51u-wuRZGpL__SL160_サム・スミス、満を持して放たれる3年振りの新作は遂にUSでも制覇、UK・US POP1位を記録。とにかく前作は売れに売れまくった!元はダンスチームのフィーチャーからスタート、ちょっと違うけどBruno Mars にも近い起用。今回は彼の胸の内をもっと露骨に示すような、それもジャケは完全モノクロばっかで暗い。それでもしっかり評価と来たもんだ、R&B通にも評価は良かったり。

1. Too Good At Goodbyes
1stシングル、R&B26位・POP4位・Dance4位を記録。結構暗いけど、なんか地味に急き立てられるというか、ゴスペルっぽいサビのコーラス部は妙に心に来る。こういうのがポップ、更には最近ダンスから離れてるけどリミックスでダンスにも、良い食らいつき


2. Say It First
ビートは盛り立て期待、でも、これは完全に吹っきれ。地味に淡々と、でも全体では頑張ってる方の少しの光
3. One Last Song
2ndシングル。OST The Witz "Be a Lion" サンプリング、ちょっと枯らすヴォーカル部、サウンドのおどけさ、これこそ1stにあった絶妙な演歌ソウル、好きだなぁ。絞る高域ヴォーカルも彼ならでは


4. Midnight Train
しっとり映えるミディアムスローバラード、なんか懐古感ばっちり、クラシカル。メロウに、憂いに、低域から、案外面白い声の惹き立て
5. Burning
プロモシングル。ピアノと共に悲しい演出、他に鳴らさず、声だけが悲しく木霊する。後半、ファルセット風高域出たと思ったら、お得意重ね重ねの悲しい悶絶絶頂


6. HIM
低域のタメ息のようなヴォーカル、上手いなぁと。洗練されつつ、声の境目がとにかく味わい。徐々にスカイフォールのようなハマり
7. Baby, You Make Me Crazy
案外音はファンキーというか、パワーソングに。ただ、ちょっと悲しさをこらえながら、コーラスを頼りに挑んでる感は否めず
8. No Peace (ft.Yebba)
一転暗い、女性ヴォーカルとのデュエット、可愛らしくも、重たさも。今の彼に凄いフィットするようなスタンス、更には新たな引き出し、US受けしそうな印象
9. Palace
オールドソウル風、アコースティックにも感じるんだけど、心の清らかさを求めるような、ただ歌が巧い。狂おしい中の一寸の癒やし
10. Pray
プロモシングル、POP55位を記録。デビュー作の彼にも近いサウンド、敢えて期待を。息遣い含め、彼の個性を強調するようで、旨み


<Bonus>
11. Nothing Left For You
音は薄めに、でも彼のヴォーカルのポエムソングのように、中盤から少々圧の有るコーラス、この絶妙な少なさが際立ち
12. The Thrill Of It All
タイトル曲がボートラ、やるなぁ、この展開。悲しさ帯びまくり、でも決意始めのような、ファルセットやり過ぎ感、インパクト、はみ出てる、ストリングスまで、いやー、綺麗だけど堕ちる
13. Scars
ときめきの、でもシッポリ、なんか冷たいような、小ざっぱりしたような、音もいい感じで展開。リリック歯切れなかなか、揺らめくような世界観がいいなぁと
14. One Day At A Time
息遣い含め、秀逸なんだけど、もう行き過ぎ、切なさ、からっ風、彼のとことん迫ったシリアスに感銘

10曲・35分半、ボートラ4曲追加で49分半、今の時代にしては短い。。でも、上手く纏めてきたなぁと。さらに国内盤は短めの2曲を更に追加で54分近くに。一聴暗い印象で、でも全体では色々音も考えられてて、ただの暗さじゃなく、全体で聴かせてくれる本質、それぞれにもっとアクション出てくれば、更に濃いアルバムになる予感。

<過去レビュー>
2014年 In The Lonely Night
2015年 In The Lonely Hour (Drowning Shadows Edition)
2015年 In the Lonely Hour Tour @ Yoyogi-Daiichi Taiikukan
2015年 In The Lonely Hour (Deluxe Edition)

Thrill of It All
Sam Smith
Capitol
2017-11-03

Thrill of It All -Deluxe-
Sam Smith
Capitol
2017-11-03

The Thrill of It All
Sam Smith
Capitol
2017-11-03

スリル・オブ・イット・オール
サム・スミス
ユニバーサル ミュージック
2017-11-03