lalah01レイラ・ハザウェイ、2018年ジャパンツアー。なんとも、4月9日(月)・10日(火)ブルーノート東京、11日(水)はお休みで、12日(木)ブルーノート名古屋、13日(金)梅田クラブクアトロ、14日(土)・15日(日)、7日中6日がライヴ、そしてブルーノートは1日2公演なので、6日で計11公演の、昔のソウルシンガーばりのスケジュール、普通なら喉が心配。個人的には彼女のライヴ初参戦、そして今月Lisa Fischer 以来12日ぶり、レイラのライヴは最終日の最終公演!週末だったこともあり、満員。満員の風景、素敵だなぁと。

大人の空間、19時開場、日曜なので変則時間。19:50には、前座風にキャストのDJ Spark によるソウルを中心としたDJメガミックスで会場を温め。なんか嬉しい演出!20:00過ぎ、暗転し、素敵な演奏。ベース、ドラム、オルガン兼キーボード、男性コーラス(兼ダンス?水ペットボトル渡しw)、そしてDJ、でレイラ。安泰に登場、自分はステージ前方見て左側端の自由席だったので、ちょうどレイラ登場を間近で!

もう初っ端から、低域のヴォーカル、溢れるというか、会話すると言うか、自然の発声。父ダニー・ハザウェイと似てる部分と、天性で異なる才能の融合というか、もう神秘に奏でられるヴォーカルに感嘆。既に49歳ということだけど、一見30歳くらいにも見える、これはジャケ写とかもそうだけど、ほんと初々しい。動きは、これは褒め言葉なんだけど、渡辺直美のような、顔芸だったり、どっぷり育まれる動きだったり。グルーヴ、彼女の染み付いた才能、どこまでも陶酔。日本何度も来てるかもだけど、日本語も自然、ソウルフル、ちょっと敬語がどう、とかはどうでも良くて、存在が圧巻。

lalah03lalah02"Angel" "A Song For You" "Forever, For Always, For Love" いやー、感激の連続。終盤、ラストナイトということもあり、トランペッターTOKUさんと、ラッパーZEEBRA までステージに登場、スキャット対決、もう驚異に満足、サービス凄い。ブルーノート2nd、実に90分、アンコール前に一旦袖へ、その際に「Thank You」って声掛けたら、めっちゃ愛くるしい感じでリフレクションしてくれた、もう最高、袖最高。

アンコール2曲、最後まで隙なし。とにかく、ステージ全体を見て聴いて楽しめる、ソウルもR&Bも、ジャズもゴスペルっぽさまで、ラップまで、いやー、超絶フリーソウル。彼女がグラミーに卒なく愛される、そしてそんな彼女を間近で見れる幸せ、日本びいき、素晴らしいなぁ。もう、彼女をこれからだけど、もっともっと聴いていくぞ!大ファンになりました。

<過去レビュー>
2015年 Live

Donny Hathaway
1970年 Donny Hathaway
1970年 Everything Is Everything
1972年 Live
1972年 Roberta Flack ft. Donny Hathaway
1972年 Come Back Charleston Blue (OST)
1973年 Extension of Love
1980年 In Performance
1990年 A Donny Hathaway Collection
2004年 These Songs for You Live