SOUL FOOD, SOUL LIFE

【ほぼ毎日“R&B/SOUL”のCD全曲レビュー】Aretha Franklin の来日祈願と、YO-SUKE の日常備忘録も

●Japan Music

渡辺美里への大江千里提供・参加、計18曲

senri渡辺美里関連、岡村靖幸関連作の記事が当ブログとは異色ではあったもののPVが高くて、次いで引退を発表しちゃった小室哲哉関連の記事がここのところPVの高くなってきて(当時ゴールデンコンビって言ってたっけ)、その流れで今回は大江千里ソングブックを作成してみたいと思います(確かプラチナコンビって言ってた気がする)。

そいえば、岡村ちゃんと美里のコンビは何て言うのか言及されたことはあるのだろうか、個人的にはアブノーマルコンビって感じがしてますが。さて、千里さん、全盛期80年代はあまり曲提供してないんですよね、やっぱTK・岡村ちゃんてのが定番だったみたいで。木根さんよりは総曲数はありそうですが、案外おもしろい辿りになりそう。

1985年 悲しいボーイフレンド 作詞・作曲
2007年 悲しいボーイフレンド 作詞・作曲
前者は後藤次利編曲でデビュー作eyes収録、可愛らしい女の子のラヴソングを、大江千里が仕上げるという繊細さ。ファンの隠れた名曲って感じでしょうか。後者は石成正人編曲で同名タイトル映画悲しいボーイフレンド主題歌に採用され、翌年2008年のカヴァーアルバムDear My Songs 収録。大人になって甘酸っぱい青春を思い出すような感触かな

1986年 本降りになったら 作詞・作曲
こちらは客演、大江千里AVEC 収録、大村雅朗編曲。なんか、大人になりたての男女の青春ラヴソング、景色が見えるし、なんか朴訥とした雰囲気全体がスーッと入ってきて洗練。映像は18年目の西武ドームライヴで千里さん初ゲストでの共演シーン


1988年 10years 作曲
1995年 10years 作曲
2005年 10years (V20 Version) 作曲・演奏
2008年 10years 作曲
これが最高傑作と言う拝も多いと思いますが、素晴らしい名曲。アルバムribbonラストに収録、後に"君の弱さ"両A面シングルとしてカット、UCCコーヒー本人出演3本目のCMソングとしてお茶の間にも。1995年(初のライヴアルバムLive Love Life 収録)・2005年(シングル"トマト" ボートラ収録)はそれぞれ西武球場ライヴより音源化。2008年にはカヴァーアルバムDear My Songs 収録で、大人アレンジにて。千里さんもカヴァーしてます


1989年 すき 作曲・コーラス
1989年 すき (Apricot mix) 作曲・コーラス
アルバムFlower bed ラスト収録(なんとも2作連続、ラストだけ千里さん)。ほっと落ち着くパートにフィット。優しいメロディ、その一方で雨の西武球場の映像はインパクト大。シングル・カットされたヴァージョンは若干音がピコピコしてます


1991年 夏が来た! 作曲・コーラス
1995年 夏が来た! 作曲
2005年 夏が来た! 作曲
オリジナルは意外にもオリコン8位が最高ですが、アルバムLucky 1曲目収録で、夏の定番に!Bon Jovi 意識で作曲依頼したそうですが、シンセを除けば、ポップな日本の夏というのが反映された青春佳曲。その後、10周年の西武球場ライヴアルバムLive Love Life 1曲目収録、茶番ですがミニアルバムうたの木 seasons “夏”でも2005年にサルサクラブミックスみたいな感じでひいっそりカヴァーしてます


1998年 素顔  作詞(渡辺美里共作)・作曲
1999年 素顔  作詞(渡辺美里共作)・作曲
2008年 素顔  作詞(渡辺美里共作)・作曲
アルバムハダカノココロより、ここから3曲連続。映画F主題歌、この年は例年になく二人のコンビが盛んに。非常に言葉の大事さを感じる素敵なバラード。1999年オーケストラライヴ作 うたの木 Gift 収録。2008年にはカヴァーアルバムDear My Songs 収録で、なんかシリアスさを追求するような感触で

1998年 太陽は知っている (渡辺美里共作)作詞 ・作曲
熱闘甲子園テーマ曲、個人的に美里の夏の集大成みたいな曲の印象。女性が青春をこうやって表現し続ける杞憂稀なアーティストの領域に、リリックの的確さ・速さ、音域もずば抜け


1998年Welcome (渡辺美里共作)作詞 ・作曲
1999年Welcome (渡辺美里共作)作詞 ・作曲
駄作がないというか、21世紀に向かうべくメッセー性、決意というものがより深まる印象。翌年オーケストラライヴ作 うたの木 Gift にも収録

2000年 Gift 作詞
オーケストラライヴ作 うたの木 Gift 収録、唯一の新曲・レコーディング作、作詞のみで参加。今までに無かった、蛍の光平成版みたいな印象

2002年 egoism 作詞
アルバムSoleil 収録。2曲連続意外性、作詞のみ参加していたとは。凄くメッセージ性が濃く、既に前年仕上げてた曲のようですが、911が起き、リリースタイミングを延期していたとか

2003年 天使がいるのを知っているかい 作詞・作曲
アルバムOrange 収録、不思議な雰囲気に包まれるデジタル支配。アルバムにひっそり、ストーリー曲のように、ヴォーカルも不思議な感覚半端ない

2005年 メロディ 作詞・作曲
アルバムSing and Roses〜歌とバラの日々〜収録、個人的に"Lovin' you" に似た詞や全体の音の感じが好き、なんか心がきゅっとシマルというか

2005年 Oh! Hardest night 作詞・作曲
同じくアルバムSing and Roses〜歌とバラの日々〜収録、重たいサウンドなんだけど、どっしりと立ち向かう女性戦士のような姿が浮かぶ

2009年 始まりの詩、あなたへ 作詞・作曲:大江千里
先に岩崎宏美が歌ってますが、ビジネス的にらしく、美里は自曲のようにかなり大切に歌い続けてますね。アルバムとしては2011年Serendipity 収録ですが、先に2010年25th Anniversary Misato Watanabe Complete Single Collection〜Song is Beautiful〜収録


2011年 春の日 夏の陽 日曜日 大江千里
アルバムとしては2011年Serendipity 収録、Tokyo-FM ラジオドラマNISSAN あ、安部礼司 〜 BEYOND THE AVERAGE に長らくテーマ曲になってた、ほのぼの系。

2011年 人生はステージだ! 作曲
アルバムとしては2011年Serendipity 収録、突き抜けるご機嫌ロックファンクという感じでしょうか、こういうハッチャケな感じが多いのは今尚特徴的

2014年 ここから 作詞・作曲
先行シングル、アルバム Ordinary Life 収録。美里らしいポップで青春メッセージ綺麗な曲


2015年 A Reason 作詞・作曲
アルバム Ordinary Life 収録。ゆったり、大人の女性とて、柔らかなバラード。今までと異なる、なんか脱皮が起きたような曲に

1987年OLIMPIC からは、"小首をかしげるTシャツ" では出だしからインパクト有るアカペラでコーラス参加、更に"エールを送ろう" でも(あまり声が判別しにくいけど)。1988年1234 からは、"ジェシオ'S BAR" でも元気にコーラス参加。1991年HOMME からは、ヒット曲、"格好悪いふられ方"でのサビ後の印象的なパートに、更に前曲のシングルC/Wでもあった、""COWBOY BLUES" でも、1997年シングル、""HYPERACTIVE DINOSAUR" ではワンパクにコーラス!

案外、80-90年代の曲は少なかったですが(その一方でコーラスのみ大江千里作品に参加は6曲も)、30年に亘りポイント・ポイントで協力し合う観点では、TK・岡村ちゃんはほんと最初の10年弱ってところなので、良い意味で重要なパートナー的な関係が伺えます。時代によって、意味有る参加ってのが滲むようだし、共通して言えるのは良い曲にこだわってるなぁという印象です。

浜田麻里 / Mission (2016)

81uUKaAQrQL__SL1500_浜田麻里22作目のオリジナル作、実に前作から4年振り。この間、デビュー30周年企画かINCLINATION III, MARI HAMADA COMPLETE SINGLE COLLECTION 等のリリースもあり、満を持してリリースという所でしょうか。それにしても、今回は初回版ボーナス曲を追加したり、チャートも大健闘のオリコン11位を記録。ファンの心を掴んで止まないメタルの女王。個人的に、超ハイに走る時にメタルを聴かないでもないんですけど、そこまでガッツリ聴くわけでもないですけど、彼女だけは別格。メタルという音を持ちつつも、彼女の世界観、美しさ、繊細さ、何よりヴォーカルの超越した上手さ、高域も神の粋。是非AKBあたりと共演していただきたいと思う限り。


1. Sparks
タイトルは、直球正にスパークス!その鮮烈な輝き、パワー、想起通りの躍動、迫力。とにかく声が超絶楽器のようにブチ放たれてく!歌詞もクールなんだけど、とにかく音と張り付く声こそが魅力健在
2. Dystopia
暗転、スムースに無機質に声が震え響くというか、自然だったり時間だったり、人間の奥深い部分を追求され、メロディはどこか日本の懐かしさもあれ、サビでの切り拓きは悶絶。バラードとてしっとりと、でも2番からは迫力増して重厚なサウンドに、SF映画のハイライトの如く、もう完全に世界に挑む凄みさえ感じる
3. Superior
音はX Japan にも近いくらいにバシバシと攻撃的なんだけど、ヴォーカルはクールに淡々と、でも攻めてる領域は桁違い。まさに女性戦士、最後までパンチは衰えず、驚異のハイトーン
4. Rin
ミディアム、情緒的というか、奥底に感情を眠らせながらも、タイトルじゃないけど、凛とした気持ち・想いを放ちながら、6分に亘るショートムービーのよう。終盤のコーラスだけのところとか、ストリングスも加わり、でも基軸は鳴りまくるけたたましいギターサウンドだったり、もう展開が見事過ぎる
5. Monster Wave
モンスターの波という悪魔よりは、結構浸透度の高いメロディで聴きやすく。結構歌詞も聴こえが良くて、じっくり堪能できる休息かな、とは言えクオリティは高すぎるままですが
6. Tears Of Asyura
今後は阿修羅の涙、もう完全世界のSF超決戦みたいになってきた。淡いヴォーカルは悲壮感誘う、ファルセットの表現までもが新たな魅力として。目のつけどころが昔から凄いんだけど、曲をただ自由に楽しむってよりは、歌を通して知的な発見が大きく、地を這うようなサウンドも個人的に好きだなぁ
7. Rainbow After A Storm
嵐明けの虹、いやー、もう完全に暴風雨のような異常気象。虹なんて出ないよ、それくらいにもう完全にパンチというか、稲妻状態。彼女が今なお、こんなに攻めまくるとは、もうシャウトも絶叫状態に、これがしっかり名曲として息づくんだから、もう完全無欠です
8. In Your Hands
ポップでキラキラとしたロックンロール、コーラスの被せ方なんかも遊んでるし。敢えてこういうのを挟んでキャッチーに、他の曲も良い意味で映えるし、バランスがいいなぁと
9. Carpe Diem
もう完全無欠の爆発状態、最初は抑えめと思ったけど、音の叩きがヤバイ!でも涼しく歌ってるように麻痺して感じちゃうのも、耳肥えのせいだろうか。後半なんてツインギターにてパワー昇天、ヴォーカルもいつぶっ壊れて天井になるかも分からないほど秘めてるものが凄い。メロディ自体は掴みやすいからこそ、この組み合わせに悶絶

10. Beautiful Misunderstanding
急に調子が変わって、聞きやすいメロディ、サウンド、ヴォーカル。すーっと浸透する全体、個人的にはPersona くらいの時の美しさの再来って感じがする、ヘビメタ過ぎず、ドラマティック優先。でも今の麻里さんは音をある程度激しく

11. Orion
ラストは7分、タイトルにフィットする美しさで、シンセとピアノで煌めきバラード。日本語が冴え綺麗に、超絶ヴォーカルで感動を響かせる、力量・感情までもが最大限パックされた極上


11曲・62分、もう世界観の新たな提唱までもが素晴らしく、ヴォーカル80才くらいまで衰えないんじゃないかって思えるブットビ具合。個人的にジャンル違えど、男性が玉置浩二ダントツだとしたら、絶対に女性は浜田麻里なんだよなぁ。改めて、重厚なサウンド、攻めまくりながら彼女のスタイルをより磨きかけるアルバムとして、アルバムタイトルMission 完遂と言った感じでしょうか。まだまだ、今後の創作に期待!なんともOfficial Twitter 始まったようで、もう綺麗過ぎる、奇跡の55歳。今後も楽しみにしとります。

<過去レビュー>
1994年 All My Heart Mari Hamada 名義
1996年 Persona
2012年 Legenda
2012年 Legenda Tour Final @ Tokyo Nakano-Sunplaza
2013年 INCLINATION

Mission
浜田麻里
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2016-01-13

【Amazon.co.jp限定】Mission (付箋セット付)
浜田麻里
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2016-01-13

Mission (デジタルミュージックキャンペーン対象商品: 400円クーポン)
浜田麻里
徳間ジャパンコミュニケーションズ
2016-01-13

佐野元春 / Visitors (1984)

51SWtLZk1xL__SX425_1980年4月21日ソロデビューした佐野元春氏、ベストを挟みつつ、前作からちょうど2年振りというブランクを空けて1984年5月21日にリリースされた4thアルバム、ヴィジター。オリコン2週連続1位を記録。2004年には20周年記念盤がリリースされ、別ミックス等のボートラ3曲(完全に洋楽のExtended Mix, Club Mix みたいな感じでソソル!)+PVやライヴ映像や当時のフォトグラフなどを収録したDVD付き。2014年には未発表曲やリミックスを更にドカンと収録+当時のライヴ映像DVD、ドキュメンタリー映像とファン涎物。自分もだいぶ気になってた作品、今こうして聴けることが幸せ!

1. コンプリケイション・シェイクダウン
2ndシングル。完全にヒップホップ的な歌唱、ラップ状態。格好良いのはサウンドも、ブラックミュージック、ファンクだったりアメリカでもだんだん取り入れ始められてたニュージャックスウィングみたいな感触を、違和感なく猛進していく、もう時代を作ってしまってる曲に驚異


2. トゥナイト
1stシングル、当時の佐野さんのポップさと、クールに飛ばしていく洗練されたサウンド、歌唱が秀逸。何を言ってるかわからない部分もあって、それが格好良いし、サザンとかとは異なる上質さなんだよなぁ


3. ワイルド・オン・ザ・ストリート
2ndシングルB面。早口多かったり、個人的にはWild Cherry, Archie Bell & the Drells あたりをブレンドされている感覚、新旧ソウルファンクを織り交ぜ、ホーンも快調に、コーラスも程よく、フックがとにかく格好良い
4. サンデー・モーニング・ブルー
3rdシングルB面。しっぽりバラード、USというよりも、UKっぽいサウンドに感じる。John Lennon 追悼、ニューヨークタイムス日曜版のニュースを回想する曲、ジョンの影響を感じつつ、佐野さんの溢れるヴォーカルのエモーションが個性的に響く
5. ヴィジターズ
3rdシングル、彼の名刺的にフィットするサウンド(約束の橋も浮かびました)、淡々と奏でていくラップ的な歌唱、とにかく先を征く素晴らしさ
6. シェイム -君を汚したのは誰
1stシングルB面、4曲目のメッセージ性と異なりつつも、ゆったりしたサウンドの中で、感情コントロールがうまい具合に映える曲、決意なんかも滲んで、こういうのを歌として伝える勇気が素敵だなぁと
7. カム・シャイニング
4thシングルB面、タイトル通り輝きつつも、だいぶハッピーなブラックミュージックって感じで、もうこの中でさえ弾けるラップ披露にて、凄技実感
8. ニュー・エイジ
4thシングル、初のベスト10入りとなるオリコン7位を記録(後発シングルでこの記録は凄いなぁと)。ラストは、アルバムを閉じるいい感じのデクレッシェンドなんだけど、勢いまんまに快調に、難解なヴォーカル、ラップと総決算にて

8曲・41分、驚きの全曲シングル・カット!Epic Sony 斬新!ゆえに佐野さんの独創が凄まじく。時代を切り拓くエナジー、更には日本人として感じる世界の疑問なんかを提唱していく、詞も音も手法も大胆見事。こりゃ病みつきに吸収しまくるファンいたことは容易に想像。個人的にも、まさかこんなに凄い作品だとは思わなかったです、感動よりも、なんかスゲーものに会ったなぁという感覚です。

<過去レビュー>
1997年 The Barn & The Hobo King Band

VISITORS
佐野元春
エピックレコードジャパン
1992-08-29

VISITORS 20th Anniversary Edition (初回限定盤)(DVD付)
佐野元春
ソニーミュージックエンタテインメント
2004-02-25

VISITORS
佐野元春
ソニー・ミュージックダイレクト
2013-02-20

VISITORS DELUXE EDITION(DVD付)
佐野元春
ソニー・ミュージックダイレクト
2014-10-29

DAOKO x 岡村靖幸 / ステップアップLOVE (2017)

51c+XlAzPyL81V5QnizSTL__SL1500_2017年"打上花火"で大ブレイクしたダオコと、我ら岡村ちゃんがタッグを組んだアニメソング、オリコン8位を記録。岡村ちゃん、キャリア30年で初のベスト10曲?ダオコが、岡村ちゃんの歌詞にめっちゃインスパイア、更にChara, 川本真琴を混ぜたような歌の質感を出してくるわけですよ。Mステに岡村ちゃん、この曲で初登場して、もう、奇抜なショーを魅せてくれて大満足。歌って、踊りを練習して正しく踊るのが全てじゃないので、彼のスタイルはもう完全に心にジュキューンでした!!

1. ステップアップLOVE
もう、完全に岡村節。タイトルも、詩も、全然衰えてないし、むしろ、50代になって、今なお20代の子と組んでダンス披露しちゃう感じだもん、特殊領域に突入でしょう。それでいて流行に足突っ込めるんだから、旧来ファンとしては、もうそれだけで悶絶です


2. 忘らんないよ
岡村ちゃんソロ、いままでにないくらい、ロードムービーのように緻密なバラード。深く突き刺さるようなラヴソング。哀愁だけじゃなく、声の繊細さ、ロックの層の厚さもあったり、彼の小さな歌の大きな叫びの絶妙な表現、ヤバイ!

2曲・9分、色々特典ついたり、ジャケ違ったり、フィジカル形式も異なったり、収録曲も異なったり、それでも許せちゃうのは、きっとマニアック度半端ない変態な盤にどれも見えるから。そ言えば、Daoko は"カルアミルク" カヴァーしたり、今になって岡村ちゃんファンになってるっしょ、これ。"チャームポイント"って曲も最新作にあったけど、これは同名異曲でしたー。

<過去レビュー>
1987年 yellow
1989年 靖幸
1990年 家庭教師
1995年 禁じられた生きがい
1995年 Peach X'mas
2003年 The Album 岡村と卓球
2004年 Me-imi
2004年 Symposium ~フレッシュボーイ TOUR 2003~
2005年 ビジネス
2005年 岡村ちゃん大百科 (Archives 1)
2005年 岡村ちゃん大百科 (Archives 2)
2007年 Me-imi (Platinum Edition)
2011年 エチケット(パープルジャケット)
2011年 エチケット(ピンクジャケット)
2013年 渡辺美里への岡村靖幸提供・参加、計23曲
2013年 ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987
2014年 ビバナミダ(スペース☆ダンディ盤)
2014年 愛はおしゃれじゃない w 小出祐介


ステップアップLOVE (通常盤B)
DAOKO
トイズファクトリー
2017-10-18


ステップアップLOVE (期間限定盤) [CD+DVD]
DAOKO
トイズファクトリー
2017-10-18

TMN / EXPO (1991)

expoTMNに改名してから2作目、TM NETWORK から通算するとオリジナルは4作連続オリコン1位を記録。個人的には、彼らがデジタルの世界観を常にリスナーに提起するグループという位置づけになってました。今回は更に宇宙旅行にも近い感覚というか、その一方で日本語タイトルも多く、彼らならではの両極を混ぜ込んできたような印象。この頃からは小室哲哉作詞という曲も目立つようになったのがポイント。さらに5・6・8・10・11曲目で東京ラヴストーリー脚本の坂元裕二が担当し、作詞の世界観にも注目。

1. EXPO
イメージは博覧会のパビリオンのようだけど、どうにも宇宙に迷い込んだようなイントロ的なフュージョン2分弱
2. We Love The Earth (Ooh, Ah, Ah, Mix)
先行シングルカップリング、アルバムヴァージョンにて収録。オリジナルよりも、なんか温かみがあって、どこか余裕たっぷりの全体感


3. Love Train
本作からは唯一のシングル、"Time To Countdown" 以来2曲目となるオリコン1位を記録。当時のヒットと直結するカメリアダイアモンドCM曲。分かりやすいポップな曲、当時は難しいデジタルよりもメロディライン優位だったのか、こういうカラオケでも歌いやすそうな曲、でも攻め方は随所TKクオリティがうまく混じってるし、ギターとかロック色も忘れじ


4. Just Like Paradise
このフレーズ、本当好きだったなぁ。洋楽的だし、オリエンタルにも感じるし、かなりクリティカルに、複雑なメロディライン、女性コーラスの外人っぷり、全体を通して格好良すぎる


5. Jean Was Lonely
この時すでにTKサウンドが出来上がってるなぁと。サルサとかも取り入れのて、おどけてるようにも。ウツのヴォーカルも洗練さが増してて、より無機質さが音と同化して面白い
6. Crazy For You
クレイジーというだけあって遊んでる、魅惑。伊集院光の声一杯にサンプリングしまくり。さらにシンガー ウツと、彼女扮する女性との電話の会話(きっと携帯電話をイメージ)を音に乗せるだけ。なのにオシャレ。当時のユーロダンスビートというか、彼らがデジタルから、完全進化のダンスアーティストへの革命を感じる。7分に亘って伊集院光とウツと女性の3人の声がこだまする、ライヴ終わりからエロまで直ぐの展開、ずっと伊集院笑ってる、絶対TK笑ってる(笑)、斬新すぎる。コーラスのWow Wow Wow- なんて、その後のtrf にも繋がってそうだし
7. 月の河 / I Hate Folk
アルバム後半スタート。アコースティックにて、意外過ぎるフォークサウンド、木根さん作詞。次いでハードロックテイスロの宇都宮隆作詞のメドレー形式に、アンバランスなのに、うまく2分半に詰め込める斬新
8. あの夏を忘れない
個人的に好きな曲、ポップなんだけど、夏の汗や太陽が似合わなそうなトリオだけど、それを涼しげに表現しきってるし、爽やかさが半端ない、でもクリエイティヴさも十分に。
9. 大地の物語
熱烈な男の青春が詰まってて、これはデジタル云々ではなく、独立した1曲として堪能したいストーリー感あふれるバラード
10. 月はピアノに誘われて
木根尚登ヴォーカル。悲しげに揺れる、不規則にも感じるようで、うまくアルバムにフィットするのが不思議。こういったメロディアス、ドラマティックなパーツに木根さんが本当ハマる、TMのお約束な感じもする
11. Tomorrow Made New
ロックテイスト強めにミディアム、まるでライヴのようにバンドとして楽しく盛り上がっていくような感じの曲。一部ウツのヴォーカルもあるけど、パートは少なめ
12. Think Of Earth
意外にもラストは小室哲哉の歌、しっとり締める中、このような終わり方がオーソライズされたのも不思議。TMぽくない、ただ、ここまで全員参加型でいろいろな趣向にトライしてて、TMNになって新たな方向に違和感なく挑戦しまくり

12曲・65分、すごく幻想的なんだけおd、メロディラインを大事にして、勢い任せではなく、テーマに沿って、独特の仕上がりになってるアルバム。シングルカットも少ない中きっちりアルバムアーティストのようにプロモートしてきたのは、すでに大物感。全体的には難解だけど、日本語の大事さなんかも痛感できるのは色々ルーツあってなんだろうなぁ。

<過去レビュー>
番外編 渡辺美里への小室哲哉提供・参加、計20曲
1988年 CAROL -A DAY IN A GIRL'S LIFE 1991-

EXPO
TMN
エピックレコードジャパン
1991-09-05

EXPO ARENA FINAL [DVD]
TMN
エピックレコードジャパン
2005-03-09

Visitor

    Search in this blog
    Categories
    Archives
    Website for Aretha's Fans
    アレサ・フランクリン・ファンサイト
    Profile

    YO-SUKE

    Every Day MOBILE!!
    QRコード無料作成

    Twitter
    Blog Ranking
    にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへにほんブログ村 音楽ブログ ブラックミュージックへにほんブログ村 音楽ブログへ
    是非、クリックにご協力ください!  
    Comment