SOUL FOOD, SOUL LIFE

【ほぼ毎日“R&B/SOUL”のCD全曲レビュー】Aretha Franklin の来日祈願と、YO-SUKE の日常備忘録も

* INDEX - L

Lalah Hathaway @ Blue Note Tokyo (2018)

lalah01レイラ・ハザウェイ、2018年ジャパンツアー。なんとも、4月9日(月)・10日(火)ブルーノート東京、11日(水)はお休みで、12日(木)ブルーノート名古屋、13日(金)梅田クラブクアトロ、14日(土)・15日(日)、7日中6日がライヴ、そしてブルーノートは1日2公演なので、6日で計11公演の、昔のソウルシンガーばりのスケジュール、普通なら喉が心配。個人的には彼女のライヴ初参戦、そして今月Lisa Fischer 以来12日ぶり、レイラのライヴは最終日の最終公演!週末だったこともあり、満員。満員の風景、素敵だなぁと。

大人の空間、19時開場、日曜なので変則時間。19:50には、前座風にキャストのDJ Spark によるソウルを中心としたDJメガミックスで会場を温め。なんか嬉しい演出!20:00過ぎ、暗転し、素敵な演奏。ベース、ドラム、オルガン兼キーボード、男性コーラス(兼ダンス?水ペットボトル渡しw)、そしてDJ、でレイラ。安泰に登場、自分はステージ前方見て左側端の自由席だったので、ちょうどレイラ登場を間近で!

もう初っ端から、低域のヴォーカル、溢れるというか、会話すると言うか、自然の発声。父ダニー・ハザウェイと似てる部分と、天性で異なる才能の融合というか、もう神秘に奏でられるヴォーカルに感嘆。既に49歳ということだけど、一見30歳くらいにも見える、これはジャケ写とかもそうだけど、ほんと初々しい。動きは、これは褒め言葉なんだけど、渡辺直美のような、顔芸だったり、どっぷり育まれる動きだったり。グルーヴ、彼女の染み付いた才能、どこまでも陶酔。日本何度も来てるかもだけど、日本語も自然、ソウルフル、ちょっと敬語がどう、とかはどうでも良くて、存在が圧巻。

lalah03lalah02"Angel" "A Song For You" "Forever, For Always, For Love" いやー、感激の連続。終盤、ラストナイトということもあり、トランペッターTOKUさんと、ラッパーZEEBRA までステージに登場、スキャット対決、もう驚異に満足、サービス凄い。ブルーノート2nd、実に90分、アンコール前に一旦袖へ、その際に「Thank You」って声掛けたら、めっちゃ愛くるしい感じでリフレクションしてくれた、もう最高、袖最高。

アンコール2曲、最後まで隙なし。とにかく、ステージ全体を見て聴いて楽しめる、ソウルもR&Bも、ジャズもゴスペルっぽさまで、ラップまで、いやー、超絶フリーソウル。彼女がグラミーに卒なく愛される、そしてそんな彼女を間近で見れる幸せ、日本びいき、素晴らしいなぁ。もう、彼女をこれからだけど、もっともっと聴いていくぞ!大ファンになりました。

<過去レビュー>
2015年 Live

Donny Hathaway
1970年 Donny Hathaway
1970年 Everything Is Everything
1972年 Live
1972年 Roberta Flack ft. Donny Hathaway
1972年 Come Back Charleston Blue (OST)
1973年 Extension of Love
1980年 In Performance
1990年 A Donny Hathaway Collection
2004年 These Songs for You Live

Lisa Fischer & Grand Baton @ Blue Note Tokyo (2018)

lisafischer02The Rolling Stones, Luther Vandross を支えた、そして愛されてきた孤高のバックシンガーの歌姫、リサ・フィッシャー、遂に観覧できることに。ブルーノート東京でのライヴは、Peabo Bryson & Deborah Cox 以来実に、個人的6年振り。作夏にブルーノート・ハワイにお邪魔しましたが、いやー、久々の空間にワクワクも絶好調。何より、ここ最近は、「ゴメンナサーイ、アイシテマース」のイントロで始まるグラミー獲得曲"How Can I Ease The Pain" ヘビロテ、もちろん唯一のソロアルバムも聴きまくり、更には最近のライヴ映像なんかも、神がかってて、ほんと期待は凄かった。2日連続のショー、整理番号は中盤だったけど、自由席前方取れてラッキー。

今回は、グランド・バトンなんるトリオ編成、ドラム(音頭)、ギター、ベース(だっけ?)の最小。自分は20:20開場、既にドデカハイボール2杯呑んできましたが、そっから女友達とワイン2本開けるラヴリーな夜が始まるわけですよ。入りはまぁまぁ、混んではないかな、平日ってのもありそう。21時、ライヴはスタート。後ろからバンドと共に。リサ、貫禄ある59歳、でも可愛らしいんだよね、魅惑。

1曲目から惹き込みが凄い、2つのマイクを操って、声が自然に溢れるというか、ビブラートでもなく、すっと出て、すーっと消えていく、でもブレスなく、ぴしっと決まる。もう悶絶というか、神の領域。凄く楽しんでるし、空間に浸透してるし。ストーンズの"I Can't Get No Satisfaction" スロウに、味わい深く。リサの曲はあまりやらないのかな、っていうくらいに、独特の世界感で繰り広げられるライヴはほんと悪女、魅惑。嬉しいことに観客席を歩いて、人懐っこく、でも どこにいても声の存在感と発し方は、もう天性すぎる。

lisafischer01lisafischer03lisafischer04The Carpenters "Superstar" からの、本人大ヒット曲までの流れるようなマッシュアップ、もう悶絶、気合入ったなぁ、こっちまで。2ndショーってのを忘れるくらい、まだまだパワーが凄いし。終盤酒のせいでよくわからなくなりましたが(笑)、とにかく感動した。また観たい、彼女はソロで輝く!だからこそバックコーラスで大物を光らせてきたなぁと。

観客にも居たけど、吉岡正晴さんレビューの前回の来日時のセットリストとも結構異なる。ライヴも色々と引き出しを用意してて、日本のニーズとも結構マッチするし、まだまだお元気な限りは、ぜひぜひ日本のファンを喜ばせてほしいなぁと切に感動でした!皆さん、次回来日時は是非、お見逃し無く。とにかく本格ですから。

<過去レビュー>
1991年 So Intense
1991年 Save Me (Remixes)
1991年 Glad To Be Alive with Teddy Pendergrass
2013年 バックコーラスの歌姫たち

So Intense
Lisa Fischer
Real Gone Music
2013-11-25

ソー・インテンス
リサ・フィッシャー
WEAミュージック
1991-05-25


バックコーラスの歌姫たち [DVD]
ミック・ジャガー
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2014-07-09

The Last Poets with Bernard Purdie / Delights of the Garden (1977)

51Fb8dl7yZLラスト・ポエッツ、ニューヨーク ハーレム出身。1970-71年の序盤はヒットアルバムにも恵まれたけど、1973年より実に4年振り・6作目、チャート圏外。本作は何と言っても、バーナード・バーディが参加していることが味噌!ジャケットは近未来のようであり、古臭くもあり、ちょっぴり試聴したら、心ズキュンと来てしまい、アマゾンアンリミテッドなんで、そのまま堪能。

1. It's A Trip
出だしから、テクニカルなヴォーカル、スキャット風にも小刻みにファンク!バディ参加ってのもあって、音もウキウキしちゃうし、泥臭さよりもサッパリした気持ちよさ。裏のうねうねコーラスも粋に疾走感


2. Ho Chi Min
緩めに、100 Proof みたいな、音はライト級なのに、しゃがれてクールなMC重ねみたいな、荒業、とにかく興味深く
3. Blessed Are Those Who Struggle
結構同じ調子、軽めに、でも凄く聞きやすい仕上りの音を用意。演奏陣少なめ、なので各個性ヒキタチ、何よりヴォーカルのパンクファンク、凄く浮きだっててラップみたいに感じるし
4. The Pill
ちょいテンポや音の泳ぎ方も変化、R&Bにも近いかな。でも、じっくり奏でられ、精神をさっぱりと音に体現、歌というよりも自然に溢れる感じで力まず
5. Delights Of The Garden
タイトル曲、1曲目にも近い、うねうね感。いたって平坦に永遠、このコネクリ技がファンク。掴みどころの薄い進行だけど、彼らはもう悪あがきのように楽しそう


6. Be
呑気にファンクなお経、でも遊んでるクリティカルなヴォーカル、リリック、このアンバランスが良いね。とにかく緩い、アホアホな感じ、敢えてだな
7. Yond
前曲を引き継いで、中毒性。まだまだ掴めない、ふんばっても出ない、なんだろね、この地味に延々、ヴォーカルは相当にはっちゃけてるけど
8. Er
ラストは微妙な、ゆったりモード。でも重ねる地味な行進モードヴォーカルに、ゆったり地味なファンク

8曲・41分、通しで感想を書こうとすると、どうにも地味な連発だったんだけど、何気なく聴く分には凄い楽しいというか、癒やしではないんだけど中毒性リピートしちゃう、生活への密着感があるんだよね。タイトルに有る庭の料理とでも訳すのか、日常を自然に楽しむレシピみたいなのが、ほっこりファンクとして自由に存在。

Delights of the Garden
Last Poets
Charly UK
1999-07-01

Leroy Hutosn / The Man! (1974)

51dR+TSJsvL__AA256_リロイ・ハトソン、2018年5月3日・5日に東京、同7日に大阪に来日、これが初来日ですぞ!発売が来月2月なので、GW予定入らなそうであれば絶対に押さえたいところ!失礼な話、もう1982年の作品以来リリース止まって現役も終わってると勝手に思ってたので、活動云々前に生きてるかも分かってなかった(現在72歳)。自分はCurtis Mayfield を継承した後期The Impressions も好きで、リロイのこともCurtom における重要人物としてかなりマークしまくって聴きまくってました。でも案外CD化が薄かったり。1998年にUKでCD化されたみたいだけど、高値すぎたし。ただ、アマゾンリミテッドで長らく自分の聴けてなかったアルバムが・・・ヨダレです!本作、前年のソロデビュー作から1年振り、彼自身最高位となるR&B36位を記録!

1. Can't Say Enough About Mom
しんみり、もっさりした音でスタート、若干悲しすぎる感じかな。でも、1分のイントロを抜ければ、爽快なヴォーカルとともに自然な溌剌さ。だいぶ不思議な抑揚を引き出しつつ、結構苦難のソウルの創出な印象、実に6分超


2. Gotta Move - Gotta Groove
更に重たさ継続に、ヴォーカルの重ねは白人ポップの意識にも感じる。艶だったり、放ち方だったり。ちょっと個人的には賛否あるかも、なんか彼らしくない追求にも
3. Ella Weez
1stシングル、R&B81位を記録。ストリングスを裏に、豪快に飛ばすヴォーカル、でも程よいボリューム感というかパワー、女性コーラスも絶妙、全体を通して安定のカートムソウルファンク

4. Give This Love A Try
音はカートムなんだけど、どこか淡く、冷たく悲しく、つぶやくようなヴォーカルが印象的。2曲目よりは聴こえが良いけどA面ちょっと、シングル以外なんか、なんか・・・
5. The Ghetto '74
待ってましたのサウンド、カートム、そしてリロイの進化がわかりつつ、Donny Hathaway の人間味をドライにアレンジしたようでニンマリ、外野も良いムードに


6. After The Fight
出だしからのストリングス使い、ファンク王道にフックも多めに、ミディアムの中で遊び色々とあって、これは期待以上。ただヴォーカルが若干曇り気味かな
7. Could This Be Love
1stシングルB面。滑らかに進んでいく無難なんだけど、中高域があったり、ホーンも振る舞って、全体を通して旨みがあった感じで、標準よりは上って感じ、ちょい辛口ですが


8. Dudley Do-Right
掴みが難しくも、彼らしいウネリを持って進行するミディアムファンク、喉の鳴らしや、音域の抑揚など、結構惹きは高め

8曲・31分、大ヒットとは言えない作品ではあるものの、一目置かれるソウル作品っていう感想でしょうか。出だしからだいぶひねってて、シングルが可愛らしく見えましたもん。ただ全体を通して存在感を増してくる曲が多そうなので、彼の中で評価の高いアルバムながらシングルカットが1曲ってのは頷けるかも。確かに隠れた名盤ってよりも、やっと辿り着いて聴くべくアルバムって位置づけかもなぁと。。

<過去レビュー>
1973年 Love Oh Love
1975年 Huston
1978年 Closer to the Source
1982年 Paradise

The Man!
Leroy Hutson
Charly
1998-01-01

Luther Vandross / Songs (1994)

51jULKBKSoLルーサー・ヴァンドロス、1年4ヶ月ぶり・9作目のオリジナルアルバムは、全編カヴァー。R&B2位・POP5位、UKでは初の1位も獲得。本作後にはクリスマス作、ベスト2枚など、彼の活動において結構集約されてきた時期。評価も高く、第37回Best R&B Album ノミネート(受賞は無しだけど、3曲で別途ノミネート)。このアルバムを引っ提げて開催されたUKでのライヴDVD Always and Forever - An Evening of Songs (Live at Royal Albert Hall) は今でも本当に感動の渦。今回はまだ取り上げてなかったってのも意外だったんだけど、ルーサーのピュアに、ずば抜けた実力、「歌」を痛感できる渾身のアルバムを!

1. Love The One You're With
3rdシングル、R&B28位・POP95位を記録。Stephen Stills オリジナルだけど、絶対にAretha Franklin "Live at Fillmore West" に感化されての録音。コーラス自体がゴスペル仕立て、イントロからゾクゾクの展開。でも基本はポップさも取り込んで、リスナーの層を広げることに躍起。アルバムヴァージョンは後半やや尺長め。Best Male Pop Vocal Performance グラミー賞ノミネート


2. Killing Me Softly
Lori Lieberman オリジナルだけど、これはRoberta Flack カヴァーという感じでしょう。彼が子供の頃に聴いてたブラック系女性シンガーへの魅了が大きく。凄く、心が冷える感じで、かなり質感も素晴らしいバラード。ロバータとは異なる、新たな素敵さに溢れてます
3. Endless Love (with Mariah Carey)
1stシングル、R&B7位・POP2位を記録。Diana Ross & Lionel Richie カヴァー。デュエット相手は、当時はまだ純白が似合ったマライア。当時、日本のTVインタビューにも出演していたようで(YouTube より)。オリジナルがソウル要素あったとしたら、こちらはポップさが強いかな。個人的にはライヴ音源収録の輸入盤も、両者のソロヴァージョンを収録した国内盤も重宝。Best Pop Collaboration with Vocals グラミー賞ノミネート


4. Evergreen
Barbra Streisand カヴァー、完全に黒人ファン向けというよりも、ポップフィールドに彼のヴォーカルをン轟かすように。王道スロウ、そーっと歌う美しさ、リリックを噛み締めながら、涼しく声が抜けていきます
5. Reflections
Diana Ross & the Supremes カヴァー、ダイアナ関連2曲目。コーラスの厚みに感化され、ルーサーのヴォーカルはアイドルポップではなく、新鮮な魅力に変わったゆったりクラシカルなソウルポップに
6. Hello
日本のみシングルカット。Lionel Richie カヴァー2曲目。神妙なアレンジはオリジナル同様なんだけど、もう、とろけるほどに、しっとり柔らかく歌われてて、こっちまで溶けてしまいそう。でも、シリアスさも含まれ、ストリングスと共にストーリーを広げ、深い味わい


7. Ain't No Stoppin' Us Now
4thシングル。McFadden & Whitehead カヴァー。アルバム中盤にて、軽快に。コーラスとの楽しさも伝うし、アドリブで高域もぐんぐん飛び出すし、曲の愉しさ・喜びみたいなのが半端なく放出


8. Always And Forever
2ndシングル、R&B16位・POP58位を記録。Heatwave カヴァー、アルバムの中で灯のように、地味にも安定的に彩ってくれるバラード。当時のライヴDVDタイトルにもなってる程、麗しさ秀逸。Best Male R&B Vocal Performance グラミー賞ノミネート


9. Going In Circles
3rdシングルC/W。The Friends of Distinction カヴァー、だいぶどっしりと構えてるんだけど、控えめと思ったら後半の彼の力は半端なく


10. Since You've Been Gone
Aretha Franklin カヴァー2曲目。敢えてクラシカルなR&B風に、ちょっとアレンジも余裕に引いて奏でるように、スピード感を削ぎ、興味深いスロウに
11. All The Woman I Need
Linda Clifford オリジナル、Whitney Houston を意識されてのカヴァーでもありそう。かなり力量が求められ、それも男性によるカヴァーなので、彼も向かうべく覇気が最高潮。悲しげでもありつつ、気迫が違う
12. What The World Needs Now
Jackie DeShannon オリジナル、前曲の叔母 Dionne Warwick 意識でしょう。ゆったりしてて、息抜きな印象かな、でも美世界は怠らず、彼の息遣いに驚かされる
13. The Impossible Dream
Richard Kiley オリジナル、The Temptations からの引用じゃないかな。終着、しっとりとした哀愁みたいなものが溢れつつつつも、彼の突き上げるような終盤の歌い上げは涙


13曲・62分弱。正にグレイテストなカヴァーアルバムだと思います。歌に惚れ惚れしたい人向けかな。R&Bとかの概念ではなく、素敵な歌がこんな感じで蘇ること自体、オリジナルアーティストにとっても嬉しいんじゃないかな。時代に合わせたのではなく、歌と向き合ったからこその、「歌手とはこうあるべきだ!」と歌って示すが如く、ほんと改めて音楽の素晴らしさと向き合える作品だと思います。

<過去レビュー>
1976年 Luther *group Luther
1977年 This Close To You *group Luther
1979年 New York City Band *New York City Band with Luther Vandross
1980年 Never Too Much
1982年 Forever, For Always, For Love
1985年 The Night I Fell In Love
1986年 Give Me The Reason
1988年 Any Love
1989年 Live at Webley DVD
1991年 Power of Love
1991年 The Rush
1991年 The Best Remixes
1991年 May Christmas Bring You Hapiness
1993年 Never Let Me Go
1993年 Heaven Knows
1994年 Endless Love with Mariah Carey
1994年 Always and Forever - An Evening of Songs (Live at Royal Albert Hall)
1995年 The Best Thing In Life Are Free Janet Jackson with BBD & Ralph Tresvant
1995年 Ain't No Stoppin' Us Now
1995年 Greates HIts 1981-1995
1995年 This Is Christmas
1996年 Your Secret Love (Remixes)
1996年 Your Secret Love
1996年 I Can Make It better
1997年 One Night With You : The Best of Love
1997年 Love Don't Love You Anymore
1998年 I Know
1998年 I Know (Remixes)
2001年 Luther Vandross
2001年 Take You Out (Remixes)
2001年 Can Heaven Wait (Remixes)
2001年 Home For Christmas
2002年 I'd Rather
2003年 Dance with My Father
2005年 So Amazing: All Star Tribute Luther Vandross *V.A.
2006年 Forever for Always for Luther vol.2 *V.A.
2006年 Shine
2006年 Ultimate Luther Vandross
2007年 Love Luther
2008年 All The Hits DVD
2010年 Essential Mixes
2012年 Hidden Gems
2012年 The Classic Christmas Albums
番外編 Instrumentals (1981-2007)

ソングス
ルーサー・ヴァンドロス
エピックレコードジャパン
1994-10-06

Songs
Luther Vandross
Sony
1994-09-20

Songs
Luther Vandross
Sbme Special Mkts.
1994-09-20

Songs / Your Secret Love (Slim)
Luther Vandross
Sony Bmg Europe
2008-06-24

Visitor

    Search in this blog
    Categories
    Archives
    Website for Aretha's Fans
    アレサ・フランクリン・ファンサイト
    Profile

    YO-SUKE

    Every Day MOBILE!!
    QRコード無料作成

    Blog Ranking
    にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 音楽ブログへ
    是非、クリックにご協力ください!  
    Comment