SOUL FOOD, SOUL LIFE

【ほぼ毎日“R&B/SOUL”のCD全曲レビュー】Aretha Franklin の来日祈願と、YO-SUKE の日常備忘録も

●Other Music

Coldplay / Kaleidoscope EP (2017)

220px-Kaleidoscope_(EP)コールド・プレイ、2015年にリリースされた7th A Head Full of Dreams は個人的にも凄くハマって(レビューしてない事に今回気づく…)、昨年4月の東京ドーム公演はホント楽しかったなぁと回想するわけですが、"Adventure of a Lifetime" "Hymn for the Weekend" "Up & Up" "A Head Full of Dreams" "Everglow" と5曲ものモンスターヒットを排出し、同年6月には今回取り上げるEPがリリースされているではないですか。それもデジタルだけではなく、きちんとCDでも(アルバムチャートPOP15位を記録)。何より手に取りたくなったのは未発表曲があるとかじゃなくて、4曲目の東京ドームライヴでの音源を含んでいること、粋過ぎる!!そんでもって、今回はあの時の感動と興奮を胸に、敢えて本作を取り上げてみることに!

1. All I Can Think About Is You
不思議な空気感、こういったシリアスなんだけど引き延ばして延々、独特の世界観に仕上げるの上手いなぁと、惹き込まれる。後半、血管がブチ切れるように盛り上がりを見せて、豪快なロックスタジアムモードに

2. Miracles (Someone Special) (with Big Sean)
アルバムのボートラとは異なる、ビッグショーンを招いた別ヴァージョン。彼ららしいサウンド、ちょっと篭ってるけど、サラっとラップ入れたり、アメリカ多種なコラボ相性良いなぁと


3. A L I E N S
アニメ的なリリックビデオ用意するなど、彼らのプロモも上手い。ちょっとシリアスにウネっとしてるのに、ヴォーカルはどこか安泰に冷静というか


4. Something Just Like This (Tokyo Remix)
これ、PVは若干編集あるけど、映像見たら更に鳥肌。個人的に、この曲のリリックビデオはヘビロテだったし、これでChainsmokers とか凄くすきになって"Paris" とかもハマったし。改めて、東京でのテイクを採用してくれたこと、東京の感動が詰まってること、歓声含め臨場感がヤバイ


5. Hypnotised
完遂、全曲PVあるし、リリックビデオだけど。いやー、こういうの大事だね。今や曲に映像イメージ化、凄く記憶に浸透する。あれ、これ聴いたことある。なんだろ、ライヴかな?凄く良い、自然と融合、嬉しい音源


5曲・25分程。彼らのプロモーションだったり、EPで小細工仕掛けて、それもイヤミがないし。発見あれ、感動あれ、こういうのって大御所っていうか、まだまだ攻めてるバンド、それも引きの部分も持ってるわけだし、凄いなぁと思える。この短さなら何度でも心に注入したくなるし。久々にEPでこんな充実作と出会えたなぁと。

<過去レビュー>
2014年 Ghost Stories
2017年 Live at Tokyo Dome

Kaleidoscope Ep
Coldplay
Wb / Parlophone
2017-08-04


Ed Sheeran / ÷ (2017)

81MVp7I+p8L__SL1425_エド・シーラン最新作3年振り・3作目は米英1位を獲得。更にボートラまで16曲がオーストラリアではチャートイン、更にアメリカでは全米1位だけでなく、もう1曲ランクインで初登場でPOP10に2曲ランクイン。さらにイギリスでは初動3位の売上を記録。ここまで偏って大ヒットというのも驚き。あと、デビュー作+(plus), 2nd ×(mutiply) と来て(X : エックスだと思ってた…)、3rd ÷(divine) って、完全にAdele 19, 21, 25 のシリーズと一緒。次は-(minus) になるのでしょうか。最近やけにスカパーで特集してるなぁと思ったら世界的にフィーヴァーだったんですね。全曲試聴可能になっているので、興味深く取り上げてみました。

1. Eraser
POP90位を記録。感触良く、どこか疑問的な与えがあるサウンド、1曲目ってよりも、なんか不穏さが気になるオープニング。ヴォーカル重なりはアイドルグループなども多用できそう


2. Castle on the Hill
1stシングル、POP6位を記録。Coldplay のようにノリが良く、全体の盛り上げな音も痛快に、エドの愉しさ溢れる歌い上げと混じり、洗練としたポップ


3. Dive
POP49位を記録。アコースティックに、切々と、重たさと軽さの両面がいい感じで裏腹な実直なミディアム


4. Shape of You
2ndシングル、POP1位・Dance1位を記録。なるほど、男の色気あたりJustin Timberlake みたいだし、オリエンタルに世界旅行のよう、音の放浪というか、アコースティックにも渦のように迫るコーラスとの絡みが旨い


5. Perfect
POP37位を記録。決意だったり躍起だったり、辛さをかき消すような強弱なヴォーカルが染みるアコースティック


6. Galway Girl
POP53位を記録。カントリー的に、テンポよくリリックを展開、この辺りの爽快さは人種問わず耳馴染みに繫がってるんじゃないかな。サビの溢れる音の庄も心地よく


7. Happier
POP59位を記録。ポップスというか、地下からの切ない叫びのようで、幸福をどこで感じるか、その不透明さ・真実可否、彼のエナジーにて色々な解釈ができるなぁと


8. New Man
POP72位を記録。あっけらかんとしたアコースティック・ポップス、軽快に上質に、気持ちよく聴けるグルーヴィ


9. Hearts Don't Break Around Here
POP93位を記録。しっとりと交わすようなヴォーカル、ため息のように、なんかコロンと、心の粒を吐露するような小さな曲


10. What Do I Know?
POP83位を記録。重なったリードで面白い響きを生みだしつつ、あっけらかんとした面白さを引き連れながら進行する、休息的な位置付けの曲かな


11. How Would You Feel (Paean)
プロモシングル、POP41位を記録。なんか、しんみり終盤に癒しというか、ほのかな優しさを与えてくれるような空っ風ミディアムスロー


12. Supermarket Flowers
POP75位を記録。スーパーマーケットの花、こういうのに焦点を当てて、切なさ、日常の喜びを表現する、なんか彼が素朴に愛される所以かなぁと


<Bonus>
13. Barcelona
POP96位を記録。アルバム本編に入ってても楽し気な、肩の荷を下ろしたような、ほのぼの曲


14. Bibia Be Ye Ye
軽快すぎるくらいに、リリックも裏方な音もご機嫌にスピーディにハッピーに、決して新しい世界観でもなく、彼が織り成す展開に惹きこまれるんだよね


15. Nancy Mulligan
中低域徹し、まるで北欧のお祭りのように、みんなでスキップして踊って祝うように、リリックは変らずご機嫌タイプに


16. Save Myself
ラストは、ちょいと神妙に、憂いに歌う。丁寧に粒を紡ぐように、随一の心を込めたバラードという感じで


12曲・46分、ボートラ4曲追加で計59分半。既に本作から13曲がPOPチャートインって、そりゃNicki Minaji だって、数年でビルボードキャリア55年のアレサのPOPチャートイン女性記録73曲をいとも簡単に抜いちゃうよね…(横道)。さてさて、彼の実直ながら積み重ね技というか、アコースティックに於いても独自の奏でがうけてるんだろうなぁと。あとは聴き心地に尽きるような、強さも弱さも独自の加減があって、次々と楽しめる要素になってるような。何度聴いても脂っこくない幸福感が良いんだろうなぁと。

Divide
Ed Sheeran
Atlantic
2017-03-03

Divide - Deluxe Edition -
Ed Sheeran
Atlantic
2017-03-03

【早期購入特典あり】÷(ディバイド)(A2 ポスター付き)
エド・シーラン
ワーナーミュージック・ジャパン
2017-03-03

George Michael / Patience (2004)

61rrtNiNhwL__SL1500_純粋な作品としては約8年振り、そして前作のカヴァー作品からは4年3ヶ月振りとなり、実質これが最後のオリジナルとなった2004年作で、POP12位を記録。特に前作からは、プライベートの話題が持ちっきりな感じで、だんだんお騒がせ歌手的になってしまってたのは残念。ただし、彼は吹っ切れたかのように、社会風刺的なアルバムを作り上げてたなぁという印象です。1st Faith にあったような時代を切りこむ感じは無くなったにせよ、彼の失われてない個性的なヴォーカルを今回も楽しめます!

1. Patience
タイトル曲でスタートも、出だしはかなり地味で寂しすぎるピアノ1本の歌。これは意外だった…。敢えて、忍耐・辛抱、彼のここ数年抱えてきたものをストレートに捧げるような、考えさせられるような曲。ここまでだと、初期のアルバムにも近い脅威は感じる
2. Amazing
1stシングル、Dance1位を記録。ダンス混じりつつも、結構リズミカルとアコースティックギターとの絡みが独自のグルーヴに。まだまだ洗練された追求に


3. John And Elvis Are Dead
4thシングル。タイトルまんまにJohn Lennon, Elvis Presley を冠した作品で、彼の音楽や影響を表したミディアムスロー、これも独自の音で世界を描いているなぁと


4. Cars and Trains
一定のラインで音を保って、そこにセクシーさを塗す彼のエッジの効いた技が戻ってきたなぁと。プチファンクにもメランコリーに、音のるつぼな印象
5. Round Here
3rdシングル。ヒット性は薄くも、音の不思議さ・妖艶さ、彼の微睡みあるヴォーカルに溶け合うような、不思議な感触


7. My Mother Had A Brother
もう出だしから悲しい音、声。寂しさ、不甲斐なさ、彼はどこまでも極限を求めているようで、やるせなくなるようなスロウ
8. Flawless (Go to the City)
2ndシングル、Dance1位を記録。これは、はっちゃけたダンス。ここまで、どこまでも猛進してて、なんかアルバムの今までの流れ的には勿体ない気もするけど、ダンスだと彼の気性がでて面白くもあり


9. American Angel
ギター煌き、ヴォーカルも浮遊しつつ、声もどこか残像があり、なんかクラシカルにも3次元的な描きに不可思議な感触
10. Precious Box
アルバム最長の8分弱のハウス調、煌きを入れつつ、どこまでも疾走感を求め、後半には重厚感や混沌とした世界を敢えてダンスで導いたり、結構な傑作
11. Please Send Me Someone (Anselmo's Song)
ふんわりしたポップ、楽しそうに、小細工にヴォーカル抑揚をつけて、自由に奏でているなぁと。これと言う掴みがないのも特徴かも
12. Freeek! '04
2002年に発売されていたシングルのニューヴァージョン。彼が社会風刺なんかに躍起だった頃、猛進かけていたシングル。この前にリリースされたベスト収録の新曲"Outside" なんかにも近い嚙みつきを感じる


13. Through
ラストは、心が洗われる、潤うような素敵なバラード。最後まで、彼らしいメッセージと、そして音の埋め合わせ方も絶妙だなぁと、しみじみ

<Bonus>
6. Shoot The Dogs
2002年にリリースされたシングルで、当時のジョージ・ブッシュ大統領を皮肉った曲としても話題になりました。自分はこの曲が入ってたことで、もっとパロディ寄りのアルバムと思ってたら、これはあくまでもボートラで、アルバム自体はだいぶ素晴らしいものになってて、良い意味で期待を裏切られたというか


14. Patience (Reprise)
実際、このリプライズに行く前13曲目はラスト30秒が無音になってるのが味噌。ピアノインスト1分半、余韻を楽しませる、前作同様の仕掛け、ボートラ盤万歳!

本編12曲・64分、ボートラ2曲追加で70分超。国内盤は更に"Please Send Me Someone (Anselmo's Song) (Alternative Version)" 収録で77分の極上に。1曲5分以上の曲が多く、かなり、どっぷり浸かって聴くような作品に仕上がってました。出だし、もっとフザケみたいなアルバム的なことを書きましたが、前情報がいかに断片的だったか反省。かなり全体を通して、満を持してリリースされた作品と実感できました。

Patience
George Michael
Sony
2004-05-18

Patience
George Michael
SONY MUSIC
2014-10-19

ペイシェンス
ジョージ・マイケル
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
2004-03-17

George Michael / Songs from the Last Century (1999)

51hlsXAfw3Lジョージ・マイケル、2年半振りとなるソロ4作目でPOP157位(・UK2位)を記録。カヴァー集でシングルカットは無し、カヴァーアルバムとなっており、完全にヒットを狙った感じがしないというか。自分は、多分廉価になった頃に買っておいたと思いますが、ほぼ聴いてなかったというか。アメリカでも前作はヒットしてたのに、このアクションはちょっとだけ勿体無いような気も。でも、彼が歌と対峙するに選んだアルバムを堪能してみたいと思います。

1. Brother Can You Spare A Dime
彼が20世紀で重視する歌を選んだだけあって、これは1930年のアメリカの超名曲。音域広く、彼の伸びやかな歌声と、シリアスにもゴージャスな演奏とのマッチが素晴らしく
2. Roxanne
1978年Police カヴァー、彼ならではの世界観・解釈にどっぷりハマれる!Older にもあったような、深みある噛み応え、余裕なスロウで魅了


3. You've Changed
1941年名曲、数々のシンガーによって歌い継がれてきたジャズ名曲。彼を通して、素敵な音楽を改めて知るという感じかな。リリック部よりも、上質な音に包まれる
4. My Baby Just Cares For Me
1958年ジャズスタンダード、Nina Simone ヴァージョンが有名かな。オールディーズ感ありつつも、ギターで軽快にクラシカルに、面白い懐かしいアレンジ。彼の楽しいオドケを少々
5. The First Time Ever I Saw Your Face
1972年Roberta Flack 名曲カヴァーで、2008年のLive in London でも披露された他、遺作となった2014年のSymphonica でも披露されています。アルバムのハイライトと言うべく、オリジナルの繊細でうつくしい世界を、実に儚く素敵にモノにしてます。心が奮い立つようで、温かくなるようで、彼の声の成分だったり感情の素晴らしさに、ただただ惹かれ


6. Miss Sarajevo
1995年U2 カヴァー、敢えて最近の曲。アコースティックに、語るように歌う、彼と音が同化したように淡く進行
7. I Remember You
1941年スタンダード、まるで夢の中でフワフワと浮いているような気分になるような、シャラランと、異次元の世界観
8. Secret Love
1953年スタンダード、久々のビッグバンド風、爽快な音と迫力で、彼のアグレッシヴを堪能。彼のヴォーカルの凄みが自然と溢れ、待ってましたという感じ。2分半程の急展開
9. Wild Is The Wind
1957年Johnny Mathis オリジナル。スロウにも、ディープに、意味深な解釈にて歌う様が彼らしく。世界観をより情緒的に
10. Where Or When
ラストは1937年スタンダード、緩やかに爽やかに、卒なくジェントルに歌い上げる術は健在、流石だなぁと。3分弱で終了

<Hidden>
10. It's All Right with Me (Instrumental)
10曲目の後、1分の無音を過ぎて1953年名曲スタンダードのインスト、余韻に浸らせる、かなり実験的な流れ

隠しトラックを入れて11曲・43分、今回は彼の音楽性の素晴らしさを感じつつも、クロスオーヴァーにヒットさせるような感じでは無かっただけに、コアなジョージのファンこそが喜びそうというか。地味目の曲が多かったため、彼の凄みはそこはかとなく分かっても、もうちょっと彼の先端を行く音楽を期待したかったなぁというのもあるかも。全体を通せば、彼にしか成せない質感で埋め尽くされた作品かと思います。

<過去レビュー>
1984年 Last Christmas Wham!
1987年 Faith
1990年 Listen Without Prejudice Vol. 1
1990年 Live In Europe
1993年 Five Live (EP) & Queen, with Lisa Stansfield
1996年 Jesus To A Child
1996年 Older
1999年 As with Mary J. Blige
2008年 December Song (I Dreamed of Christmas)

Songs From the Last Century
George Michael
Virgin Records Us
1999-11-17

ソングス・フロム・ザ・ラスト・センチュリー
ジョージ・マイケル
EMIミュージック・ジャパン
1999-12-06


Lisa Loeb & Nine Stories / Tail (1995)

71IULS4DXaL__SL1500_リサ・ローブ&ナイン・ストーリーズ、1990年Liz and Lisa 名義での Days Were Different 、1992年Purple Tape は売れず、本作はシングル"Stay" の起爆によってアルバムもPOP30位の大ヒットを記録。当時、女性ロックSheryl Crow, Alanis Morisette, John Osborne なんかがヒットしてて、その一方自分はDonna Lewis のような可愛らしいロックポップも好きで、その中にリサも超ド級!今日は、観測史上初の関東で11月積雪予想もあり、雪にまつわる曲を捜し…結構クリスマスアルバムに寄りがちだったんだけど、本作は普通にまだ取り上げてなかったオリジナルに収録(2曲目)だったので、選んでみました。

1. It's Over
アコースティックにミディアムに、まとわりつくようで、意思もあって、可愛らしさと強さ、そのバランスがたまらないんだよね。オープニングから、彼女の魅力はとびぬけ
2. Snow Day
この曲があったので、敢えて今日本作を取り上げた流れですが、雪の日って感じの細やかな感じはないけど、凛としててクール


3. Taffy
3rdシングル、POP106位を記録。この曲はメロディアスで強さもあって、当時結構好きな部分だったなぁ。アルバムのしっとりさから、ポップさの極みに

4. When All The Stars Were Falling
しっとり、柔らかさが絶妙に気持ちよい。小さめに入るコーラスなんかとの相性も素敵、声の畳みかけも結構術高いなぁと
5. Do You Sleep?
2ndシングル、POP18位を記録。力強さが魅力、可愛い女の子、でも可愛いだけじゃない芯のあるヴォーカル、感情の抑揚も素晴らしく


6. Hurricane
Bojrk "Joga" のような出だしも、壮大というよりも、語り歌という感じで、アコースティックの可能性を存分に広げてくれる
7. Rose-Colored Times
更に音をアッパーに掻き鳴らし、彼女の声とのアンバランスを楽しめるよう。今聴いても全然古さがないなぁ、個性も音も
8. Sandalwood
神秘的なアコースティック、彼女のヴォーカルが音に誘われヒンヤリ感。とにかく歌が上手いんだよね、抑揚もも素敵で
9. Alone
王道ロック、激しさは薄めだけど、彼女が歌うことで場が変わるというか、雰囲気を変えていける感じがするんだよね、その変化が面白く
10. Waiting For Wednesday
4thシングル、POP83位を記録。軽快なポップロック、リリックも詰め込んで、結構トッポイ曲に仕上がってるなぁ、洒落た奏で

11. Lisa Listen
自身への語り掛けなのか、意思と思いがしっかり地を這ってるスロウ、しんみりもするけど、彼女の感情の響かせは流石
12. Garden Of Delights
アルバム終盤、かなりジャカジャカとギターを走らせ、勇ましさ輝き!声と音がくすんだ感じも、おどけたスキャット連呼だったり、要素色々詰め込み
13. Stay
1stシングル且つOST Reality Bites より、POP1位を記録。もう、これは鉄板超名曲。出だしの音、声、音の流れ、丸み、包容、優しさ、そして流れの持っていきかた、3分という短い中のストーリー素晴らしく


13曲・44分弱。彼女の個性、このサウンドだからこそ映えるってのを、絶妙に選んできた感じがします。彼女はダンスとかR&Bとかジャズじゃないなぁと。このアコースティックだったり、ちょっと強めのロックまでが、うまく融合してて、彼女を世に知らしめる最適なアルバムに仕上がってると思います。全曲捨てなし、流れも最高!

<過去レビュー>
1996年 Waiting For Wednesday

Tails
Lisa Loeb
Geffen Records
1995-09-26

テイルズ
リサ・ローブ&ナイン・ストーリーズ
ユニバーサル インターナショナル
2001-11-21

テイルズ
リサ・ローブ&ナイン・ストーリーズ
USMジャパン
2012-09-19

テイルズ
リサ・ローブ&ナイン・ストーリーズ
ユニバーサル インターナショナル
2005-04-21

Visitor

    Search in this blog
    Categories
    Archives
    Website for Aretha's Fans
    アレサ・フランクリン・ファンサイト
    Profile

    YO-SUKE

    Every Day MOBILE!!
    QRコード無料作成

    Twitter
    Blog Ranking
    にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 音楽ブログへ
    是非、クリックにご協力ください!  
    Comment