られてたという、結構緻密に深い6分
B3. Early In The Morning
Betty Watson リードで、いかにも昔の録音のゴスペルという感じなんだけど、パワーもリズムも元祖!合唱以上にスピリチュアル、アドリブも多めに、とにかくルーツの放ちが凄い
B4. Joy, Joy
Ruth Lyons, Trumaine Davis リード担当で、スローに涙をさそうような締めくくり。一言一言に重みがある、詰まってる!ゆるくタイトル連呼、興味深いストーリーの展開


8曲・37分、完全ゴスペル作。名演、名曲の誕生も多く、リイシューでは色々と曲が散りばめられ今でも評価。アルバムの流れで敢えて感じることはエドウィン自身が、今で言うKirk Franklin のように全く歌わずも、世界観を仕上げていく生進行にゾクゾクしました。これは正式な形式でオフィシャル化してほしいかもな。エドウィンの功績に感謝し、彼はもう完全名曲を遺した素晴らしき音楽家だったと、感謝!!