SOUL FOOD, SOUL LIFE

【ほぼ毎日“R&B/SOUL”のCD全曲レビュー】Aretha Franklin の来日祈願と、YO-SUKE の日常備忘録も

●Soul / Funk

R.I.P Otis Rush / Right Place, Wrong Time (1976)

515woKvPyUL__SX425_2018年9月29日、ブルースシンガー・ミュージシャンのオーティス・ラッシュが逝去されました、84歳でした。個人的にはオーティスとなるとレディングだったりするのですが、彼のことは知ってて、ブルースで偉大だなぁと、でも古い作品ばっかたったからご存命かどうかもチェックしてなかったけど、近年まで結構コンピなどは出てたようで。彼自身は実に1956年から地道にシングル盤をリリースしてきていたようで、キャリアは実に62年。1969年には初アルバムもリリース、今回取り上げるのは自分が唯一購入していた1976年のアルバム。きっと有名なんだろうねリイシューも多くされてたようだから。知識は全く無いながらの、にわかですが、追悼の意を込めて拝聴いたします。

1. Tore Up
ハスキーに、余裕な浮いた感じの歌唱がクラプトンぽく。演奏自体はブルースであり、ジャズクラブの軽やかなシーンを想起


2. Right Place, Wrong Time
タイトル曲はめっこり地道なブルース、熱はあるんだけど、マイペースな緩さが心地よいかな。大音量で聴くとより映えそう


3. Easy Go
凄く稚拙な表現になるけど、ブルース・ブラザーズのウキウキフュージョンのシーンに近いかなと。ギター前面に、でも楽しそうに裏手に回る演奏人もナイスアシストで
4. Three Times A Fool
演奏部多めだけど、挟むヴォーカルはなかなか的確で、ギターとの疑似デュエットみたいな感じに掛け合うのが心地よいポイントかな
5. Rainy Night In Georgia
ギターを変えて、雨の夜のジョージアを表現。低域で零すような歌唱も哀愁、なんか切なさが降ってくるような。ホーンがネガティブを消してくれるような相乗
6. Natural Ball
B面、曲調は変わってブギーにサイケに、時代もどこにあるか、自分的には40-50年代のツイスト気分。ヴォーカルはロックを表現、だいぶブギブギと高揚
7. I Wonder Why
よくある出だし、もしや超有名?演奏で押し倒すけど、泣きのギターだったり、オルガンのソウル感だったり、全体で迫りゆくもの全てが情熱溢れてる


8. Your Turn To Cry
鉄板なんだろうな、絞りつつうねるよなヴォーカル、ギターもピアノも各自個性が出てるし、なんか統一感ないようで、最後はギターが締めてくれる爽快
9. Lonely Man
アルバム中最も短い3分弱、ノリ良く、そして荒ぶるヴォーカルは魅力。だいぶ調子変えずに豪快に、でもフェードアウトで強制終了なのが敢えて?
10. Take A Look Behind
ラストは6分に迫ろうかと最長の分数でバラードかましてきました。なんか歌部もあれ、結構演奏に任せていくような全体、高域を叩きのめす感じで、ソウルがパンパンにはみ出し

10曲・41分ほど、あんまり聴いてなかったジャンルではあるけどソウルとも密接に近いなぁと。あと、彼が燦然とブルースに徹している中で聴けるいろいろなジャンルもミックスされているようで、音楽史を感じたというか。結構熱あれさっぱりした作品。だから聴きたくなる作品なのかなぁと素直に。オーティス・ラッシュ氏、合掌!

Right Place, Wrong Time
Otis Rush
Hightone Records
1990-10-25

Otis Rush オーティスラッシュ
Pヴァイン
2009-03-17

ライト・プレイス・ロング・タイム
オーティス・ラッシュ
Pヴァイン・レコード
2009-03-18

The Impressions / Check Out Your Mind! (1969)

61fO1LsnYGL__SS500カートムに移籍した前作The Young Mods' Forgotten Story から約1年振り・通算12作目は、Curtis Mayfield が最後に在籍したアルバムでR&B22位止まり。でもジャケで笑顔の3人が微笑ましく。個人的には、2週間前のインプレッションズの唯一の来日公演がとにかく嬉しく楽しく、アレサ逝去後の癒やしになってたりします。やっぱりカーティス居ると安定感なんだけど、そうでなくても、最高なグルーヴ、流石カートム品質だったりしますが、2014年には国内でもCD化されたりと再評価。

1. Check Out Your Mind
2ndシングル、R&B3位・POP28位を記録。カーティスの声を被うようなコーラス、旋律は並列、音はスリリングに向かって70年代の幕開け。カーティスの歌唱も変化、ホーン多様で重厚感がクール


2. Can't You See
2ndシングルB面。甘いゆったりした空気感に、どこか懐かしい感じのストリングスがメロウに。でも、吹き抜けるホーンも新しく、時代が行き交うような癒やし
3. You're Really Something Sadie
ミディアムの中で、かなりカーティスのソロ作にも近いような呟き歌唱。コーラスが入って、甘み・旨味がにじみ出る感じかな。サビのちょっとの音階のズレみたいなのが余計にそそったり
4. Do You Wanna Win
ホーンうねうね、ドラムも結構ハイパーに、更にはギターの波打つ感じは最高。ソロでフレッド挟んだり、グルーヴが鼓動しまくってる全体演奏
5. You'll Be Always Mine
1stシングルB面。ブルブル震え立つようなストリングスに、安定的なカーティス、たまに出るピアノが良い味。一貫した泥臭さと煌めきの織りなし
6. Only You
良きアメリカを表したような平和さ、キュンキュンさも出過ぎてて、しっぽりしている印象も
7. (Baby) Turn On To Me
3rdシングル、R&B6位・POP56位を記録。似た感じは続くけど、ホーンとプラスαで飾るグルーヴ、出だしから声の揺れみたいなのは惹き


8. Madam Mary
出だしの不協和音みたいな感じから、ちょっと入り組んだメッセージ性の高いものに移り変わって戦略的。混沌としつつも攻め
9. We Must Be In Love
なんか、青春まっしぐらな恋愛ドラマを慎ましやかに示したような。カーティスにフィットしつつ、コーラスもどんどんカーティスに乗り移るようで、正にインプレッションズとしては過渡期
10. Say You Love Me
1stシングル、R&B10位・POP58位を記録。ラストは、どこか終着のように、しみじみと歌われるようで、音も柔和に細やかに


10曲・33分、一環としたまとまりのアルバム。その中でも、カートムに移ったことで、だいぶ音の感触はグループの中でも実験的。ソロ作とは異なりはするけど、インプレッションズとの昇華が楽しめる作品かなぁと。ただ、パンチは薄め、クロスオーヴァーヒットとはならず、良くも悪くも、時代を置いたままにインプレッションズの脱皮という程でもなく。

チェック・アウト・ユア・マインド!
ジ・インプレッションズ
ワーナーミュージック・ジャパン
2014-07-09

Check Out Your Mind!/Times Hav
Impressions
Imports
2018-01-19

The Impressions @ Billboard Live Tokyo (2018)

41691111_868035423393601_9130000598890971136_n遂に初来日、往年のソウルグループ、インプレッションズ!実に結成から60年の歴史を持ち、今尚オリジナルメンバー含む現役トリオにて。それでも、今回が引退ツアーらしく、最初で最後の来日公演となりました。

個人的にはアレサが亡くなって約1ヶ月、ほんとアレサの音楽ばっか聴いてたもんで、「そういえばインプレッションズのライヴ、もう時期だ」と思って、インプレッションズのアルバムを聴くと、Curtis Mayfield の優しい歌声が。カーティスと言えば、アレサとタッグを組んだアルバムSparkle 、個人的に大好きなアルバム。アレサからカーティスにバトンタッチして、なんか個人的レクイエムみたいな感じになってました。でも、アレサから、カーティスに繋がれた音楽。そして、今日ここでカーティスが在籍したグループを奇跡的に見れる喜び。そしてライヴ入場を待っていると、アレサが表紙のビルボード誌。なんとも自分を読んでいる感じが勝手にしましたね、当然のように即決購入。

41691111_868035423393601_9130000598890971136_n自分が行ったのは2018年9月11日、初日公演の2ndステージ。メンバーは以下

Sam Gooden (Vocals) 1958- ※写真だと太っちょな感じの方、既に84歳
Fred Cash (Vocals) 1960- ※左手優しそうなお父様、77歳
Jermaine Purifory (Vocals) ※アメアイなんかも出てたらしい、ググったら

Joe Herrera (Trumpet)
Reggie Pace (Trombone)
Matt Rippetoe (Saxophone)
Bill Dempsey (Keyboards)
Zach Cutler (Guitar)
Eliot Seppa (Bass)
Marty Bouchard (Drums)

41611728_868034013393742_3165093109889499136_nバンドは7名、初っ端からインプレッションズの当時の音の再現、低域フレッド・キャッシュと中域ポップにサム・グッデン、最強ファルセットの安定感で新入り若手ジャーメイン・ピュリフォリー。絶妙なソウルジャム!名曲オンパレードで、会場も口ずさんでしまうニンマリ。バラードも挟みながら、うきうきソウルを軽快に。"It's Alright" "I'm So Proud" "Gypsy Woman" "Mighty Mighty (Spade & Whitey)" "Choice Of Colors" と60年代をなるべく時系列で振り返るような流れ。一旦袖に下がって、バンドは何ともカーティストリビュートのファンク演奏、"Freddie’s Dead" "Give Me Your Love" "Superfly" まさか日本でカーティスの音を聴けるとは!再び2曲やって、袖に戻って、再度演奏では"Move On Up" 凄すぎる!!ラストは再度登場で"People Get Ready" にて70分のステージは終了。いやー、ほんと素晴らしいライヴでした。彼らが未だにソウルを歌い継いでくれてたこと嬉しい限りです!

ビルボードライブ東京HP
ビルボードライブ東京HP、ライヴレポート

<過去レビュー>
The Impressions
1963年 The Impressions
1968年 We're Winner

Curtis Mayfield
1971年 Roots
1971年 Curtis/Live!
1973年 Back To The World
1973年 Preacher Man The Impressions (without Curtis Mayfield)
1973年 Curtis In Chicago
1974年 Got To Find A Way
1974年 Sweet Exorcist
1975年 There's No Place Like America Today
1977年 Never Say You Can't Survive
1978年 Do It All Night
1979年 Heartbeat
1980年 The Right Combination (with Linda Clifford)
1985年 We Come in Peace with a Message of Love
1988年 Live at Ronnie Scott's (CD)
1988年 Live at Ronnie Scott's (DVD)
1990年 Take It To The Streets
1990年 Superfly 1990 (ft. Ice-T)
1994年 Live In New York City 1971
1996年 New World Order

Leroy Hutson
1973年 Love Oh Love
1974年 The Man!
1975年 Huston
1978年 Closer to the Source
1982年 Paradise
2018年 Live @ Billboard Live Tokyo

Carla Thomas / Gee Whiz (1961)

51NpwwmOp4L米軍基地ライヴを除くと、単独での来日公演は2018年が初となるカーラ・トーマス、御歳75歳。アレサなんかが今年メディアに一切出ていないくらい心配で悲しい事態な中、カーラは現役だったのかと初歩的な驚きとともに、まずは今週末はフジロックへの出演から始まり、7月30日はビルビードライブ東京での単独公演。。いやー、楽しみすぎます。これまでも、少しはアルバムレビューしてきましたが、Amazon Unlimited よりデビュー作を。1966年からはStaxだけど、デビューは1961年Atlantic からで1枚だけアルバムリリースしてたようです。ただ、売れなかったみたい。でもシングルは結構それなりに売れてたみたいで、興味深い当時19歳!

1. Gee Whiz, Look At His Eyes
1960年父Rufus Thomas との共演シングルをリリース後、単独では初リリース。1stシングルA面。いきなりR&B5位・POP10位を記録。初々しいポップ、スロウに、艶も青春の粒も、こういう音でアトランティックは攻めてたか、以外にも波止場系にも感じる。滑らかに、エネルギー抑えてるけど、コーラスとの微睡みが良い


2. Dance With Me
シェイク、プチ ツイスト風かな。可愛らしく、でも低域なんて存在感抜群だし。中域の伸びなんてドス聴いてるし、曲調と異なるカーラのふくよかな魅力満面
3. A Lovely Way To Spend An Evening
安定感あるしっとりバラード、余裕が良いね、アレサとは異なるテイスト、基本低域。でも音とのバランス的に歌謡が強め
4. Your Love
うっとりする歌唱、こねくり回すストリングスがくどくも華麗、まとわりつくようなヴォーカルはうまく映えて、彼女の陶酔度が素晴らしく
5. Fools Fall In Love
軽快なリズムに惑うことなく、小刻みに堂々と歌われる、作風変わった感じの曲。彼女の新たな一面とサウンドの面白さを楽しめます
6. To The Aisle
しっぽり安泰なサウンドに、覇気もって歌われる感じで、ヴォーカルの圧は響くし、一方でコーラスとかピアノは控えめ
7. The Masquerade Is Over
B面スタート。あれ、これ有名なやつだ。伸びも多く信頼感ある歌いっぷり、こんな歌手すげーって思える素晴らしさ、優しさも一部入ったり、絶妙
8. A Love Of My Own
2ndシングルA面、R&B20位・POP56位を記録。要素を色々バランスよく配したバラードかな、コーラスが結構目立つし、色味が確かに際立つなぁと


9. Promises
2ndシングルB面。可愛らしく、ときめきな音をはさみつつ、潔さのステップ。カーラの轟きのヴォーカル、強弱とピアノの劇的な交わりに惹かれるなぁ
10. It Ain't Me
基本に戻ったようなしっとりバラード、収まりの良い展開、あっちゅー間のささやかな展開、定番な感じで流れていきます
11. For You
1stシングルB面。ツイストママ、ちょっと雑多に歌う感じも微笑ましい、声質はGladys Knight にも近いかな、ハスキーにも、ただ線の違いがあって、どこか放つ曲線があってその違いが個性かなぁと
12. The Love We Shared
ラストは、シングルばっかじゃない曲がならんで、このバラードを入れてきたのが巧みに素敵。エモーショナルで、若さもあるのに、どこか万人を安らげてくれるような美しさ

12曲・30分超、キラキラしたステップの曲に、しっとりしたバラードをメインに、彼女の歌いっぷりを敢えて抑えた曲が目立つなぁと。コンセプト的に当時のソウルシンガーにも近い作風が多くも、女性ソロは希少だったし、結構目立つ興味の多い作品って気がします。まっ、今日においては、台風の影響で隅田川花火も順延の影響による、気まぐれ夜な夜なブログでした。

1965年 Comfort Me
1966年 Carla
1967年 King & Queen
2005年 Just Because I'm Leavin'... Rufus Thomas

Gee Wiz
Carla Thomas
Imports
2014-11-04

Gee Whiz
Carla Thomas
Imports
2014-04-22


Peabo Bryson / Crosswinds (1978)

R-1286349-1342558659-6158_jpeg1976年Bullet にてデビュー作を、その2年後には1983年まで在籍しヒットを連発することになるCapitol より、本作は同年2作目、計3作目。前作よりも好調に、初のPOP40入りとなるPOP35位、更には初R&B10入りをR&B3位という輝かしい記録にて!本作、実に40年も前の作品になるんですね。2in1 なんかではCD化されてたこともありますが、今はではAmazon Unlimited なんかでも聴けるようになり、拝聴。ARPシンセでPatrice Rushen がミュージシャンとして参加している作品!更には今年10月、Jam & Lewis と久々のタッグを組んだ新作を引っ提げ来日公演も決定。だいぶ騒がしくなってくる中、自分もデボラ・コックスをゲストに招いた来日公演が凄く楽しかったのを思い出します!

1. Crosswinds
2ndシングル、R&B28位を記録。タイトル曲、時代はディスコ全盛だったけど80年代を待つように、クロスオーヴァー的にアダコンな雰囲気もムンムン。ソウルの美しさも持ってるし、ジェントルに流れていくような展開が素晴らしく。ヴォーカルの完成度もなかなか


2. I'm So Into You
1stシングル、R&B2位・POP109位を記録。R&Bでは当時最高記録、美しく広がるシンセ、ストリングスのように、ゆったり奏でる落ち着いたトラックに、伸びやかなヴォーカルは燦然に広がる。間も持たせつつ、とにかく広域の安定感・凄みは卒なく素敵


3. Smile
ディスコも果敢に、ただサウンドが結構明るみに、彼のヴォーカルがかき乱されそう。でも食らいつくピーボ、周りと一体に楽しそうだから無問題かな
4. She's a Woman
3rdシングル、R&B44位を記録。しっぽり聴かせる哀愁感、まだ当時彼は27歳とかだったわけで、ほんとジェントルに愛に溢れた伝道師という感触で歌い上げていく、粒まで的確に丁寧


5. Point of View
B面、ちょいスペクタルに、シリアスに、即興風というか、非常に難しい階層を歩む感じで聴き入っちゃうな。なんか独自に開拓しちゃう歌謡アダコンソウル
6. Spread Your Wings
とにかく仕込まれた喉は、ずば抜けた領域。どこまでも羽を広げて行ってしまいそう、心地よい開き具合、もう搖れて揺られてどこまでも
7. Don't Touch Me
スロウでも、ヴォーカルの威力はとどまらず、更に威力は発揮。シンプルだと、より伸びやかに彼の魅力は極限の世界へ
8. Love is Watching You
コーラスと共に、地を這うように作られる、結構肝がしっかりしたタイプ。個人的には遅咲きLuther Vandross よりも先に成功して前を進んだ感じくらいに、バックミュージシャンやコーラスに引けを取らないリズム、持って行き方ナイス

8曲・42分、とにかく彼のヴォーカルが凄い。相当術が備わってるし、ミュージシャンの凄そうだし、更にはそれを纏めるプロデュースワークも凄い。彼のヴォーカルが活きるポイントがわかってるからなのか、新しい世界観にぐいぐい引っ張られる。最高クラスの20代ヴォーカル、歌が美味いだけじゃなく抑揚含め、強弱やら、そのバランス感、曲が映えることが見事!

<過去レビュー>
1979年 We're The Best of Friends with Natalie Cole
1983年 Born To Love with Roberta Flack
1984年 Straight From The Heart
1985年 Take No Prisoners
1989年 All My Love
1991年 Can You Stop The Rain
2012年 Live at Blue Note Tokyo with Deborah Cox

Reaching for the Sky/Crosswinds
Peabo Bryson
Soulmusic.Com
2011-03-22

Crosswinds
Capitol Catalog
2011-08-30

Visitor

    Search in this blog
    Categories
    Archives
    Website for Aretha's Fans
    アレサ・フランクリン・ファンサイト
    Profile

    YO-SUKE

    Every Day MOBILE!!
    QRコード無料作成

    Twitter
    Blog Ranking
    にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 音楽ブログへ
    是非、クリックにご協力ください!  
    Comment