SOUL FOOD, SOUL LIFE

【ほぼ毎日“R&B/SOUL”のCD全曲レビュー】Aretha Franklin の来日祈願と、YO-SUKE の日常備忘録も

* INDEX - B

Bruno Mars @ Saitama Super Arena (2018)

IMG_3565ブルーノ・マーズ、2回目の来日公演。前回は2枚のアルバムでスーパースターになった彼は2014年幕張メッセ・大阪市中央体育館で、今回は24K Magic World Tour と題し、さいたまスーパーアリーナのみで2Days。それもあっという間に売れきれ、追加公演も発表され、2018年4月11日(水)・12日(木)・14日(土)・15日(日)の4日間公演に(アジアも結構細かく回るようで、でも日本が最多公演数に)。自分も最初から色々申し込んだんですが、空振りに。でも、結構マメにオフィシャルをチェックしてたら追加席の発表が!H.I.P会員先行ってなってたので、年会費4000円は惜しまず申し込んだら、バックステージ席(色々席種出たけど最終的に10プライスの中で下から3番目11500円、最高はアリーナ超前方VIP SS 10万円)をゲット、ま、取れただけで最高でした。

ライヴは前座なし、18時開演予定でしたが、電車遅延多発もあったせいか、18時半くらいにライヴは暗転、スタート!"Finesse" からスタート、この時点で今回のアルバムにあったようなヒップホップ、ニュージャックスウィングに徹するライヴスタイルなことを認識、会場の盛り上がりは最高潮だし。次に早速惜しみなく"24 Magic"、素晴らしい80年代まっしぐら、そしてゴールドにも絶頂にピカピカなヤンチャなスタイル。

その後は、シングルばかりでもなくアルバムの曲も入れながら、どんどん進行。個人的には"Versace On The Floor" が聴きたかったので、既に何度もYouTube で観てたけど、ベタにもMichael Jackson ばりに盛り立てるシーン、ちょっと高音がきつそうだったのでツアーの圧迫を感じましたが、それでも展開を生で体感できて感動。

IMG_3578IMG_3574あとは、"Treasure" "That's What I Like" "Looked Out of Heaven" ”When I Was Your Man!"など、グラミーに突っ込んだ曲オンパレード!特にバンドは最小限で、あとはブルーノと共に演出を盛り上げる4人と、今回はバスケ服というラフな感じなので、色合い含めても、まるでモモクロ。日本語も色々曲に盛り込んで「アイシテマース」「ありがとうございました」クールすぎるアーティストなのに、かわいげもあったりして、隣の女子もヤバーイヤバーイ連発で、キュンキュンさせてましたっけ。

ライヴは、"Just The Way You Are" では、バラードの盛り上げで終了と思いきや、結構エンドは長くとって、時間稼ぎ?な感じで、ライヴは幕が下りたと思いきや、会場は暗いまま、ライヴは再開して”Uptown Funk" やってくれちゃうし!やってないシングルは何曲かあれ、今回の3度目のワールドツアーに恥じない素敵な内容でした。アルバム自体が毎度40分程度しかないので、ライヴ自体80分ってのも納得だし、予想の範疇。とにかく歌をイチバンに勝負し、アドリブもあって、とにかく走り続けるライヴ、とにかく体感できて気持ちよかった!こりゃ、次回もあるな、次はドームになっちゃうのか、それでもこういうアーティストの出現は久々なんで、まだまだ凄いことに期待しております。

※写真にもありますが、自分の席は正面で見えずも逆に映るスクリーン間近、ま、俯瞰して見れる席でしたが…アリーナ後方がすし詰め過ぎて、遠くから見てもかわいそうに感じました、追記までに。あれで15000円以上か、と思うと指定の有難さ、少しでもサイドとかの方が良いなぁと思ったり

<過去レビュー>
2010年 Doo Wops & Hooligans
2011年 Just The Way You Are (Remixes)
2011年 Earth To Mars
2012年 Unorthodox Jukebox (Target ver.)
2013年 Locked Out of Heaven (Remixes)
2014年 Uptown Special Marc Ronson
2016年 24K Magic
2017年 Versace On The Floor (Remixes)

BeBe Winans / America America (2012)

81XveUgneQL__SL1500_少し空きましたが、気まぐれです。なんか携帯が圏外か検索中みたいな感じになって、調子おかしく。かと言ってPCは元気だったんですが、iPhone 側の故障が原因みたいで1年半経ってるけど無償交換してくれて、でもバックアップ取れてなかったので(ここがアホアホ)、イチからアプリ入れ直したり面倒臭かったです。そんなんで色々更新も置き去りになってたのかもです。でも、勝手に自動バックアップ(?)、色々なクラウドとかもあって、データ残ってるのも多くて、ま、よく分かりませんが、iTunes は無事です。さてさて。

今回取り上げるのは、御年55歳、今やゴスペルの重鎮、ビービー・ワイナンス。個人的には、初期、そしてシーシーと組んだ当り、更には2000年頃のハウスへの挑戦だったり、何より未だに"Coming Back Home (with Brian McKnight & JOE)" が大好きだったり、その後のゴスペル作もクリスマス作も好きだし、最近も女性シンガーとの新曲を出したりと思ったら、本作現時点で最後のオリジナル作、それも強いアメリカを誇示するような作品を6年前に出していたとは、興味深く。

1. Star Spangled Banner
力強く、それでいてアルバムで言うとボートラというか、フィナーレみたいな感じなんだけど、ゾクゾクする始まり。アレンジも堂々と、アメリカ国歌の格好良さよ!
2. America America
タイトル曲。ピアノ、コーラス、シンセ、教会の雰囲気を持ちつつも、アダコンのフレイヴァーも、深いところでじわじわ聴かせるスロウ


3. America (My Country 'Tis Of Thee)
当時からすると3年前、オバマ大統領の就任式典でAretha Franklin が歌い上げたことでも有名、強いアメリカ、そしてこれを黒人が歌うと、凄く文化が伝うというか、彼のリリックの聞こえも良くて、凄く心に沁みる
4. We're The United States Of America
行進曲というか、古びた軍歌みたいな感じもするんだけど、そのコロンとした感触が意外にアルバムに馴染む。日本だったらどううだろう、軍歌とか歌謡曲に馴染まない気がするしな
5. Lift Every Voice And Sing
スムースに、静寂の中で燃ゆす魂とでも言うのか、まるでインストと言うか、音で感じさせてくれるバランス感


6. The Battle Hymn Of The Republic
ビービーの低域が徐々に輪郭を描き、僅かな叩きや女性コーラスが安心感を与えてくれる。アルバムの流れに抑揚、4曲目まではぶっ飛んでないかな
7. God Bless America
有名曲だけあって、聴かせ方はだいぶ気合!徐々にもり立てると言うか、サビっていって良いのか、高域の訴求は素晴らしく。なんでアメリカの歌は、こんなにもメロディアスに響くのだろう
8. You're A Grand Old Flag
コーラスの突き上げる感じが甘酸っぱいというか、、一直線過ぎて、ホーンの感じなんかも、教科書に載ってそうなぐんぐんエネルギー
9. America The Beautiful
Whitney Houston なんかもCDS C/W で歌ってたり、ここではR&B風にアレンジ。唯一って感じで。でも、ビートが前半後半で変化し、味わい深く
10. Ultimate Sacrifice
これはアメリカってテーマよりも、犠牲者に捧ぐ、アメリカらしいメッセージが詰った曲。現代版、ストレートな"Hero" みたいな曲


10曲・32分程、ここまでコンセプト纏めてきた作品も珍しく、かと言ってヒットするわけでもないんだろうけど、彼のアメリカへの思いだったり、その後のポジションの明確化には繋がってるような。短いアルバムだけど、さくっと、でもシンプルに濃い作品と思います。愛国心を示し、自身や周りを鼓舞する、素晴らしいです。

<過去レビュー>
BeBe & CeCe Winans
1988年 Heaven
1991年 Different Lifestyles
1993年 First Christmas
2009年 Still

BeBe Winans
1997年 Thank You
2000年 Love and Freedom
2001年 Coming Back Home (Remixes ft. Brian McKnight & Joe)
2002年 Live And Up Close
2003年 My Christmas Prayer
2005年 Dream

America America
Bebe Winans
Razor & Tie
2012-06-19

Bill Withers / Making Music (1975)

51Kts6alzrLビル・ウィザーズ、最初の3枚はSussexからリリースサれてましたが、本作よりColumbia にレーベル変更し、1年振り・4作目のリリース、R&B7位・POP81位を記録。現在79才、今だ現役、来日しないかなぁと思いつつ、名盤に深ける夜。Ray Parker, Jr. を始め、錚々たるミュージシャンが参加。ジャケのニンマリも嬉しくなる。CDもリイシュー継続での名盤。

1. I Wish You Well
2ndシングル、R&B54位を記録。けだるいヴォーカル、低域に薄く広がるコーラスはゴスペルぽさが。サビの連呼、声の存在感、結構インパクトをもたらすオープニング


2. The Best You Can
ニューミュージック、当時のソウルの変化がほのぼの臭う、美しさやら変遷を。彼のヴォーカルの直線が音に栄養、女性コーラスも幸せを運んでくれるよう
3. Make Love To Your Mind
1stシングル、R&B10位・POP76位を記録。ブラックシネマのようにホーン多めに、ちょいシンセ入ったり、洗練された真髄がたまらない魅力。女性コーラス、ワウワウなギターとの掛け合いだったり、聞けば聞くほどハマるセンス


4. I Love You Damn
1stシングルB面。中毒性のある掴みが難しいような、なんとも切ないシリアスなサウンド。前を行くのに、運びが弱いように展開も地味というか。こじんまり2分半、異色
5. She's Lonely
2ndシングルB面。連呼しつつ、なんだか秋めいた冷たさは印象的。アルバムの流れが秀逸、part.2みたいに延々じりじり、強調する毒々しい表現、世界
6. Sometimes A Song
音はだいぶ変わって、ソウルファンク、結構ゴリゴリ男気たっぷりに、1970年代前半のクールさが減って、より怒涛の時代に迷い込むようで聴き応え
7. Paint Your Pretty Picture
しっぽり刻まれつつ、なんかホッコリする温かいサウンド、声も優しさに包まれて、前曲と異なる調和が取れたバラード
8. Family Table
3rdシングルB面。ディスコなんかには感化されてないと思うけど、ノリ良いご機嫌ダンス寄り。ストリングスで美しさは極み、溢れる音に、とにかく癒やし度が半端なし
9. Don't You Want To Stay
演歌みたいな沈み、歪みがあるんだけど、音をたどると、かなり先駆的な要素が多いなぁと。ただアルバムに遜色ない色味で勝負されてるなぁと
10. Hello Like Before
3rdシングル。どこか、昼下がりの心地よさを演出するというか、なんかアルバムの濃淡を忘れさせてくれるようなアッケラカンと放たれるポップに平和なアコースティック


10曲・43分、今までのビルと傾向は異なれ、今で言うネオソウルに影響を起こしてそうな、とにかく10曲でここまで濃密に人間味を示したのは凄いなぁと。気持ち良いサウンド、そしてビルのヴォーカルよりも、時代が変わって色んな音をまぜこぜに提唱してきた感があります。笑顔の裏に、相当秘められたクリエイティヴを突破してきたなぁと。

<過去レビュー>
1971年 Live At Carnegie Hall
1974年 Justments

Making Music
Bill Withers
Reel Music
2010-12-07

Ben E. King / Seven Letters (1965)

R-2730460-1298430531_jpegベン・E・キング、オリジナル6作目。とは言え、前作はBen E. King's Greatest Hits 、でもアルバム未収録のシングルも多かったためオリジナルにも近い魅力もあったかも。とは言え、本作含め未だアルバムはチャートインせず。今回更にジャケがシンプルになりましたが、中ヒットが数曲入ってるので注目。今では廉価盤とかでも聴けるようになっています。

1. Seven Letters
タイトル曲且つ3rdシングル、R&B11位・POP45位を記録。シンプルに懐かしく、純白なソウル。なんかストリングスやコーラスが哀愁さそう


2. River Of Tears
3rdシングルB面。オルガンと、軽快なミディアム。若干のホーン等、彼のホンワカした音作り改めてすきだなぁと。女性コーラスで、なんか清らかに舞い上がるような美しさ
3. I'm Standing By
1stシングル、POP111位を記録。出だしは"Stand By Me" のような弦、敢えてなリズムがワクワクも、結構単調に進行しつつ、女性コーラスとホーンが独自にサッパリ色味に、ストリングスも彼の音には欠かせず爽快に


4. Jamaica
なんか震えるようなストリングスは録音環境の悪さ?ベンの曲ってこういうの良くあるなぁと。この曲については堂々たるヴォーカルの横でなる音に絶えず気になるという感じ…
5. Down Home
だいぶクリアな音に、ベスト挟んでたのも有り、この頃は結構録音時期に幅がありそう。ヴォーカルも男気と言うか、オチャメな発声も感じるし
6. Si Senor
1964年のアルバム未収録"What Can A Man Do" シングルB面。軽やかにシャララン、女性コーラスの加わり方も、まるでハワイアンのように。平和に楽しくCMみたいに、英語じゃないし。でも、こういったヤンチャにブギーな展開もサラリと歌っちゃうのは興味深く
7. It's All Over
2ndシングル、R&B40位・POP72位を記録。じりじりした序盤、最高なのはシャウト調にヴォーカルを荒らげるサビ。まるで人が変わったように、女性コーラスの味もあるけど、ベンの溌剌さが凄み


8. Let The Water Run Down
2ndシングルB面、野生なリズムに、鼓舞する全体ミュージシャンもコーラスも、ベンもかなり豊かに多種な調子で歌唱、ミクスチャー的な魅力
9. This Is My Dream
息遣いがとにかく面白い躍動、音は結構しっとりしてる。欠かせないコーラス、ストリングス、ストーリーを彩るように持ち場理解の抑えめで、ベンが絶えず強弱
10. It's No Good For Me
だいぶテンション落として淡い印象に、音もなんかシリアスというか、敢えて零すような感じで、夢寝見のようというか
11. In The Middle Of The Night
結構リリックを巻きで、彼の腹式に、更に豪快さ、パワー、技術も感じる。音は霞んで聴こえるけど、堂々さが最高潮
12. Don't Drive Me Away
最後あっけらかんと、コーラスが機械的?結構柔軟にかっ飛ばすベンは勇ましく、音も結構色々な展開で魅了、程よい感触で終了

12曲・32分、ベンらしい魅力が溢れたソウルアルバム。全体を通して、演奏やコーラスも色々と堪能できるし、ベンのヴォーカルの力が何より魅力。彼の1960年代前半は、音が割れたり、その歪が結構混ざってるのが、バランス含めて面白かったり。地味な立ち位置にアルバムかもしれないけど、彼を知る上では聴いておきたい作品だと思います。

<過去レビュー>
1961年 Spanish Harlem
1962年 Ben E. King Sings for Soulful Lovers
1962年 Don't Play That Song
1975年 Supernatural Thing
2011年 Dear Japan

Seven Letters
Ben E King
Sequel
1996-09-30

Original Album Series
Ben E. King
Warner Bros UK
2010-08-10

Betty Wright / My First Time Around (1968)

My_First_Time_Around現在64歳ベティ・ライト、先日取り上げたティト・ジャクソンのアルバムに参加してて、あー、2012年にライヴ観たなぁと回想し、なにか取り上げてなかった彼女のアルバム無いかなぁと探していたところ、彼女のデビュー作が何ともちょうど50年前に発売されてて、という事は実に彼女14歳の時の作品です!唯一本作のみATCO Records からのリリース、チャート圏外でしたが、シングル・カットは2曲。遡ると前年に Solid Soul からシングル盤発売されてますが、本作には未収録。

1. Girls Can't Do What The Guys Do
1stシングル、R&B15位・POP33位の初ヒットを記録!当時14歳と思えない堂々たる構えっぷり、中域も高域も自由自在。コーラスもホーンも結構落ち着きつつ、全体に骨があって、歌いっぷり驚異。Gladys Knight のデビュー当初と比して良いような出来っぷり


2. Funny How Love Grows Cold
ファンクで、かっ飛ばすようなヴォーカルは更に旨み、凄み。ハスキーさも猛烈、彼女がマイアミではなく、まだまだ泥臭いソウルで勝負してたなんて、年齢的にもこれはルーツが相当ぶっ飛んでるんだろう
3. I'm Gonna Hate Myself In The Morning
情念込めて、彼女の抑揚も見事楽しく心に浸透するし、コーラスもパワフルに、当時のメンツ恵まれてたんだろうなぁと
4. Circle Of Heartbreak
なんと14歳のBetty Wright 詞曲。こりゃ、日本で言う宇多田ヒカルにも近い、早熟。ソウルのようでゴーゴーのような、でもソロにてぐいぐい引っ張る様相、勇ましい。とにかく声質にパンチがあるのが特徴
5. Sweet Lovin' Daddy
1stシングルB面、ポップにメロディアスも、どこまでもハッチャケご機嫌パンチ炸裂!節もプリプリ、完全に飲み屋で喉壊したマダムって感じに聴こえるくらい
6. Cry Like A Baby
Dan Penn 作、The Box Tops 同年オリジナルの名曲カヴァー、A面は此処まで。ハスキーというかドスが映える曲、淡々と進行しつつも、生まれ持った天性でのアドリブも随所、サウンド低めにクール
7. Watch Out Love
2ndシングルB面、かなりタイプが異なる曲。ストリングスや、美しいミディアムスローで、ほんわかバラード。彼女の違う側面を、大人な魅力混じりに妖艶に
8. He's Bad, Bad, Bad
2ndシングル、ポップにわかりやすいメロディ、なんかベティの粗さも可愛さも、どっちつかずのシングルだったかも。でも若さを押し出した、フィット感は強め


9. I Can't Stop My Heart
再びバラード、こういう色っぽさも合うのは個性だろうなぁ。抑揚ばっちしだし、今後をかなり楽しみにさせてくれる。バンド従え、クラブジャズなんかでも単独できちゃいそうなポテンシャル
10. I'm Thankful
粛々とした感じだけど、彼女の場合、曲に命の吹き込み方が絶品で、強弱だったりで歌の雰囲気がどんどん膨らむ、それに助長されるように音も豊かに
11. The Best Girls Don't Always Win
緩め、しっぽり静まり、出だしから声の出し方からして逸品!地声はあまり使わず、ふわっとした感触を大事に、日本だと元気に音程通り上手く歌えるがすべての文化に思うんだけど(近年の歌コン)、そうじゃない曲に染まり、曲を染め上げる感じが素敵
12. Just You
ストリングスのウネリが個人的に好き、控えめな歌唱、最後を優しく彩る、バラード。なんか夕暮に染まるというか、パワーもありつつも、どこか癒やしを与えるような曲に

12曲・32分、個人的にA面のかっ飛ばしこそ改めて彼女を好きになったけど、なんと言っても術を駆使するB面こそ彼女のスタイルを決定づける天才さ。これは未だにリイシューされたりしてるけど、びっくりする程の名盤だと思います。特に14歳とは到底思えない歌力、歌心。こういう歌手が、未だにスタイルを変えながらも半世紀後も活躍していることに心から喜び。

<過去レビュー>
1972年 I Love The Way You Love
1978年 Live
1988年 Mother Wit
2012年 Live at Billboard Live Tokyo

My First Time Around
Betty Wright
Imports
2014-04-22

マイ・ファースト・タイム・アラウンド
ベティ・ライト
ワーナーミュージック・ジャパン
2012-10-03

Visitor

    Search in this blog
    Categories
    Archives
    Website for Aretha's Fans
    アレサ・フランクリン・ファンサイト
    Profile

    YO-SUKE

    Every Day MOBILE!!
    QRコード無料作成

    Twitter
    Blog Ranking
    にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 音楽ブログへ
    是非、クリックにご協力ください!  
    Comment