最近は黒人の音楽が多くを占めていたので、かなり久々な感じ。高校生くらいのころにはいずれも聴いていたんだけど、いつからかソウル・R&B寄りになってしまってました。

Paul McCartney『Chaos and Creation in the Backyard』 ポールと言えば、「Let It Be」? あとは、結構最近のラストツアーに母ちゃんが行った(in Tokyo Dome)。ほんと、そんなもんなんすけど、いやにアマゾンで安かったので、好奇心で購入。聴いてみたら、結構スムーズに体に流れてくる感じはありました。声は、なんか力が昔よりなくなってる(?)感が主観的にあったものの、それでも王道サウンドが心地よいっす。おまけのDVDはまだ見てないけど。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000AL730Y/qid=1139302900/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/503-5614075-6477536

Eric Clapton『Back Home』 これも新譜なのに破格値だったので購入。SMAPへの提供曲が入ってたんだね(「友達へ」)。『ピルグリム』『ライヴ?(2CD)』は買いました。で、久々の新譜なんですけど、心にひっかかるメロディラインというのは見つけられなかったかなぁ。それでも、渋めにバックミュージックとして地味に大切にできそう。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000A3DFZE/qid=981536595/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/503-5614075-6477536

12