81uUKaAQrQL__SL1500_浜田麻里22作目のオリジナル作、実に前作から4年振り。この間、デビュー30周年企画かINCLINATION III, MARI HAMADA COMPLETE SINGLE COLLECTION 等のリリースもあり、満を持してリリースという所でしょうか。それにしても、今回は初回版ボーナス曲を追加したり、チャートも大健闘のオリコン11位を記録。ファンの心を掴んで止まないメタルの女王。個人的に、超ハイに走る時にメタルを聴かないでもないんですけど、そこまでガッツリ聴くわけでもないですけど、彼女だけは別格。メタルという音を持ちつつも、彼女の世界観、美しさ、繊細さ、何よりヴォーカルの超越した上手さ、高域も神の粋。是非AKBあたりと共演していただきたいと思う限り。


1. Sparks
タイトルは、直球正にスパークス!その鮮烈な輝き、パワー、想起通りの躍動、迫力。とにかく声が超絶楽器のようにブチ放たれてく!歌詞もクールなんだけど、とにかく音と張り付く声こそが魅力健在
2. Dystopia
暗転、スムースに無機質に声が震え響くというか、自然だったり時間だったり、人間の奥深い部分を追求され、メロディはどこか日本の懐かしさもあれ、サビでの切り拓きは悶絶。バラードとてしっとりと、でも2番からは迫力増して重厚なサウンドに、SF映画のハイライトの如く、もう完全に世界に挑む凄みさえ感じる
3. Superior
音はX Japan にも近いくらいにバシバシと攻撃的なんだけど、ヴォーカルはクールに淡々と、でも攻めてる領域は桁違い。まさに女性戦士、最後までパンチは衰えず、驚異のハイトーン
4. Rin
ミディアム、情緒的というか、奥底に感情を眠らせながらも、タイトルじゃないけど、凛とした気持ち・想いを放ちながら、6分に亘るショートムービーのよう。終盤のコーラスだけのところとか、ストリングスも加わり、でも基軸は鳴りまくるけたたましいギターサウンドだったり、もう展開が見事過ぎる
5. Monster Wave
モンスターの波という悪魔よりは、結構浸透度の高いメロディで聴きやすく。結構歌詞も聴こえが良くて、じっくり堪能できる休息かな、とは言えクオリティは高すぎるままですが
6. Tears Of Asyura
今後は阿修羅の涙、もう完全世界のSF超決戦みたいになってきた。淡いヴォーカルは悲壮感誘う、ファルセットの表現までもが新たな魅力として。目のつけどころが昔から凄いんだけど、曲をただ自由に楽しむってよりは、歌を通して知的な発見が大きく、地を這うようなサウンドも個人的に好きだなぁ
7. Rainbow After A Storm
嵐明けの虹、いやー、もう完全に暴風雨のような異常気象。虹なんて出ないよ、それくらいにもう完全にパンチというか、稲妻状態。彼女が今なお、こんなに攻めまくるとは、もうシャウトも絶叫状態に、これがしっかり名曲として息づくんだから、もう完全無欠です
8. In Your Hands
ポップでキラキラとしたロックンロール、コーラスの被せ方なんかも遊んでるし。敢えてこういうのを挟んでキャッチーに、他の曲も良い意味で映えるし、バランスがいいなぁと
9. Carpe Diem
もう完全無欠の爆発状態、最初は抑えめと思ったけど、音の叩きがヤバイ!でも涼しく歌ってるように麻痺して感じちゃうのも、耳肥えのせいだろうか。後半なんてツインギターにてパワー昇天、ヴォーカルもいつぶっ壊れて天井になるかも分からないほど秘めてるものが凄い。メロディ自体は掴みやすいからこそ、この組み合わせに悶絶

10. Beautiful Misunderstanding
急に調子が変わって、聞きやすいメロディ、サウンド、ヴォーカル。すーっと浸透する全体、個人的にはPersona くらいの時の美しさの再来って感じがする、ヘビメタ過ぎず、ドラマティック優先。でも今の麻里さんは音をある程度激しく

11. Orion
ラストは7分、タイトルにフィットする美しさで、シンセとピアノで煌めきバラード。日本語が冴え綺麗に、超絶ヴォーカルで感動を響かせる、力量・感情までもが最大限パックされた極上


11曲・62分、もう世界観の新たな提唱までもが素晴らしく、ヴォーカル80才くらいまで衰えないんじゃないかって思えるブットビ具合。個人的にジャンル違えど、男性が玉置浩二ダントツだとしたら、絶対に女性は浜田麻里なんだよなぁ。改めて、重厚なサウンド、攻めまくりながら彼女のスタイルをより磨きかけるアルバムとして、アルバムタイトルMission 完遂と言った感じでしょうか。まだまだ、今後の創作に期待!なんともOfficial Twitter 始まったようで、もう綺麗過ぎる、奇跡の55歳。今後も楽しみにしとります。

<過去レビュー>
1994年 All My Heart Mari Hamada 名義
1996年 Persona
2012年 Legenda
2012年 Legenda Tour Final @ Tokyo Nakano-Sunplaza
2013年 INCLINATION

Mission
浜田麻里
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2016-01-13

【Amazon.co.jp限定】Mission (付箋セット付)
浜田麻里
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2016-01-13

Mission (デジタルミュージックキャンペーン対象商品: 400円クーポン)
浜田麻里
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2016-01-13