71esv+s6AoL__SL1200_アバヴ&ビヨンド、なんとも彼らを単独で最新作にて取り上げることになるとは!実際、彼らを知ったのは自分が大学生の時、サイバートランス全盛の時代に、結構有名曲なんかをトランスリミックスしてて堪能してた感じで、実際にwikiなんか見ても、彼らの2000年代は思いっきりDJ、トランスエラってなってて。でも、だんだんグループの傾向はセラピーだったり、アコースティックだったり変化していって、でも主軸はDJダンスなんだろうけど。そんな彼らの2年振り・7作目の最新フルアルバムが全米POP3位・Dance1位を記録(それまでの最高位は5thでPOP34位、でもダンスにしては高記録だから、だいぶ仕掛けはできてたのかも)。どうなってんだい。気になっちゃいましたよ。

1. The Inconsistency Principle
闇雲な3分、何かがシューティングされるようで、壮大な宇宙空間を示すようなオープニング
2. My Own Hymn (ft. Zoe Johnston)
ふんわり女性ヴォーカル、更にシンセで明るみに、トランスというよりも幻想的なハウスビートって感じかな。サラ・マクラクランのような柔和まどろみな声と、音の融合が美しく


3. Northern Soul (ft. Richard Bedford)
タイトルは気になるところ、でも思いっきりバシバシとトランシー。でも、自分が思い描くトランスとは異なりBPMは早すぎもしないかな。男性ヴォーカルは、結構正統派に、個人的には音が降り注ぐ後半が好きかな

4. Naked (ft. Justine Suissa)
キラキラ疾走感、女性ヴォーカルをホンノリ、あとはフリーウェイを爽快に走りたくなるメロディアス、直球過ぎてライト級
5. Sahara Love (ft. Zoe Johnston)
2曲目とも異なる音楽性で攻めてきたなぁと、ヴォーカルの乗り方もアグレッシヴ。音もハイパーに進行するし、その乖離を埋めるような音とのバランスが面白く、不鮮明ながら、ゴール目指した率先した何かを感じるなぁ
6. Happiness Amplified (ft. Richard Bedford)
3曲目に続く男性ヴォーカル、結構平坦なんだけどアルバムにおいては抑揚にも繋がってるのかも、落ち着いた感触で、なんだろ平和だったり休息だったりを与えてくれるよう
7. Is It Love? (1001)
クレジットには無いけどJono Grant なるアーティストによるタイトルコール以外は、粛々と音が展開される地道な展開。個人的にはTMN みたいなスペイシーの狭間って感じ


8. Cold Feet (ft. Justine Suissa)
音は安定感、ヴォーカルの静寂さも安定、そのポテンシャルから嗅ぐ不思議なダンスステップ、律義にもテーマに沿って、でも心は踊れるというか
9.Tightrope (ft. Marty Longstaff)
この曲だけフィーチャーシンガー1曲のみ参加で、不思議な響きを持つ男性ヴォーカル。リリックはリピート多めに、後半仕掛けてきたトランシーにて頭イカレル感じでクール


10. Alright Now (ft. Justine Suissa)
既に2017年5月に先行カット、疾走感いい感じ。ただ、透明感あるヴォーカルで囁きトランス、どうにも健全な案内板とでも言う感じか


11. Bittersweet & Blue (ft. Richard Bedford)
程好い叩き、男性ヴォーカルの無機質の安定感、決して新しい感じでは無いんだけど、アルバムの中和剤のように思えてきました
12. Always (ft. Zoe Johnston)
低調、ダンスではなくスロウにて、まるでDido みたいに吹き付ける冷静さ、更には氷河の中にいるような、終盤だいぶのクールダウン作用


13. Common Ground
タイトル曲にてラスト、キラキラしつつ、天体観測、プラネタリウム、でも、どこかダンスの残り火みたいなものがあって、ときめきな終焉

13曲・62分、オープニングが絶妙にワクワクさせられて、あとはフィーチャーアーティストの魅力も手伝って、色々と想起できるものがありつつ、彼らのサウンド自体にブレはなくて、粛々と展開されるハウス〜トランスの間かな。確かに今はUltras なんかもあって流行ってるのかもしれないけど、上品なダンスアルバムって感じで、けっして今の音ってカテゴライズされまくるわけでもなく、上手くシンプルに仕上がってるなぁという印象です。

Common Ground
Above & Beyond
Anjunabeats
2018-02-02