220px-Kaleidoscope_(EP)コールド・プレイ、2015年にリリースされた7th A Head Full of Dreams は個人的にも凄くハマって(レビューしてない事に今回気づく…)、昨年4月の東京ドーム公演はホント楽しかったなぁと回想するわけですが、"Adventure of a Lifetime" "Hymn for the Weekend" "Up & Up" "A Head Full of Dreams" "Everglow" と5曲ものモンスターヒットを排出し、同年6月には今回取り上げるEPがリリースされているではないですか。それもデジタルだけではなく、きちんとCDでも(アルバムチャートPOP15位を記録)。何より手に取りたくなったのは未発表曲があるとかじゃなくて、4曲目の東京ドームライヴでの音源を含んでいること、粋過ぎる!!そんでもって、今回はあの時の感動と興奮を胸に、敢えて本作を取り上げてみることに!

1. All I Can Think About Is You
不思議な空気感、こういったシリアスなんだけど引き延ばして延々、独特の世界観に仕上げるの上手いなぁと、惹き込まれる。後半、血管がブチ切れるように盛り上がりを見せて、豪快なロックスタジアムモードに

2. Miracles (Someone Special) (with Big Sean)
アルバムのボートラとは異なる、ビッグショーンを招いた別ヴァージョン。彼ららしいサウンド、ちょっと篭ってるけど、サラっとラップ入れたり、アメリカ多種なコラボ相性良いなぁと


3. A L I E N S
アニメ的なリリックビデオ用意するなど、彼らのプロモも上手い。ちょっとシリアスにウネっとしてるのに、ヴォーカルはどこか安泰に冷静というか


4. Something Just Like This (Tokyo Remix)
これ、PVは若干編集あるけど、映像見たら更に鳥肌。個人的に、この曲のリリックビデオはヘビロテだったし、これでChainsmokers とか凄くすきになって"Paris" とかもハマったし。改めて、東京でのテイクを採用してくれたこと、東京の感動が詰まってること、歓声含め臨場感がヤバイ


5. Hypnotised
完遂、全曲PVあるし、リリックビデオだけど。いやー、こういうの大事だね。今や曲に映像イメージ化、凄く記憶に浸透する。あれ、これ聴いたことある。なんだろ、ライヴかな?凄く良い、自然と融合、嬉しい音源


5曲・25分程。彼らのプロモーションだったり、EPで小細工仕掛けて、それもイヤミがないし。発見あれ、感動あれ、こういうのって大御所っていうか、まだまだ攻めてるバンド、それも引きの部分も持ってるわけだし、凄いなぁと思える。この短さなら何度でも心に注入したくなるし。久々にEPでこんな充実作と出会えたなぁと。

<過去レビュー>
2014年 Ghost Stories
2017年 Live at Tokyo Dome

Kaleidoscope Ep
Coldplay
Wb / Parlophone
2017-08-04