SOUL FOOD, SOUL LIFE

【ほぼ毎日“R&B/SOUL”のCD全曲レビュー】Aretha Franklin の来日祈願と、YO-SUKE の日常備忘録も

●Dance / Disco

Above & Beyond / Common Ground (2018)

71esv+s6AoL__SL1200_アバヴ&ビヨンド、なんとも彼らを単独で最新作にて取り上げることになるとは!実際、彼らを知ったのは自分が大学生の時、サイバートランス全盛の時代に、結構有名曲なんかをトランスリミックスしてて堪能してた感じで、実際にwikiなんか見ても、彼らの2000年代は思いっきりDJ、トランスエラってなってて。でも、だんだんグループの傾向はセラピーだったり、アコースティックだったり変化していって、でも主軸はDJダンスなんだろうけど。そんな彼らの2年振り・7作目の最新フルアルバムが全米POP3位・Dance1位を記録(それまでの最高位は5thでPOP34位、でもダンスにしては高記録だから、だいぶ仕掛けはできてたのかも)。どうなってんだい。気になっちゃいましたよ。

1. The Inconsistency Principle
闇雲な3分、何かがシューティングされるようで、壮大な宇宙空間を示すようなオープニング
2. My Own Hymn (ft. Zoe Johnston)
ふんわり女性ヴォーカル、更にシンセで明るみに、トランスというよりも幻想的なハウスビートって感じかな。サラ・マクラクランのような柔和まどろみな声と、音の融合が美しく


3. Northern Soul (ft. Richard Bedford)
タイトルは気になるところ、でも思いっきりバシバシとトランシー。でも、自分が思い描くトランスとは異なりBPMは早すぎもしないかな。男性ヴォーカルは、結構正統派に、個人的には音が降り注ぐ後半が好きかな

4. Naked (ft. Justine Suissa)
キラキラ疾走感、女性ヴォーカルをホンノリ、あとはフリーウェイを爽快に走りたくなるメロディアス、直球過ぎてライト級
5. Sahara Love (ft. Zoe Johnston)
2曲目とも異なる音楽性で攻めてきたなぁと、ヴォーカルの乗り方もアグレッシヴ。音もハイパーに進行するし、その乖離を埋めるような音とのバランスが面白く、不鮮明ながら、ゴール目指した率先した何かを感じるなぁ
6. Happiness Amplified (ft. Richard Bedford)
3曲目に続く男性ヴォーカル、結構平坦なんだけどアルバムにおいては抑揚にも繋がってるのかも、落ち着いた感触で、なんだろ平和だったり休息だったりを与えてくれるよう
7. Is It Love? (1001)
クレジットには無いけどJono Grant なるアーティストによるタイトルコール以外は、粛々と音が展開される地道な展開。個人的にはTMN みたいなスペイシーの狭間って感じ


8. Cold Feet (ft. Justine Suissa)
音は安定感、ヴォーカルの静寂さも安定、そのポテンシャルから嗅ぐ不思議なダンスステップ、律義にもテーマに沿って、でも心は踊れるというか
9.Tightrope (ft. Marty Longstaff)
この曲だけフィーチャーシンガー1曲のみ参加で、不思議な響きを持つ男性ヴォーカル。リリックはリピート多めに、後半仕掛けてきたトランシーにて頭イカレル感じでクール


10. Alright Now (ft. Justine Suissa)
既に2017年5月に先行カット、疾走感いい感じ。ただ、透明感あるヴォーカルで囁きトランス、どうにも健全な案内板とでも言う感じか


11. Bittersweet & Blue (ft. Richard Bedford)
程好い叩き、男性ヴォーカルの無機質の安定感、決して新しい感じでは無いんだけど、アルバムの中和剤のように思えてきました
12. Always (ft. Zoe Johnston)
低調、ダンスではなくスロウにて、まるでDido みたいに吹き付ける冷静さ、更には氷河の中にいるような、終盤だいぶのクールダウン作用


13. Common Ground
タイトル曲にてラスト、キラキラしつつ、天体観測、プラネタリウム、でも、どこかダンスの残り火みたいなものがあって、ときめきな終焉

13曲・62分、オープニングが絶妙にワクワクさせられて、あとはフィーチャーアーティストの魅力も手伝って、色々と想起できるものがありつつ、彼らのサウンド自体にブレはなくて、粛々と展開されるハウス〜トランスの間かな。確かに今はUltras なんかもあって流行ってるのかもしれないけど、上品なダンスアルバムって感じで、けっして今の音ってカテゴライズされまくるわけでもなく、上手くシンプルに仕上がってるなぁという印象です。

Common Ground
Above & Beyond
Anjunabeats
2018-02-02

Arabesque / Fancy Concert, Live In Tokyo (1982)

R-2417866-1282963775_jpeg6121XgTDHkL__SX425_アラベスク、今回ようやく初めて取り上げるのですが、個人的ソウルフードなグループだったりするのです。かれこれ幼稚園の頃、家で掃除の時に流れる音楽はアラベスク(笑)、決まってディスコが流れてたんですよね、それもカセットテープで擦り切れるくらいにコンポから流れてました。自分が大学の時とかに日本でもヒットした"Hello, Mr. Monkey" のリメイクヒットが流行ったりして。そして最近では、TV脱力タイムズのオープニング曲で"Friday Night" が流れてたりと、なんかウズウズと取り上げたい気分で。個人的には、これまでコンピベストと、ノンストップコンプベストの2枚を愛聴してましたが、なんとも1982年リリース"アラベスク・ライヴ・イン・ジャパン、ファンシー・コンサート"がボートラ付で2010年にリイシューされ、更にはアマゾンアンリミテッドで聴けるじゃないですか!!初物、ワクワク。


1. Opening
幕開け、20秒のMC、3人のドイツからの女性、ミセイラ、サンドラ、ジャスミンが紹介され、ショーは間もなくスタート
2. Hello, Mr.Monkey
1曲目は早速デビュー曲を披露、掴みは十分なんだけど、何とも1分で次の曲へ。唖然ですが、仕方ない(最後に改めてフルとかで歌ってたのかな)、ちなみに下記は夜ヒットより


3. Young Fingers Get Burnt
可愛らしいポップなダンスチューン。こういう曲は好みじゃないんだけど、如何せんアラベスクだけは個人的な別格
4. Like A Shot In The Dark
ほんわかミディアムのダンスチューン、緩いんだけど曲調はABBA みたいな感じかな、完全勢いで作られてるような印象
5. Roller Star
曲調は相変わらずのディスコ、低音男性ヴォーカルのサビは時代だな、ギャグセンスにも感じてくる
6. Hit The Jackpot
哀愁音も入れつつも、パタパタママのような転がるような展開。彼女たちの合わさったグルーヴ、息合ってる
7. Why Do You Ride The High Horse
観客の拍手を受けながら、きっと当時は真面目に座って聴く洋楽観覧パターンなのでしょうか、目に浮かびます。しっぽり軽めに淡めに
8. Make Love Whenever You Can
この曲好きだったなぁ、歌を入れて音を入れての交互。タメも多くてライヴでの色味が深くて、改めて聴き入れます
9. Caballero
出だしの時代劇のようなダンス音が最高に、叙情的。サビは弾けて、でも抑えめで絶妙
10. Midnight Dancer
5曲目みたく男性ヴォーカルも登場するけど、サビの低域具合、徐々に場が開けていくような、ひねった音階具合が好き


11. In For A Penny, In For A Pound
結構日本語喋る彼女たち、ご機嫌に、でも渋いサウンド、アレンジも多いので、単純じゃないところがウケたのかなぁと
12. The End Of The Show
ラストは最後にぴったりの曲、たなびく感じが素敵。バラードも普通にい歌うんか、知らなかった。まるでアイドル引退みたいな終わり方

<Bonus>
13. Sukiyaki Song
お馴染み、坂本九カヴァー日本語で。ただし、これはどうしたって80年代の音じゃない、ダンステクノ状態。声も違うから、おそらく復活したオバハンチーム(オリジナルメンバーかは不明)、完全に浮いちゃってました

12曲・24分、ボートラ追加で27分という、なんとも2分展開のメドレーと言えちゃうくらいの繋ぎ。当時の彼女たちの人気を知るべく、ダイジェスト盤って感じかな。にしても当時、これでライヴ終わってたら顰蹙。ま、個人的には勢いある彼女たちを知れて楽しかったです。もっと選曲がシングルナイズだったら最高だったけど。


Fancy Concert
Arabesque
Monopol
2010-04-23

【番外編】Aretha Franklin Remixes BEST 20

fa26ce4eアレサはダンスチャートを賑わすっていう印象は少ないかもしれないですが、キャリアにおいて随所リミックスもプロモーションの一環でリリースしてきてます。先日発表されたBillboard All-Time Dance Artist でも33位にチャートインされるなど、この辺りは情報を纏めておいたほうが良いかなぁと思い、レビューしてみます。80年代のシングルプロモーションにおけるリミックスは結構除外しつつ(BPMもまんまで面白味が今回取り上げるものと比べたら薄いかなぁと個人的に思ってて)、なのでなるべくぶっ飛んでる、もしくはクールなものを取り上げてみてます。

1. A Deeper Love (Trance Remix)
これは今まで何度もゴリ押してきたMoby "Go" をベースにしたミックス、アンオフィシャル。1曲のみ収録のアナログも入手してます!完全にこれはトランスですが、料理によってアレサの破壊力が最高なんです


2. Rock Steady (Danny Krivit Re-Edit)
オリジナルと絶妙に異なりつつも、数あるロック・ステディの中でも洗練度を高めてくれるダニー・クリヴィットのリミックス。アナログ盤は高騰したり、結構話題になりました


3. Rolling In The Deep / Ain't No Mountain High Enogh (Aretha Version) (Wideboys Club Mix)
最近のアレサのリミックス集より、最もプッシュされているミックス。6曲目のDance 1位にもなりました。もう音の勢いでアレサの猛進振り・健在振りにも貢献


4. Here We Go Again (Razor-n-Guido Mix)
David Morales ヴァージョンが評価されるべきかもしれないけど、アレサの絶叫トレーニングみたいな緩急がたまらない、Ono Yoko にも負けない変態曲


5. Jump To It (Disco Darlings Remix)
オリジナルを残しつつも、音が進化して、現代版ジャンプになってるなぁと。病みつきです。色々ヴァージョンあれど、これが一番かな


6. Respect (Jonathan Peters Club Mix)
1999年にリリースされたEverybody Dance! の3枚組ヴァージョンに収録されてる、正に豪快なハードハウス仕上げ。アレサの最大のヒット曲を卒なく仕上げてしまうことに驚異


7. Think 1991 (Remix)
音源は1980年の映画版。Think (12' Classic Mix) ってのもメインであるんですが、ブルースブラザーズヴァージョンの声と音がちょっと乖離気味。なので表題のリミックスってのが一番音に乗ってて、それもBPMまで既に意識されてて好感


8. A Deeper Love (Tribesman Extended Mix)
David Morales も当時ヴァージョンを用意してましたが、本家C+C が手掛けた豪快なミックスは最高にアッパー。一部音源はアレサの映像などにも用いられたリしてます


9. Wonderful (Pete Avilla & David Harness Remix)
当時卒なくヒットした曲、グラミーも受賞。プロモB面だったAntranig & Pons Remix なるダブリミックスの方も好きなんだけどYouTube では見つからず。メインもスムースに悪くないリミックス、この辺りからアナログのみ、流通も少な目に


10. Rock Steady (Arif's Classic Mix)
6曲目同様の企画、これはどの盤にも収録されてました。Arif Mardin, Joe Mardin が手掛けたファンキーに楽しい仕上がり


11. A Rose Is Still A Rose (Yogi's Bystorm Remix)
Desert Eagle, London Connection など、オリジナルを踏まえての色々なミックスが出てましたが、1967年大ヒット"Respect" サンプリングっていうアイディアに悶絶



12. A Rose Is Still A Rose (Johnny Vicious Club Mix)
当時Love To Infinity をメインに(国内盤ボートラにも)、Hex Hector まで起用してダンスディーヴァ仕立てしてましたが、最も豪快な10分超の本ミックスが一番アレサをデジタル化にして大げさにしているようで好感


13. Think (Kraak & Smaak Club Mix)
比較的最近出たミックス、エディットも用意されてます。結構面白いハウス仕立てで、7曲目と異なりオリジナルヴァージョンを上手く活用できてるなぁと


14. The Only Thing Missin' (Furilla Full Vocal Mix)
Blaze のミックスは声が震えるような感じで微妙に、Giorgio Morder も手掛けてるものの、なんか緩すぎて微妙。フリーラのヴァージョンは国内盤ボートラにも収録されてるけど(アナログ盤と音具合が異なるのもマニアックに注目)、ちょっと豪快に速度アップも、展開が面白いかなぁと


15. Jump To It (Candy Apple Vocal Edit)
実際、エディットとはついてるけど8分もある力作。ダブは2パターンあったりと、きっとブートレグながら、自分はこのレコードを見つけたとき、ニンマリでした。オリジナルを残しつつ、かなり先駆的にしたミックス


16. Here We Go Again (Bump Mix)
ラップ有無それぞれ持ったBass Mix のほうが有名かもしれないけど、スムースなリミックスとしては凄く惹きこまれる出来


17. Rolling In The Deep / Ain't No Mountain High Enogh (Aretha Version) (Moralnd Club Mix)
これは見つからなかったぁ・・・デジタル配布されているのだろうか。最近Trey Songz などのミックスも担当してるモーランド、当初のリミックス集には収録されてたのですが、大収録EPには見送られ、今や知ってる人は少ないような、でも展開は好きなんですよね
18. Jump To It (CJ's Macintosh Extend Mix)
1994年"Willing To Forgive" カップリングで、11分超のリメイク。だいぶ、もっさりした感じもあるけど、長尺頑張った点とオリジナルの良さのブレンドで今も、たまーに聴きたくなります


19. I Say A Little Prayer (Dimitri From Paris Re-edit)
地味ながら、一応アナログなどで作品化されているようで。あまり変わり映え無いけど人気曲あれ、案外病み付きかも


20. Rock Steady (Sure Is Pure Remix)
1994年UKで、Sister Sledge などと同様に昔の曲のリメイクとしてリリース、当時は面白かったかもしれないけど、まーまーです


以上、もしかしたら、多くがアレサの知らないところでリリースを色々されているミックスの数々。オリジナルももちろん良くも、こういったところから、アレサを知るのも今ならではの方法かも。お好きなミックスが見つかれば、有り難き幸せです。

Donna Summer / Power of Love (Remixes) (2005)

donnapower第59回グラミー賞が行われた夜に書いておりますが、なんか、個人的にはあまり意表がなかったように思えるというか。でもLalah Hathaway がR&B2部門を制したのは個人的に嬉しかったポイント。あとはBeyonce は安定感だったけど、それ以上にAdele が凄すぎたなぁ。そしてそして、本日はヴァレンタインデー。そう、昔Luther Vandross がヴァレンタインスペシャルCDSみたいの出してたなぁと回想しつつ、もうルーサーが亡くなって間もなく12年。更にはその7年後(2012年)にドナ・サマーもだよなぁと、さっきベスト盤聴いてて、しみじみ。両者をつなげる本デジタルリミックス集をとりだしてみました。本曲はLuther Vandross 1991年大ヒット曲だけど、それとドナがトリビュート盤So Amazing: All Star Tribute Luther Vandrossで披露。トリビュート盤からはEP2枚(POP盤・R&B盤)がありましたが、リミックス集として単独アーティストでリリースされてたのは彼女だけ(Dance43位を記録)。ミックス自体は、そこまで面白くは無いんだけど、なんか、しみじみアイテムとして取り上げてみます。

1. Power Of Love (Hani's Album Version)
アルバムヴァージョン同様、打ち込みで安っぽいなぁと、トリビュート盤の中でも浮いてたけど、敢えてドナが挑むアレンジとしては納得した感があったなぁと


2. Power Of Love (Hani's Extended Mix)
リミックス自体は、どれもHani によるもの、個人的にはMichael Jackson "Earth Song" のリミックスで馴染みあり。前と後ろを微妙に引き延ばして倍近くの尺に


3. Power Of Love (Hani's Love Keys)
ガイドキー1分強
4. Power Of Love (Hani's Mixshow Edit)
2曲目を1分程エディットして、結構スッキリ聴ける感じかな
5. Power Of Love (Hani's Mixshow Instrumental)
4曲目のインスト

5曲・23分弱、色々調べるとプロモ止りながら、曲順が異なったり、CDSもアナログも色々出てたようで。大ファン以外には注目されにくいかもしれないけど、偉大なルーサーの曲を再び注目度上げてくれた貴重な抜擢。話は戻りますが、グラミー賞を観てると、過去のグラミーの歴史も色々思い出してしまう、縁側のお茶を飲むおじいさん状態な思考回路、これは、今後も毎年暴走しそう。

<過去レビュー>
1975年 Love To Love You Baby
1976年 Four Seasons For Love
1976年 Love Trilogy
1977年 I Remember Yesterday
1979年 Bad Girls
1980年 The Wanderer
1982年 Donna Summer
1983年 She Works Hard for the Money
1984年 Cats Without Claws
1987年 All Systems Go
1989年 Another Place And Time
1994年 The Christmas Spirit
1996年 State of Independent (Remixes)
1999年 VH1 presents Live & More Encore!
1999年 I Will Go With You
2000年 The Power of One
2003年 The Journey: The Very Best of
2003年 Bad Girls (Deluxe Edition)
2008年 Crayons
2008年 Stamp Your Feet (Remixes)
2010年 To Paris With Love (Remixes)

So Amazing: An All-Star Tribute to Luthe
Luther Vandross
Sony/Bmg Int'l
2005-09-21


Alma Faye / Doin' It! (1979)

81BSVuvpsGL__SL1500_アルマ・フェイ、1977年Alma Faye Brooks 名義"Stop, I Don't Need No Sympathy" でRCAよりデビューしDance39位のヒットを記録、以降ディスコブームの流れに乗って Casablanca に移籍しシングルリリースを継続。アルバムは唯一のリリースでした。1980年以降は目立った作品は無かったものの、1991年にシングルリリースはあったよう。今回は2014年、35年の時を経て日本発 世界初CD化となった作品をレビュー!

1. Don't Fall In Love
1978年のシングル、R&B90位を記録。ホーンもベースラインも最高に、更にはパーカッション隊もご機嫌
グルーヴィ。演奏部長めに、伸びやかで堂々たるヴォーカルで魅了。8分近い尺でかなりダンス意気込み最高潮


2. Gimme Your Love
RCA Victor からカットされたシングル、潔くヴォーカルパートも多く、でも、どこかしっとりする節なんかはセクシーに、ディスコビートの美しさに酔いしれる


3. Here's To Life
ここからは長尺という感じではなく、ゆったり、呟くように。気持ちよく、でも程よいテンポでアルバムの流れを止めず
4. I Believed
演奏が麗しいのが本作の特徴かな、サウンドの色味は変らず、でもヴォーカルの表現力、更にはコーラス加わって、どこか切なさだったり、深さみたいなのが濃く出てるなぁ
5. It's Over
本作では2ndシングル、Dance66位を記録。結構、サザエさんばりに、歌謡ディスコなメロディラインは気になるけど、ヴォーカルはBen E. King的なソウルなんだよね、微妙な組み合わせが趣


6. Brother Dan
中盤曲のように、ちょっと風味を落としつつも、エッジは効いてる。ゆらりヴォーカル、結構上下に勝負、コーラスが入ると個人的には好きだなぁと
7. Thank You
ラストは、エンディングを柔らかに飾る気持ちよさ、メロウにとろけるように。彼女の旨みは丸みなんだけど、力もあるから何でもかかってこいだなぁと

7曲・37分、面白いところに目を付けてリイシューしたUniversal Music Japan 凄いなぁと。実際、これは地元の図書館で借りてきたし、いろいろご縁含め、恐るべし。ディスコ言えど、流行過多な感じでもなく、カサブランカの美しさと、パワーだけでもない魅力のシンガーによる多彩なクオリティを堪能することができました。

ドゥイン・イット
アルマ・フェイ
ユニバーサル ミュージック
2014-06-18

Visitor

    Search in this blog
    Categories
    Archives
    Website for Aretha's Fans
    アレサ・フランクリン・ファンサイト
    Profile
    Every Day MOBILE!!
    QRコード無料作成

    Blog Ranking
    にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 音楽ブログへ
    是非、クリックにご協力ください!  
    Comment