SOUL FOOD, SOUL LIFE

【ほぼ毎日“R&B/SOUL”のCD全曲レビュー】Aretha Franklin の来日祈願と、YO-SUKE の日常備忘録も

●R&B / Hip-Hop

Peabo Bryson / Stand For Love (2018)

41VA0iJ8tfL__SS500ピーボ・ブライソン、実に11年ぶりとなるオリジナルアルバムは、James Harris III, Terry Lewis とタッグを全面的に組んだ意欲作。嘗てのR&Bファンも相当に注目になっているはず!最近、Janet Jackson の復活だったり80年代組がこぞって活躍目覚ましいのが嬉しいところ。来月10月には絶好のタイミングでブルーノートにも来日、今回は完全ソロで。チャート的には奮ってないかもだけど、アダルトチャート的にはきっと奮闘しているはず、それくらいに当時のファンからしたら全開に鼻血。

1. All She Wants To Do Is Me
溌剌としたヴォーカルは67歳と決して思えない艶だったり、彼自慢の伸びも健在だし、まだまだ張れる唯一無二の超旨ヴォーカル、バックトラックも健やかに馴染めるし


2. Love Like Yours And Mine
先行シングル、雲行きあるしっとりしたバラードにも、声の迫力がどこまでも轟く。小細工じゃなく、メロディに酔いながら、音はゆったり気持ち良い流にて


3. Looking For Sade
アコースティックギターでブルージーに、低域にも圧の聴かせるヴォーカルは素敵で。どこか、匂わせ、感じさせ、アレンジの不可思議さが奥行きを持ち、新しい世界観
4. Stand For Love
タイトル曲は覇気ある感じだけど、どこかスリリングに、映画模様な身震いさだったり、響かせ方が杞憂で、ヒップホップさだったり、ちょっと重たさも入れ込んだり、噛みごたえたっぷり


5. Goosebumps (Never Lie)
正統派なバラード、なんかピーボじゃないみたい、個人的にはElton John のクロスオーヴァーなバラードにも聴こえるから不思議、淡くもどっしりとした構え
6. Exotic
Asian Philharmonic Orchestra が奏でる音に、丁寧に歌われるヴォーカル、積み上げていく情景、高域もサラリと信頼感、とにかく寄り添える安定
7. Here For You
なんか平和にみんなで歌いたくなるようで、コーラスの暖かさが気持ちよく。ピーボはだいぶ映画音楽のようにストーリー帯びる感じで、いやー、どこまでも果てしなくスーパーヴォーカル
8. Smile
6曲目に続きオーケストラを入れての美しさで、エンド。メロディもほっこりしててツボ押さえてて、聞き手を癒す力のあふれるサウンド、ピーボのヴォーカルはとどめ
9. Peabo's Classic Melodies Live From Los Angeles 2018
"Feel The Fire", "I'm So Into You", "Tonight I Celebrate My Love (with Chante Moore)" という豪華ヒットメドレー、今年のライヴより。これが来日で聴けると思うと感動なんだけど、アルバム本編と異なる自由度と躍動あれ、素敵な血の通い、ソウルフルさを味わえて悶絶。もちシャンテの参加は卒倒

本編8曲・35分、ボートラというかライヴテイク入れて40分半という短さですが、彼の現役感を凄まじく見せつけてくれた作品。個人的にアルバムでもこんなに未だ素敵なヴォーカルを保持してたことに感動。触れ込みでは音だったんだけど、ジャムルイとのバランスもあっての生み出しかもしれないけど、一環して気持ちよく、素晴らしいブラックコンテンポラリー作品、正統派すぎて感動で泣きそうでした。ぐっときます。

<過去レビュー>
1978年 Crosswinds
1979年 We're The Best of Friends with Natalie Cole
1983年 Born To Love with Roberta Flack
1984年 Straight From The Heart
1985年 Take No Prisoners
1989年 All My Love
1991年 Can You Stop The Rain
2012年 Live at Blue Note Tokyo with Deborah Cox

Stand For Love
Peabo Bryson
Caroline
2018-08-03

スタンド・フォー・ラヴ
ピーボ・ブライソン
Hostess Entertainment
2018-08-03

Stand For Love
Flyte Tyme Productions, Inc. / Caroline / Hostess
2018-08-03

Ruben Studdard / Ruben Sings Luther (2018)

51x5sNsV+kL__SS500ルーサーが逝去して、13年になろうとしている時、デビュー時からルーサー曲を取り上げてた彼がルーベン・シングス・ルーサーと銘打ったライヴツアーを発表。その連動としてリリースされた全ルーサー・ヴァンドロス曲で構成されたトリビュート作を。最近不調気味だった彼を押し上げる、ルーツにも近い内容かな個人的にはインディーシンガーのMarc Staggers とか、Darwin Hobbs あたりがルーサーには近いと思うけど、メジャーどころでは彼の思いみたいなのは強いのは間違いなく。

1. Always And Forever
どっしり素敵にストリングス、ホーン。正にAn Evenig with Ruben Staddard がスタートするに相応しい。彼なりの鳴りで、そして噛みしめるように歌う真摯さが素晴らしい
2. Never Too Much
早口リリック、ストリングス(ディープにも最高)、ベースラインも迫力あってカッコイイ!その一方で、ここで露呈するのは案外ルーベン声が細い。ファルセットコーラスはクールなんだけど、地声が弱め?インパクト欠けかも


3. So Amazing
ここまでは鉄板の選曲、ファルセットの通いなんて美しいし、彼はバラードにこそルーサーとの粘着性が高いかも。女性コーラスとのバランス、何よりオリジナルの尊重、心が引き締まる
4. Don't You Know That?
ちょっと意外性な曲が連続、2曲目とは異なるけど若干挑戦的に、楽しげなんだけど、どこか操られてる感じもする。やっぱルーサー曲はアドリブ音階含め難しかったんだろうなぁと実感
5. Bad Boy / Having a Party
これをカヴァーしてきたか、ルーサーの遊びココロ、ベースラインは流石ににたまらん、こういう曲で流れるように歌われると悶絶、でも演奏の凄みが強いかも
6. Love Won't Let Me Wait
ルーベンなりのアドリブもあるし、ゆったり、無機質に、でも温かさも。交錯がたまらない、ルーベンはファルセット多様だとかなり色味が増すなぁと。アルバムのハイライトとて7分超
7. Here And Now
ルーサー鉄板のバラード、高域あたりは一部オーヴァーラップしちゃいましたよ、ほんと素敵で、うっとり
8. Til My Baby Comes Home
ちょっと遊んできたなぁ、出だし、ライヴ映えしそうな音圧。80年代も最前線にゴリゴリ、クール。緩急になったけど、歌自体は淡々
9. A House Is Not a Home
まるでモノマネ合戦にも近い、ルーサーの代名詞的なアドリブスローバラード、随所ルーベンはルーサーになりきっての歌、面白すぎる、継承が嬉しすぎる

10. Power of Love
ラストは、ルーサー葬儀でも全員で歌ったポップの至極。そして愛と平和、この思いはルーベンからもしっかり汲める、素敵なラストになってると思います

10曲・48分、変化球あれ、名シンガーだったルーサーをこのタイミングで取り上げてくれたことが嬉しかったなぁ。2曲目のようなルーサーのカヴァーが難い曲なんかを聴くと改めてルーサーの凄みを知れちゃうんだけど、ルーベンのルーツ、改めて堪能。抑えておく曲が定番に寄っちゃうけど、これはツアー共々話題になりそう!

<過去レビュー>
2003年 Soulful
2004年 I Need An Angel
2009年 Love Is
2014年 Unconditional Love

Ruben Sings Luther
Ruben Studdard
CD Baby
2018-03-09

Sam Smith / The Thrill of It All (2017)

51u-wuRZGpL__SL160_サム・スミス、満を持して放たれる3年振りの新作は遂にUSでも制覇、UK・US POP1位を記録。とにかく前作は売れに売れまくった!元はダンスチームのフィーチャーからスタート、ちょっと違うけどBruno Mars にも近い起用。今回は彼の胸の内をもっと露骨に示すような、それもジャケは完全モノクロばっかで暗い。それでもしっかり評価と来たもんだ、R&B通にも評価は良かったり。

1. Too Good At Goodbyes
1stシングル、R&B26位・POP4位・Dance4位を記録。結構暗いけど、なんか地味に急き立てられるというか、ゴスペルっぽいサビのコーラス部は妙に心に来る。こういうのがポップ、更には最近ダンスから離れてるけどリミックスでダンスにも、良い食らいつき


2. Say It First
ビートは盛り立て期待、でも、これは完全に吹っきれ。地味に淡々と、でも全体では頑張ってる方の少しの光
3. One Last Song
2ndシングル。OST The Witz "Be a Lion" サンプリング、ちょっと枯らすヴォーカル部、サウンドのおどけさ、これこそ1stにあった絶妙な演歌ソウル、好きだなぁ。絞る高域ヴォーカルも彼ならでは


4. Midnight Train
しっとり映えるミディアムスローバラード、なんか懐古感ばっちり、クラシカル。メロウに、憂いに、低域から、案外面白い声の惹き立て
5. Burning
プロモシングル。ピアノと共に悲しい演出、他に鳴らさず、声だけが悲しく木霊する。後半、ファルセット風高域出たと思ったら、お得意重ね重ねの悲しい悶絶絶頂


6. HIM
低域のタメ息のようなヴォーカル、上手いなぁと。洗練されつつ、声の境目がとにかく味わい。徐々にスカイフォールのようなハマり
7. Baby, You Make Me Crazy
案外音はファンキーというか、パワーソングに。ただ、ちょっと悲しさをこらえながら、コーラスを頼りに挑んでる感は否めず
8. No Peace (ft.Yebba)
一転暗い、女性ヴォーカルとのデュエット、可愛らしくも、重たさも。今の彼に凄いフィットするようなスタンス、更には新たな引き出し、US受けしそうな印象
9. Palace
オールドソウル風、アコースティックにも感じるんだけど、心の清らかさを求めるような、ただ歌が巧い。狂おしい中の一寸の癒やし
10. Pray
プロモシングル、POP55位を記録。デビュー作の彼にも近いサウンド、敢えて期待を。息遣い含め、彼の個性を強調するようで、旨み


<Bonus>
11. Nothing Left For You
音は薄めに、でも彼のヴォーカルのポエムソングのように、中盤から少々圧の有るコーラス、この絶妙な少なさが際立ち
12. The Thrill Of It All
タイトル曲がボートラ、やるなぁ、この展開。悲しさ帯びまくり、でも決意始めのような、ファルセットやり過ぎ感、インパクト、はみ出てる、ストリングスまで、いやー、綺麗だけど堕ちる
13. Scars
ときめきの、でもシッポリ、なんか冷たいような、小ざっぱりしたような、音もいい感じで展開。リリック歯切れなかなか、揺らめくような世界観がいいなぁと
14. One Day At A Time
息遣い含め、秀逸なんだけど、もう行き過ぎ、切なさ、からっ風、彼のとことん迫ったシリアスに感銘

10曲・35分半、ボートラ4曲追加で49分半、今の時代にしては短い。。でも、上手く纏めてきたなぁと。さらに国内盤は短めの2曲を更に追加で54分近くに。一聴暗い印象で、でも全体では色々音も考えられてて、ただの暗さじゃなく、全体で聴かせてくれる本質、それぞれにもっとアクション出てくれば、更に濃いアルバムになる予感。

<過去レビュー>
2014年 In The Lonely Night
2015年 In The Lonely Hour (Drowning Shadows Edition)
2015年 In the Lonely Hour Tour @ Yoyogi-Daiichi Taiikukan
2015年 In The Lonely Hour (Deluxe Edition)

Thrill of It All
Sam Smith
Capitol
2017-11-03

Thrill of It All -Deluxe-
Sam Smith
Capitol
2017-11-03

The Thrill of It All
Sam Smith
Capitol
2017-11-03

スリル・オブ・イット・オール
サム・スミス
ユニバーサル ミュージック
2017-11-03

Curtis Mayfield / We Come in Peace with a Message of Love (1985)

510sns21kZLカーティス・メイフィールド、2年振りとなるソロ12作目は、初のチャート圏外。笑顔の彼が眩くも、完全にヒットとは遠ざかる位置にて、話題性も薄くも、彼のこれまでの延長線上に制作されたような作品。ずっと聴き続けてるファンには違和感無いような作品。1990年Take It to the Streets との2in1 でリリース、1970年代後半から恋の歌が多くなり、ここでは特にジャケ含め顕著な仕上りに。

1. We Come In Peace
タイトル曲且つ2ndシングル。8分半の大ボリュームで、大ヒット曲"Move On Up" 引用たっぷり、でも茶目っ気たっぷりのポップファンク風。間奏も多いけど、楽しく平和の演出延々


2. Baby It's You
1stシングル。しっぽり可愛らしいバラード。呟くように、薄めの音の中に声を零すように。なんか切なさ、甘ずっぱさ、恋のおまじないみたいな…キュート


3. Bodyguard
音的にはサイケに尖ってて、70年代前期のソウルなんかも想起するような。ただし、全体ではヴォーカルの旨みが滲み出つつ、スウィートなディスコファンク風
4. Breakin' In The Streets
1st & 2ndシングルB面。粒で歌い紡ぐような、ワウワウな仕上り。抜き足差し足、中間部はトムとジェリーの追いかけっこみたいな瞬間も濃縮したり、ちょっと際立つものがあるなぁと
5. Everybody Needs A Friend
王道バラード、ソウルを引き連れ、しっとり、なんかホッとするようで彼が歌うと悲しさも満面なんだけど。ポツリ、平和な印象あれ、寂しさ溢れ、メッセージ性もじんわり
6. This Love Is True
まんま恋の語りべ、直球にスローバラード。聴いてるこっちが照れちゃうほどに、優しさ120%
7. We Gotta Have Peace
ラストは、音作りに驚きなんだけど、打ち込み。1曲目のアンサーソングのような、ファルセット調で歌い倒し、進化するサウンド(決してダンストラックとかではないけど)、天に平和が舞い踊るような…

7曲・38分、彼はほんと愛と平和に尽くす音楽家だなぁと。昔はもっと、悪困憊の平和主義って感じで勇ましくも、こういう思想が平然と広がって、早10年近く。スタンスは変わらないどころか、まどろみ溢れる懐かしのシンガー状態に。でも、こういった人も少ないからこそ重宝だし、当時よくこんな作品が世に出てたなぁと感心、レアかなぁとも思います。

We Come in Peace, With a M...
Curtis Mayfield
Sequel Records UK
2000-08-15


Joe / Everything (1993)

718vN7Qm21L__SL1064_ジョーの記念すべくデビューアルバム、R&B16位・POP105位を記録。当時にして二十歳、Mercury からの新星としてニュージャックスウィングをベースにした作品。今のジョーとは明らかに異なる作品だし、この後4年リリースブランクを空けることからも、短期的には掴みは持ったものの、勢いと試行錯誤があったデビューという位置づけかな。でも、なかなかの中ヒット連発、結構当時プロモされてた印象です。1,3-10曲目はKeith Miller との共同、2曲目のみJ. Dibbs 共同、10曲目はジョー単独、ラスト11-12曲目は Dave "Jam" Hall 共同にて制作されています。

1. The One For Me
2ndシングル、R&B39位を記録。ご機嫌なグルーヴ、若さかっ飛ばしたジョー、今となればバラードの帝王の印象も、こりゃ甘酸っぱい溌剌さ


2. I'm In Luv
1stシングル、R&B10位・POP64位を記録。ボビ夫を聴いてる錯覚くらい、どこまでも直球。サウンドとジョーのバランスがフィット、低域コーラスもなかなかの旨み


3. All Or Nothing
3rdシングル、R&B33位・POP100位を記録。幾分滑かな進行、ミディアムスローにヴォーカルを抑えめにクールに、ゆったり心地よく


4. It's Alright
スローの中でじっくり味わえつつ、ニュージャックスウィングの渋みが詰まりつつ、ジョーの高域も聴けたり、歌力もなかなか
5. If Loving You Is Wrong
揺らめくバラード、でもアルバムに一貫とした骨子があって、流れに巻かれて、陶酔できるような感触が嬉しく。節々のテクも素敵
6. What's On Your Mind
ミディアムR&B風に、それでも調子はニュージャックスウィング。静と動をうまくローリングする美的センス、メロディラインなんかも当時ならではの流れを感じる
7. Finally Back
アルバム後半、ねっとりしつつ、静を駆け抜けるように、コーラスとリードをコンビネーションにて通過していくような帳感
8. Get A Little Closer
出だしから痺れるようなエロさを感じつつ、さらっと二十歳のジョーは恥ずかしげにクールに交わすようにも感じるし、表現と年齢の間が眩く
9. I Can Do It Right
若干、当時ならではのチャカポコな音も入りキュン。夜の演出というか、敢えての掴みにくい全体に、当時の音楽の秀逸さというか、クリエイティヴを感じたり
10. Everything
タイトル曲、ポップ寄りのバラード。一環とした美しさあれ、スローの中に閉じ込もった感情、丁寧にリリックを刻んで、徐々に全体の大枠が開けてくるようで、独立的な立ち位置に感じる曲
11. Baby Don't Stop
一気にはっちゃけモードの出だし、でも全体ではクールモード継続で、いい感じでテンション保ってるなぁという印象
12. (Joe Thomas) Do Me
ラストは、前曲の印象を出だしから最後まで、うまく程よくはっちゃっけて、ジョーのクールなブランディングに成功しているなぁと

12曲・57分、当時はとにかくニュージャックスウィングごり押しという感じで、2ndからは聴けない、まるで企画盤のようにも感じました。結構秀逸に制作されているので、長年のジョーを知ってても違和感はなく。逆に突出した何かがあるわけではないのですが、安心して聴けるし、当時からヴォーカルの凄みは絶頂でした。

<過去レビュー>
2000年 My Name Is Joe
2001年 My Name Is Joe +
2001年 Coming Back Home (Remixes) BeBe Winans ft. Brian McKnight & Joe
2001年 Better Days
2007年 Ain't Nothin' Like Me
2008年 Joe Thomas, New Man
2009年 Make Sure You're Home For Christmas
2010年 Live From Japan
2011年 The Good The Bad The Sexy
2013年 DoubleBack Evolution Of R&B

Everything
Joe
Fontana Island
1993-08-17

Visitor

    Search in this blog
    Categories
    Archives
    Website for Aretha's Fans
    アレサ・フランクリン・ファンサイト
    Profile

    YO-SUKE

    Every Day MOBILE!!
    QRコード無料作成

    Twitter
    Blog Ranking
    にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 音楽ブログへ
    是非、クリックにご協力ください!  
    Comment