SOUL FOOD, SOUL LIFE

【ほぼ毎日“R&B/SOUL”のCD全曲レビュー】Aretha Franklin の来日祈願と、YO-SUKE の日常備忘録も

★Aretha Franklin

映画リスペクト(original motion picture RESPECT)

118392119937アレサ・フランクリンの伝記映画、リスペクト。アレサ自身による構想や、色々主演を選んだりして、本格的にジェニファー・ハドソンになるのはアレサが亡くなる少し前でした。それまでは何年もハル・ベリー押しだったけど、改めて口パクというより、実際にジェニファーが歌った本映画は最高な仕上がりだったと思います。

そろそろ上映する映画館も少なくなってきて、公開翌日〜本日まで実に4回観るに至りました。まだ国内では映画のBlu-ray のリリースもまだのようだけど、そろそろネタバレ若干触れても大丈夫かなぁと思い、久々にブログ書く冬休み。

サントラを聴くに、1952年〜チェス期ゴスペル傾倒のアレサを僅かに、コロンビア期もわずかに、そしてアトランティック1967〜1972年に集約した作品。要は10歳から30歳までのストーリーを140分にまとめあげてます。

子役がとにかく演技も歌も凄いんです。なにせTina Turner 伝記映画の舞台版も務めたとか。個人的にはアレサが存命していたら、結構えぐいシーンは選ばれなかった気がしてます。一部時系列は強引な気もしますが何とか圧縮、教会での歌唱でジェニファーに切り替わっていくシーンで最初の超鳥肌。

その後は、結構男女の馴れ初めが多く、改めてアレサは恋多き女性で、その都度お子さんも生まれてるし。ドラマ版と比べると、コンロビア〜アトランティックでの大ブレイクまでの流れは結構唐突に描かれれていますが、何とかリスペクト誕生の流れは前段のシーン含め、うまく時間を使っている印象。

ブレイク後のヒット曲の連発はさすが、見ごたえも凄いです。傍ら、キング牧師暗殺後の葬儀での歌唱や、アルコール依存症でのステージでの歌唱やら、色々当時ならではのリアリティも、やはりアレサが生きてたら認めてなさそう。。

ラストがアレサ自身キャリア最大のヒットとなったアルバムAmazing Grace より、当時の闘病・葛藤などは、結構ショートカットだけど、彼女を支えてた母への想い、教会の支え、歌が救い…。ラストシーンでのエンド、彼女のキャリアを総括する内容が色々表示され、これがまた偉大な彼女ではあるが一方 苦悩があって積みあげられてきたものなんだなぁとしみじみ。黒人女性にとって1960年代には相当地位が低かったわけで、公民権運動・女性活躍を前面にアメリカの支持を得ていった流れ、改めて凄い女性だったなぁと。シンガーでもあり、活動家。とにかく本人登場シーンは毎度号泣(敢えて音程修正しないヴァージョン採用ってのが粗削りで最高)、ジェニファーの新曲がホッと胸をなでおろしてくれて終わるけど、これがCarole King との共作ってのがジーンとくる。

ドラマ版の1/3くらいの圧縮なので、色々映画にするには制約はあったと思いますが、ベストな采配、ベストな出来だったと思います。最初の頃は結構客席も埋まってないようにも思ったのは上映会数がそれなりにあったからかなぁ。公開から日に経つにつれ上映回数は減っているけど、貴重にも多くの席が埋まってて、アレサのことが改めて語り継がれていく様にジーンときてました。また5回目観に行っちゃうのかも。ジェニファーはほんと大役を務めてます。ソウルファンだけでなく、音楽ファン、ミュージカル好きな方、また偉人好きな方(笑)、まだ間に合います。ぜひ観ていただきたいです。

公式サイト(日本)
Wikipedia(日本)

<過去レビュー>
V.A. (Jennifer Hudson) / Respect (OST) (2021)



『リスペクト』オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック
SMJ
2021-11-03

Aretha Franklin / ARETHA (2LP) (2021)

603497846214アレサの4CD、1CDとレビューしてきましたが、最後に到着したLPを!既に8月には届いてたんですが、レビューはお座なりになってました。こちら国内盤でもアメリカやUKでもなく、ドイツになってました。基本1CDと全く同じ曲順で、同じ収録内容。Side-4 "Someday We'll All Be Free" 長いのでプロモ盤で収録されているかなぁと微かに期待しましたが、ダメでした。ってことで、同じならってことで、封は開けましたが、未使用盤としたいと思います。参考までに、1CDと比較での画像を撮ったので載せておきます。

S__14073861S__14073863







Side-1 15:24
1. Never Grow Old
2. Today I Sing The Blues
3. One Step Ahead
4. I Never Loved A Man (The Way I Love You)
5. A Change Is Gonna Come

Side-2 18:44
6. Respect
7. Chain Of Fools (Alternate Version)
8. Call Me (Alternate Version)
9. Rock Steady (Alternate Mix / Take)
10. How I Got Over (Live) (Single Edit)

Side-3 18:35
11. Master Of Eyes (The Deepness Of Your Eyes)
12. Until You Come Back To Me (Work Tape)
13. Something He Can Feel
14. You Light Up My Life
15. Think

Side-4 24:50
16. Freeway Of Love
17. I Knew You Were Waiting (For Me) – Aretha Franklin & George Michael
18. A Rose Is Still A Rose
19. Someday We'll All Be Free
20. (You Make Me Feel Like) A Natural Woman (Live)

Aretha [Analog]
Franklin, Aretha
Rhino
2021-07-30


Aretha -Digi-
Franklin, Aretha
Rhino
2021-07-30


アレサ~ザ・グレイテスト・パフォーマンス
アレサ・フランクリン
ワーナーミュージック・ジャパン
2021-08-11

Aretha Franklin / Aretha Arrives (Stereo + Mono) (2021)

967アレサのアトランティック移籍第2弾、I Never Loved A Man (The Way I Love You), Lady Soul の間に5ヶ月スパンでリリースされていた隠れたわけでもなくヒットした作品(R&B1位・POP5位)なんだけど、やっぱり1st, 3rdがぶっ飛んでて存在感が薄まる分、これはたまにしっぽり聞きたい作品。

既にレビュー済でしたが、今年になってクリンクなる国内レーベルから相次いでOld Days Records と題して様々な作品が素晴らしい形式で復刻。アレサの本作は、何とも紙ジャケだけでなく、新たなアートワークを採用、このジャケットでリリースされたことはないけど工夫してきましたね。歌詞・対訳はないけど、新井崇嗣さんの解説付で税込1650円。解説は歌手アレサ、そしてアルバムの背景、曲解説、あと今回目玉のステレオ・モノラル音源の詳細は無し。当時のマスターテープより、ステレオ・モノラルそれぞれから採用したのか分からないですが、流れで聴いてますが、すごく楽しめる22曲・73分です。

アマゾンでは微かに流通してたけど、主にはHMVかディスクユニオン、それとタワレコ新宿店は素晴らしいくらいに本シリーズ大特集で買いたくなるCD山ほどありました。久々にCDショップでCDを買う喜びに満ちてレビュー書いてます。たまに行くといいですね。マニアックな境地ですが、やはり音楽好きの元祖たちなら、きっとCDショップってキュンとする場所ですからね、最近購入に貢献できてなかったのが申し訳ないですが。アレサの4CDやジェニファー・ハドソンOSTなんかもあって、その一貫できちんと入荷も満足にありましたよ。

Stereo
1. Satisfaction
2. You Are My Sunshine
3. Never Let Me Go
4. 96 Tears
5. Prove It
6. Night Life
7. That’S Life
8. I Wonder
9. Ain’T Nobody (Gonna Turn Me Around)
10. Going Down Slow
11. Baby, I Love You


Mono
12. Satisfaction
13. You Are My Sunshine
14. Never Let Me Go
15. 96 Tears
16. Prove It
17. Night Life
18. That’S Life
19. I Wonder
20. Ain’T Nobody (Gonna Turn Me Around)
21. Going Down Slow
22. Baby, I Love You


アレサ・アライヴス
アレサ・フランクリン
オールデイズ・レコード
2021-06-25


Aretha Arrives
Franklin, Aretha
Rhino/Wea UK
1993-07-20


Aretha Franklin Atlantic Albums Collection
FRANKLIN, ARETHA
RHINO
2015-11-06

Aretha Franklin / Knew You Were Waiting: The Best Of Aretha Franklin 1980-2014 (Vinyl) (2021)

71WmRkVorsS._AC_SL1200_91cjhNXgfiS._AC_SL1500_アレサのアリスタ期ベストが、収録曲を変えてLPにてリリース。CDやデジタルの再発は無し。先日タワレコ新宿店で現物と出会いましたが、買いませんでした(汗)。個人的には単純な焼き直しとかはちょっと控えだしてますかね、このサブスク時代。アリスタベストでいうと1994年Greatest Hits(R&B23位・POP85位を記録) そして今回の元となる2012年 Knew You Were Waiting: The Best Of Aretha Franklin 1980-1998 がありましたが(国内盤は1曲ボートラあり)、今回は2014年の1曲を追加することで時代が16年も長くなり、34年の範囲での収録となりましたが、あまり話題になってない模様。

2012年 Knew You Were Waiting: The Best Of Aretha Franklin 1980-1998
2012年 Knew You Were Waiting: The Best Of Aretha Franklin 1980-1998 (国内盤)

A1. United Together (Single Version)
A2. Love All The Hurt Away (with George Benson)
A3. Jump To It (Radio Mix)
A4. Get It Right (Single Version)
A5. Freeway Of Love (Single Version)
B1. Who's Zoomin' Who
B2. Sisters Are Doin' It For Themselves (with The Eurythmics)
B3. Another Night (Single Mix)
B4. Jumpin' Jack Flash (with Keith Richards) (7" Mix)
C1. Jimmy Lee (Single Version)
C2. I Knew You You're Waiting (For Me) (with George Michael)
C3. Through The Storm (with Elton John)
C4. It Isn't, It Wasn't, It Ain't Never Gonna Be (with Whitney Houston) (Single Version)
D1. Ever Changing Times (with Michael McDonald) (Single Edit)
D2 .A Deeper Love (with C+C Music Factory)
D3. Willing To Forgive
D4. A Rose Is Still A Rose (Radio Edit)
D5. Rolling In The Deep (The Aretha Version)

収録曲としては、アルバムLP化が初めての曲もあるので、ちょっとマニアックに解説だけ。一応、年代順に収録されつつ、国内盤ボートラだった"A Deeper Love" はリミックスではない本家ヴァージョンでの収録。更に2014年最後のチャートヒットシングルを収録。2LP計18曲・76分半程。

これまでアレサのアリスタ期のExpanded Edition は1st〜6th+8th までリリースされてきましたが、シングルヴァージョンなどのリマスターLP化はほぼ行われてませんでした。なのでアリスタ期の別ヴァージョンをLPで聴きたい方には面白いと思います。あと、このベスト自体はリミックスも新たに行われているので、ジョージ・マイケルとの曲なんて打ち込み具合が変わってたり、だいぶ印象が異なる曲も一部含むのが特徴です。








V.A. (Jennifer Hudson) / Respect (OST) (2021)

71BwIVv1IqL._AC_SL1214_61+Dyt4WZNL._AC_SL1200_本日、アレサ・フランクリンが亡くなって3年となります。合掌。

―アレサ・フランクリンの伝記映画、いよいよ2021年8月13日全米にて公開。当初 Roots なる1999年ので伝記をもとに制作が構想が出てきて、2000年代から常に話題になっていたのですが、最も可能性のあったハル・ベリーには断られ(リップシンクでもいいとアレサに言われたけど、無理と)、最終的にジェニファー・ハドソンにて合意。2010年代からもアレサ自身も関与してきましたが体調不良なども重なり、実際の製作はアレサ逝去後に本格始動となりました。本来2020年公開予定で進められてましたが、アレサのオールタイムベスト同様 コロナで延期。今回満を持しての公開、そしてサントラもリリースとなりました。映画は秋に見れることを期待しつつ、オールタイムベストともジーニアスアレサとも異なる選曲があったり興味深いところです。

1. There Is A Fountain Filled With Blood
若いころのアレサ役の子が歌うゴスペル歌唱、この曲もアレサの処女録音に入ってた曲ですが、オールタイムベストには未収録。印象深いのが後半からジェニファーの歌唱に切り替わります、いやー迫力と構成が素晴らしい


2. Ac-cent-tchu-ate The Positive
これもオールタイムベスト未収録、コロンビア期音源から。ポップとしてはヒットしたし、R&B要素感じないワクワク、うきうき感
3. Nature Boy
これはオリジナルっぽいですね、アレサが歌ってなかった音源だから書き下ろしかな。でもジェニファーが歌ってるっぽい、妖艶に敢えて歌唱を変えているあたり苦悩や葛藤を表している時期なのかな
4. I Never Loved A Man (The Way I Love You)
出だしは長めに、バンドと音を合わせて創作されていく様子から。
5. Do Right Woman, Do Right Man
ジェニファーは低音が綺麗だなぁと、コーラスも今ならではの録音で上質に。曲構成の良さも凄い個人的に好きだなぁ
6. Dr. Feelgood
この曲、オールタイムベストから見送られたんですよね、でもやっぱりアレサには重要な曲。ここは案外粛々と
7. Respect
主題歌、出だしは姉妹コーラスをアカペラにてスタート。パンチよりも、ゴージャスだったり曲の繊細な部分も出したり、ライヴオーディエンスとの掛け合いが分かる臨場感が素敵


8. Sweet Sweet Baby (Since You've Been Gone)
出だしこそ若干しっとり来るかなぁと思ったら後半のパンチ、ジェニファーの凄みが本領発揮されてる
9. Ain't No Way
この壮絶・壮大なバラードも、ジェニファーの魂が素晴らしく。とにかくラストのサビに駆け上がるところまでの高域に圧巻
10. (You Make Me Feel Like A) Natural Woman
アレサの2015年末の歌唱が印象的はあるけど、当時この曲を至極堂々と歌われていたシーン、ジェニファーがこの曲に掛ける思いも相当伝わります、鳥肌!14年前にも歌ってたんでですね、感動


11. Chain Of Fools
ヒット曲オンパレード、どこまでもシレっと歌いこなしている感が勇ましく
12. Think
これまた軽快に2分弱、当時のアレサ27歳くらい、今ジェニファー39歳なので、この歌い上げはもう感動しかない。合間はアレンジでヴォーカルパート少なかったり、これはシーンなのかジェニファー配慮なのか?!


13. Take My Hand, Precious Lord
オールタイムベスト未収録、Amazing Grace より、オルガンの音が改めてこの映画ヴァージョンだなぁと思うきらめき、ジェニファーの獅子っぷりも強弱染みる
14. Spanish Harlem
連続でゴスペルではなく、1970年代のアレサ、結構曲に忠実ながら曲の重ね方がやはり当時とは異なるなぁと、似てても今は真似しがたいものもあるんだろうなぁ
15. I Say A Little Prayer
オリジナルと異なるお洒落な感じで、聴きやすく、そして進化しててこれはこれであり。個人的にはアレサの最後のオフィシャルのライヴと言われる2017年11月の音源に敢えて寄せているような印象を受けました


16. Precious Memories
2曲空けて再度ゴスペル、これもオールタイムベスト未収録だけど、クワイアとの掛け合い・緊迫感が本当素敵なんだけど、でも意外なところで終わる。。。
17. Amazing Grace
と思ったら、この曲にバトンタッチ、まさにハイライト5分に亘り、会場の熱と鎮まりも
18. Here I Am (Singing My Way Home)
新曲。なんとCarole King とジェニファーの共作、いろいろな意味で感動します。前半はゴスペル的であり、そして中盤からはミディアムスローのバラードとして昇華。言うならば"Someday We'll All Be Free" 現代版のような 、アレサに捧げる曲のよう


18曲・58分ほど、ジェニファーのアルバムになっているなぁと、また愛情もバシバシ感じる。その一方で本当にアレサというシンガーは唯一無二だったんだなぁと、ジェニファーが張り合っても分かるのが印象的でした。アレサの生身で天性で、粗削り―そんなのを感じつつ、アレサは今後も時代を超えて語り継がれるべくシンガーだなぁと痛感できるサントラでした。サブスクからなので申し訳ありませんが、映画公開日についてや、国内盤CDなんかにも期待してます。


Visitor

    Search in this blog
    Categories
    Archives
    Website for Aretha's Fans
    アレサ・フランクリン・ファンサイト
    Profile

    YO-SUKE

    Every Day MOBILE!!
    QRコード無料作成

    Twitter
    Blog Ranking
    にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 音楽ブログへ
    是非、クリックにご協力ください!  
    Comment