SOUL FOOD, SOUL LIFE

【ほぼ毎日“R&B/SOUL”のCD全曲レビュー】Aretha Franklin の来日祈願と、YO-SUKE の日常備忘録も

●Dance / Disco

La Bouche / All Mixed-Up (1997)

41AQFQW4J3Lラ・ブーシュ、ノスタルジックにも好きなデュオでした。今まで取り上げてはなかったですが、一定期間だけだけど、ほんと曲と声がシンプルに好きで、確かオリジナル作の方はマメに聴いてなかったけど、ノリという面で本CDは本当よく聴きました、確か地元の中古屋で型落ちで安く買ったなぁと。今調べると国内盤も出てたくらいなので、それなりに日本でもヒットしてたと推察。最近アマゾンアンリミテッドを使いまくってますが、これがヒットして、再リピしまくり!女性ヴォーカルは、2001年に亡くなってたみたいですが、最近もヴォーカルを変えて新ヴァージョンとか新作とか、グループ自体は存続しているようですね。さてさて、本作は1994年のデビューシングルから1996年までのシングルリミックスが中心、ちょっと安っぽいジャケで、完全ユーロビートだけど、いやー、今なお個人的には鮮明度たっぷり。ジムランニンングで活躍です。

1. Be My Lover (Club Mix)
彼らの2ndシングル、Billboard POP6位・Dance1位を記録。彼女のハスキーにも分厚く艶もあるヴォーカルがたまらないし、2 Unlimited のような男女デュオ、当時のラップとか、メロディラインとかベタに鉄板、サビのララララララーイラーが病みつき


2. Fallin' In Love (Soul Solution Vocal Dub)
1975年Hamilton, Joe Frank & Reynolds カヴァー、3rdシングルとてDance3位を記録。ダブとなってるけど、普通にクラブミックス、でも音は抑えめかな。演歌調にも踏ん張るヴォーカル部多く、気合曲
3. Sweet Dreams (Spike Mix)
デビュー曲、POP13位・Dance3位を記録。個人的に、またまた当時流行ってたScactman John なんかをリミックスしてたスパイクによる、若干エッジの尖ったミックスで彼ららしさは削げてるけど、シンセの迫り上がり具合は好きかな


4. Forget Me Nots (Club Mix)
1982年Patrice Rushen カヴァー、個人的には2005年だっけな、Kirk Franklin "Looking For You" でのサンプリングが超ハマったけど、ここではその平坦にもクールなダンスミックス、案外飛ばし聴きしてたかも、涼やかに良い


5. Be My Lover (Spike Mix)
3曲目と同じリミキサーだけど、癖がそのままに、なんかオリジナルの盛り上がりは少なめ。ただ、ダンスよりも、ポップダンスという感じの仕上がりかな
6. Fallin' In Love (Full Harmony Club Mix)
2曲目とは大きく異なり、R&B調。彼らがふわりと細やかに、すごく美しく映えてる。結構歯切れ良いヴォーカルに、夏を感じるようなベースラインなど、好きだなぁ


7. I Love To Love (Club Mix)
4thシングル、当時ならではのピコピコしたシンセが面白い。なんかヴォーカルがピコピコに打ち消される感じだけど、当時では進化したユーロダンス


8. Tonight Is The Night (Le Click: Dance Mix)
これはアルバム曲なんだか、でも貴重にも、これは 人気ありそう。盛り上がり部少ないけど、要素的にいろいろ網羅
9. Sweet Dreams (Stylin' Free Mix)
3曲目とは異なるミックス、ちょっぴり薄っぺらな印象?ただ、オリジナルを地味に疾走させてる
10. Megamix: Sweet Dreams/Fallin' In Love/Be My Lover/I Love To Love
フルだと10分とかあるんですかね、でもここに収録は凝縮4曲のシングルを詰め込んだメガミックス、正に上がりっぱなしの4分。これだけを連チャンで聴いても超最高スペクタボー


10曲・66分近く、同じようなタイプの曲が並ぶんだけど一貫性って意味で聴きやすいんだよね。さてさて、最近はブログ適当にしてましたが、ライヴも先月は行けず、Celine Dion 取ったのに出張でブッチ。あとは、ライヴは今月末Carla Thomas, まだ取ってないけどThe Impressions は行きたい!夏フェスは微妙に決めてない、ま、今後も気まぐれに更新いたします。

All Mixed Up
La Bouche
RCA
1996-12-17

ラ・ブーシュ
BMGビクター
1997-02-05

Hifi Sean ft. Crystal Waters / Testify (Remixes) (2017)

51TF44-L0iL__AA256_R-10599488-1500700467-5127_jpeg61AUcRK7pJL__AA256_R-9813034-1486729589-7424_jpeg昨日に続き、クリスタル・ウォーターズを。3曲連続となるDance1位となった曲で、リミックス集多数。個人的にはジャケのソウルフルさも萌え。色々な色ヴァージョンでリリース。今回は今までよりもプッシュされてプロモされている気がします。今回は4種ジャケにてレビューしますが、他にも曲多数ながらも重複は除外。

<Blue>
1. Testify (Radio Edit)
ゆったりした平和な四つ打ち、今の彼女の映像も見れながら、なんかホノボノハッピー、緩いダンス調


<Red>
1. Testify (Sandy Rivera Main Mix)
4. Testify (Sandy Rivera Dub)
オリジナルに毛が生えたような、通快に6分程、ダブはヴォーカル少ない同様のヴァージョンより


2. Testify (Rhythm Masters Vocal Mix)
若干変えてきたトライバルな雰囲気にて、シャカシャカ、ポカポカ、陳腐さもあるけど、面白い不思議な融合も意識
3. Testify (Opolopo Remix)
フワワンとした空間に洗練された広がる音、ワクワクも高まる。全体の音も滑らかに気持ちよく
5. Testify (Superchumbo Dub)
2曲目以上にチャカポカしてて、スーパーチャンボの良さを充満、特にダブのみなんでクリスタルの魅力云々じゃなくなってる


6. Testify (Luke Solomon's Body Edit)
エディット言えど5分半、クリスタルよりも外野や男性MC的な声が豪快でパワフルミックスに

<Orange>
1. Testify (Steve Mac Mix)
重厚感ある圧がクール、サビ以外は音で全体をふっとばす感じで、なんかクリスタル不在
2. Testify (Superchumbo Dub)
3. Testify (Original Extended)
出だし含め、エクステンドはプロモプッシュに良い感じのこだわり。大抵はハウスだけど、ここは、緩さ延長で楽しさ延長
4. Testify (Terry Farley 'Boys Own' Mix)
際立つ出だしから、似通ったミックスとは異なる耳障り。更に、大げさにクリスタルのヴォーカルをサンプリングするもんだからインパクト大!!


5. Testify (Shalvoy Mix)
これ、聴けなかったので割愛・・・
6. Testify (Superchumbo Dub)

<Yellow>
1. Testify (Original Extended)
2. Testify (Le Mongrel Mix)
これも見つからず…
3. Testify (Steve Mac Mix)

今回取り上げた以外にもクリスタルが載ってない文字ジャケなどで、多数ヴァージョンがあることも確認。ただ、やっぱこのジャケが良いね。あとは、クリスタルの単調さを崩すように、色々とミキサーが仕掛けてきてるなぁと。程よくパワフル、そしてクリスタルのヴォーカルの使用感も良い相性が、一番な気がしてます。




Sted-E & Hybrid Heights ft. Crystal Waters / Synergy (Remixes) (2015)

51c2etYUt4L__SS50051Cb4j5HynL__SS500個人的に言うと、Chara にも近い不思議なヴォーカルの魅力を放つシンガー、クリスタル・ウォーターズ。彼女と言えば"100% Pure Love" のヒットが有名ですが、リアルタイム期として1997年の2ndばっかり聴き込んできたものの、以降は全くという感じで。しかしながら、彼女は堅調に色々コラボしたりと、ダンスチャートを席巻し続けたことを知り、そしてフィジカル盤はなくとも、シングルリミックス集は結構出してはDance1位ってパターン多めで、今回はきちんと作品化としてアマゾンアンリミテッドで聴けたことから取り上げてみました。2パターン出てるみたいなので、さらっとチェックしていきます。

<Original>
1. Synergy (Club Mix)
2. Synergy (Radio Mix)
アニメPV用意、オリジナルは4分半、エディットは3分超だけど、PVは2分半ちょい。彼女の不思議な柔らかに和み、でも突っ走る勇ましさ独特、低域がやっぱり格好良い!めちゃ普通にダンス猛進


3. Synergy (StoneBridge Remix)
4. Synergy (StoneBridge Summa Cruise)
5. Synergy (StoneBridge Radio Edit)
3・4曲目は尺一緒ながら、音は変えてきてて、5曲目は3分程のエディット。オリジナルを大きく変えてはないけど、粛々と

6. Synergy (Robbie Rivera Juicy Mix)
尺は5分半くらいだけど出だしからフルハウスみたいな昔ながらの入りみたいな感じで、ちょっと懐古。ジューシーさは無いけど、無機質に展開

7. Synergy (Bojan Remix)
8. Synergy (Bojan Dub Mix)
尺は同一4分半ちょい、オリジナルと大きく変わらず、疾走感は出てるかな、幾分トランシー

<The Remixes>
1. Synergy (Armand Pena Remix)
こっちのリリースのほうが結構ミックスは変えてきてるかな。でもエディット的に。だいぶ夜中ドライブモード、地味にダブ調、声の轟は気持ちよく
2. Synergy (David Puentez Remix)
今のUSのダンスポップって感じかな、EDMにも近くて、これまでの彼女には無かったような遊び、オリジナルを踏襲してて面白い
3. Synergy (Mike Cruz Extended Circuit Mix)
8分を超える尺にて、バシバシと音を叩きつけ楽しく、エネルギー溢れ、クリスタルのヴォーカルも若干BPM上がって強靭に

前者8曲・36分、後者3曲・16分半、このチームでの相性は良いのか、彼女はR&Bとかよりもダンスが映えるのか、やっぱりのアンバランスさもあるんだけど、楽しめるリミックス集。もしかしたら8曲入りのほうは、ヴォーカル入りのどれか1曲で十分かも。よりは3曲入りミックス集は結構気合はいってて、こっちの方がプッシュです


<過去レビュー>
1997年 Crystal Waters



Above & Beyond / Common Ground (2018)

71esv+s6AoL__SL1200_アバヴ&ビヨンド、なんとも彼らを単独で最新作にて取り上げることになるとは!実際、彼らを知ったのは自分が大学生の時、サイバートランス全盛の時代に、結構有名曲なんかをトランスリミックスしてて堪能してた感じで、実際にwikiなんか見ても、彼らの2000年代は思いっきりDJ、トランスエラってなってて。でも、だんだんグループの傾向はセラピーだったり、アコースティックだったり変化していって、でも主軸はDJダンスなんだろうけど。そんな彼らの2年振り・7作目の最新フルアルバムが全米POP3位・Dance1位を記録(それまでの最高位は5thでPOP34位、でもダンスにしては高記録だから、だいぶ仕掛けはできてたのかも)。どうなってんだい。気になっちゃいましたよ。

1. The Inconsistency Principle
闇雲な3分、何かがシューティングされるようで、壮大な宇宙空間を示すようなオープニング
2. My Own Hymn (ft. Zoe Johnston)
ふんわり女性ヴォーカル、更にシンセで明るみに、トランスというよりも幻想的なハウスビートって感じかな。サラ・マクラクランのような柔和まどろみな声と、音の融合が美しく


3. Northern Soul (ft. Richard Bedford)
タイトルは気になるところ、でも思いっきりバシバシとトランシー。でも、自分が思い描くトランスとは異なりBPMは早すぎもしないかな。男性ヴォーカルは、結構正統派に、個人的には音が降り注ぐ後半が好きかな

4. Naked (ft. Justine Suissa)
キラキラ疾走感、女性ヴォーカルをホンノリ、あとはフリーウェイを爽快に走りたくなるメロディアス、直球過ぎてライト級
5. Sahara Love (ft. Zoe Johnston)
2曲目とも異なる音楽性で攻めてきたなぁと、ヴォーカルの乗り方もアグレッシヴ。音もハイパーに進行するし、その乖離を埋めるような音とのバランスが面白く、不鮮明ながら、ゴール目指した率先した何かを感じるなぁ
6. Happiness Amplified (ft. Richard Bedford)
3曲目に続く男性ヴォーカル、結構平坦なんだけどアルバムにおいては抑揚にも繋がってるのかも、落ち着いた感触で、なんだろ平和だったり休息だったりを与えてくれるよう
7. Is It Love? (1001)
クレジットには無いけどJono Grant なるアーティストによるタイトルコール以外は、粛々と音が展開される地道な展開。個人的にはTMN みたいなスペイシーの狭間って感じ


8. Cold Feet (ft. Justine Suissa)
音は安定感、ヴォーカルの静寂さも安定、そのポテンシャルから嗅ぐ不思議なダンスステップ、律義にもテーマに沿って、でも心は踊れるというか
9.Tightrope (ft. Marty Longstaff)
この曲だけフィーチャーシンガー1曲のみ参加で、不思議な響きを持つ男性ヴォーカル。リリックはリピート多めに、後半仕掛けてきたトランシーにて頭イカレル感じでクール


10. Alright Now (ft. Justine Suissa)
既に2017年5月に先行カット、疾走感いい感じ。ただ、透明感あるヴォーカルで囁きトランス、どうにも健全な案内板とでも言う感じか


11. Bittersweet & Blue (ft. Richard Bedford)
程好い叩き、男性ヴォーカルの無機質の安定感、決して新しい感じでは無いんだけど、アルバムの中和剤のように思えてきました
12. Always (ft. Zoe Johnston)
低調、ダンスではなくスロウにて、まるでDido みたいに吹き付ける冷静さ、更には氷河の中にいるような、終盤だいぶのクールダウン作用


13. Common Ground
タイトル曲にてラスト、キラキラしつつ、天体観測、プラネタリウム、でも、どこかダンスの残り火みたいなものがあって、ときめきな終焉

13曲・62分、オープニングが絶妙にワクワクさせられて、あとはフィーチャーアーティストの魅力も手伝って、色々と想起できるものがありつつ、彼らのサウンド自体にブレはなくて、粛々と展開されるハウス〜トランスの間かな。確かに今はUltras なんかもあって流行ってるのかもしれないけど、上品なダンスアルバムって感じで、けっして今の音ってカテゴライズされまくるわけでもなく、上手くシンプルに仕上がってるなぁという印象です。

Common Ground
Above & Beyond
Anjunabeats
2018-02-02

Arabesque / Fancy Concert, Live In Tokyo (1982)

R-2417866-1282963775_jpeg6121XgTDHkL__SX425_アラベスク、今回ようやく初めて取り上げるのですが、個人的ソウルフードなグループだったりするのです。かれこれ幼稚園の頃、家で掃除の時に流れる音楽はアラベスク(笑)、決まってディスコが流れてたんですよね、それもカセットテープで擦り切れるくらいにコンポから流れてました。自分が大学の時とかに日本でもヒットした"Hello, Mr. Monkey" のリメイクヒットが流行ったりして。そして最近では、TV脱力タイムズのオープニング曲で"Friday Night" が流れてたりと、なんかウズウズと取り上げたい気分で。個人的には、これまでコンピベストと、ノンストップコンプベストの2枚を愛聴してましたが、なんとも1982年リリース"アラベスク・ライヴ・イン・ジャパン、ファンシー・コンサート"がボートラ付で2010年にリイシューされ、更にはアマゾンアンリミテッドで聴けるじゃないですか!!初物、ワクワク。


1. Opening
幕開け、20秒のMC、3人のドイツからの女性、ミセイラ、サンドラ、ジャスミンが紹介され、ショーは間もなくスタート
2. Hello, Mr.Monkey
1曲目は早速デビュー曲を披露、掴みは十分なんだけど、何とも1分で次の曲へ。唖然ですが、仕方ない(最後に改めてフルとかで歌ってたのかな)、ちなみに下記は夜ヒットより


3. Young Fingers Get Burnt
可愛らしいポップなダンスチューン。こういう曲は好みじゃないんだけど、如何せんアラベスクだけは個人的な別格
4. Like A Shot In The Dark
ほんわかミディアムのダンスチューン、緩いんだけど曲調はABBA みたいな感じかな、完全勢いで作られてるような印象
5. Roller Star
曲調は相変わらずのディスコ、低音男性ヴォーカルのサビは時代だな、ギャグセンスにも感じてくる
6. Hit The Jackpot
哀愁音も入れつつも、パタパタママのような転がるような展開。彼女たちの合わさったグルーヴ、息合ってる
7. Why Do You Ride The High Horse
観客の拍手を受けながら、きっと当時は真面目に座って聴く洋楽観覧パターンなのでしょうか、目に浮かびます。しっぽり軽めに淡めに
8. Make Love Whenever You Can
この曲好きだったなぁ、歌を入れて音を入れての交互。タメも多くてライヴでの色味が深くて、改めて聴き入れます
9. Caballero
出だしの時代劇のようなダンス音が最高に、叙情的。サビは弾けて、でも抑えめで絶妙
10. Midnight Dancer
5曲目みたく男性ヴォーカルも登場するけど、サビの低域具合、徐々に場が開けていくような、ひねった音階具合が好き


11. In For A Penny, In For A Pound
結構日本語喋る彼女たち、ご機嫌に、でも渋いサウンド、アレンジも多いので、単純じゃないところがウケたのかなぁと
12. The End Of The Show
ラストは最後にぴったりの曲、たなびく感じが素敵。バラードも普通にい歌うんか、知らなかった。まるでアイドル引退みたいな終わり方

<Bonus>
13. Sukiyaki Song
お馴染み、坂本九カヴァー日本語で。ただし、これはどうしたって80年代の音じゃない、ダンステクノ状態。声も違うから、おそらく復活したオバハンチーム(オリジナルメンバーかは不明)、完全に浮いちゃってました

12曲・24分、ボートラ追加で27分という、なんとも2分展開のメドレーと言えちゃうくらいの繋ぎ。当時の彼女たちの人気を知るべく、ダイジェスト盤って感じかな。にしても当時、これでライヴ終わってたら顰蹙。ま、個人的には勢いある彼女たちを知れて楽しかったです。もっと選曲がシングルナイズだったら最高だったけど。


Fancy Concert
Arabesque
Monopol
2010-04-23

Visitor

    Search in this blog
    Categories
    Archives
    Website for Aretha's Fans
    アレサ・フランクリン・ファンサイト
    Profile

    YO-SUKE

    Every Day MOBILE!!
    QRコード無料作成

    Twitter
    Blog Ranking
    にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 音楽ブログへ
    是非、クリックにご協力ください!  
    Comment