A1v68WsipqL__SL1500_メアリー・J・ブライジ、The London Sessions から2年半振りとなる13作目、R&B2位・POP3位を記録。個人的には前作は企画色が強いと思ってたし、その前はクリスマス作。よって2011年My Life II... The Journey Continues (Act 1) 以来の純粋なオリジナルと受けとってました。前作まではR&B1位2作連続と女王ならではでしたが、POP3位内は2009年Stronger with Each Tear 以来の記録。本作からシングルヒットは無かったものの、アダコンチャートでヒットを維持して、今回の評価に繋がったのかなぁと。偶然なのか、前回の来日時は、本作のプロモーションも兼ねていたような流れだったことを結構直前に知ることに、本作リリースのニュースも結構直前だったし。シングルよりも、タイトル曲に相当惹き込まれ、ようやくアルバム全曲レビューに今ようやく漕ぎ着きました。

1. Love Yourself (ft. Kanye West)
3rdシングル、出だしから、ドキドキするような暗闇からの光を目指すような展開、実に女王。カニエとの共演もバランス良いし。リリックビデオ、かなり観ました。PV用意されたA$AP Rocky とのリミックスヴァージョンも格好良すぎる


2. Thick Of It
1stシングル、R&B47位を記録。US Adult R&B Songs では1位をロングランで、立ち位置に変化?Jazmine Sullivan コーラス参加、確かに、今までの突っ張りよりも、しなやかさ、それでも狂おしいような歌唱が詰ってて、ハマれるミディアムR&B


3. Set Me Free
ゆったりジャズっぽいサウンド、自由自在に繰り広げられる音の中を、凄いメッコリ歌われるような違和感が面白い


4. It's Me
2000年代前半のメアリー曲って感じ、不穏にチャカポコしているサウンドに、真っ直ぐ蓮々と歌われるような
5. Glow Up (ft. Quavo, DJ Khaled & Missy Elliott)
ベテラン勢集って、まるでリアーナ曲を皆で大人風にアレンジしているような、まとわりつくラテン系、でも基軸はラップ、このめっこり元祖系がタマラン
6. U + Me (Love Lesson)
2ndシングル(US Adult R&B Songs では1位)。メアリーにありがちな、後発のシングルって印象。なんか煮え切られないというか、どこか地味なんだけどメアリー品質


7. Indestructible
中盤の落ち着いた展開、音のシッポリさを更にカヴァーするような、スムージーな歌唱。コーラス含め秋めいた涼しさ
8. Thank You
後半、徐々に場を新たに盛りあげていく引き立て役。Raphael Saadiq なんかもサポートし、実に広々とした世界観を演じる、噛みごたえ聴き応え深い
9. Survivor
もう属人的に、静まる音の中で勇ましく突き進む女戦士。雑踏も静寂も彼女がいれば、もう切り込み隊長、どこまでも調子は一緒だけど
10. Find The Love
絶妙なところで盛り上がりを止める、程よく際立たせる。でもサビは結構ポップ、やや"Just Fine" ぽさがあるかな、吹っ切れた感
11. Smile (ft. Prince Charlez)
ピアノ、彼女のスピリチュアル、エモーションが詰まった即興曲という印象。感情のままに、メロディも詞も、そして弦も動くような、もう完全無欠。共演の男性デュエットも、乗り移ったように素晴らしい抑揚、揺れ具合
12. Telling The Truth (ft. Kaytranada)
ちょっぴり変わった響きを追求したような曲、メアリーの聴いたことのないようなヴォーカルの域を2種、サウンドの流れ方も異質
13. Strength Of A Woman
タイトル曲、気合は十分に。前半の助走を経て、クラシカルに音の重厚感。ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、トランペット、R&Bには引き合えないような音の渦を惜しみなく、でもメアリーの歌がきちんと主役
14. Hello Father
ラストは緩やかにスウィングタッチ、なんか、こんな感じで案外穏やかに終わるのも意外。でも、らしさが充満してるかな、きちんと覇気を止まず

14曲・57分、フィジカル盤を廃止する恐れも出ているTtarget では"The Naked Truth" "Love in the Middle" をボートラ収録。自分としては2009年作以来の当り!彼女自身は色々試したいんだろうけど、R&B王道を追求してると、やっぱ彼女に箔がつくような。全体を通して、緩急あれ、彼女らしさがとにかく楽しい作品。

<過去レビュー>
1992年 Real Love
1992年 Real Love (Remixes)
1992年 Reminisce
1992年 What's The 411?
1993年 What's The 411 Remix
1994年 My Life
1995年 (You Make Me Feel Like A) Natural Woman
1995年 I'll Be There For You / You're All I Need To Get By with Method Man
1997年 Love Is All We Need (Remixes)
1997年 Seven Days / Round & Round
1997年 Everything (Remixes)
1997年 Missing You (Remixes)
1999年 As with George Michael
1999年 Mary
2000年 Give Me You
2001年 No More Drama
2001年 No More Drama (Remixes)
2002年 No More Drama (Special Tour Edition)
2002年 Dance For Me
2002年 Love & Life
2002年 A 21st Century Artist (3CD)
2005年 My Collection of Love Songs - Live
2005年 The Breakthrough
2006年 Reflections: A Retrospective
2006年 Mary J. Blige & Friends
2007年 Growing Pains
2008年 One And Only Queen
2008年 Soul Is Flower
2009年 Stronger With Each Tear
2010年 Stronger With Each Tear (Int'l ver.)
2011年 Music Saved My Life Tour (@ Tokyo JCB Hall)
2011年 My Life II...the Journey Continues (Act 1)
2012年 ニューオーリンズ4日目 -ESSENCE MUSIC FESTIVAL 2012, 2nd Day-
2013年 A Mary Christmas
2014年 Think Like A Man Too (OST)
2014年 The London Session
※企画物 Streetwize Does Mary J. Blige Streetwize Allstars
2017年 Live at Sinkiba Studio Coast

Strength of a Woman
Mary J Blige
Capitol
2017-04-28

ストレングス・オブ・ア・ウーマン
メアリー・J.ブライジ
ユニバーサル ミュージック
2017-04-28

Strength Of A Woman (+ 2 Bonus Tracks)
Mary J. Blige
Capitol
2017-04-28